トップページ  »   所属一覧  »   看護学科  »   齋藤 嘉宏 のプロフィール
齋藤 嘉宏サイトウ ヨシヒロ (SAITO YOSHIHIRO) 男性 1980年生まれ
所属看護学科
講師
写真
2021/09/16 更新

プロフィール

学歴
平成29年 3月 九州大学大学院医学系学府保健学専攻修士課程 修了
令和 2年 3月 国際医療福祉大学医療福祉学研究科保健医療学専攻博士課程 満了
職歴
平成20年 4月 九州大学病院 小児医療センター(小児外科)、精神科神経科 (平成29年 3月まで)
平成29年 4月 国際医療福祉大学福岡看護学部 助手 (平成30年 3月まで)
平成30年 4月 国際医療福祉大学福岡看護学部 助教 (令和 2年 3月まで)
令和 2年 4月 西九州大学看護学部 講師 (現在に至る)
専門分野
精神看護学
研究テーマ
在宅認知症者の家族支援
精神科看護師の支援

●認知行動療法(CBT:Cognitive Behavioral Therapy)
●元気回復行動プラン(WRAP:Wellness Recovery Action Plan)
共同研究
所属学会
日本認知療法・認知行動療法学会
日本精神保健看護学会
日本看護研究学会
日本看護科学学会
学会・社会活動
平成30年 4月 九州認知行動療法看護研究会 理事 (令和 3年 3月まで)
平成30年 7月 NPO法人 夢worth living 理事長 (令和 3年 3月まで)
平成30年12月 日本精神保健看護学会 第30回学術集会 事務局長 (令和 2年 9月まで)
令和元年 7月 厚生労働省認知行動療法研修事業 スーパーバイザー 認定 (現在に至る)
令和元年 8月 日本認知療法・認知行動療法学会 第19回学術集会 実行委員 (令和元年 8月まで)
令和元年 9月 日本精神保健看護学会 実践の質向上委員会 委員 (現在に至る)
学会賞等
研究者からの一言アピール
オフィスアワー
時間:金曜日 13:00 から 16:00
場所:2号館 4階 研究室

教育・研究業績一覧

著書・論文等
【著書】
看護者に期待されるものシリーズ③-時代の場枯れと看護の発展-
2021/04  共著 ふくろう出版 
 【(共著)齋藤嘉宏】田村美子ほか
【著書】
ストレングスにもとづく看護ケア Strengths-Based Nursing Care 第1巻 理論編
2020/05 翻訳 共著 看護の科学社 
 【(共著)齋藤嘉宏】白石裕子,田上博喜,吉永尚紀,齋藤嘉宏,谷多江子
【著書】
認知行動療法を用いた精神看護実習ガイド -基本から講義・実習,施設・地域をつなぐ-
2019/07  共著 看護の科学社 
 【概要】本書では、認知行動療法を用いた精神看護学実習の展開を、急性・慢性期から退院移行期の患者、さらには地域で生活する当事者の事例をもとに解説する。精神看護学の講義・演習、実習の内容を系統だてて解説しているため、看護学生が学ぶ看護理論と実践の般化に繋げることができる。臨床現場での関わり方、今後の精神医療についても言及しているため、看護学生だけでなく、現職の看護師や教育関係者にも問題提起ができる内容となっている。
 【序章、第3章】序章、第3章
 【齋藤嘉宏】齋藤嘉宏,吉永尚紀,白石裕子,石川博康,長浜美智子,田上博喜
【学術論文】
マインドフルネスがもたらす看護学生の学修環境への効果
2020/11  共著 インターナショナル  Nursing Care Research 
 【(筆頭)齋藤嘉宏】齋藤嘉宏,岩倉真由美,白石裕子
【学術論文】
Cognitive behavioral therapy for anxiety in dementia caregivers: A review of the foreign literature in English
2019/07  共著 看護科学研究  Vol.17(2)
Yoshihiro SAITO,Yuko SHIRAISHI,Naoki YOSHINAGA
【学術論文】
講義への集中力を高めるマインドフルネスの効果の検討
2019/05  共著 インターナショナル  Nursing Care Research  Vol.18(2)
齋藤嘉宏,岩倉真由美,白石裕子
【学術論文】
The Recovery of Self-Esteem in Convicts Through Cognitive Therapy Led by Nurses
2019/05  共著 インターナショナル  Nursing Care Research  Vol.18(1)
Seiji KITADA,Yoshihiro SAITO,Yuko SHIRAISHI,Naoki YOSHINAGA,Hiroko KUNIKATA
【学術論文】
在宅認知症者の介護者がうつ状態に至る要因における性差
2019/04  共著 日本看護研究学会誌  Vol.42(1)
齋藤嘉宏,鳩野洋子
【学術論文】
我が国におけるセルフ・コンパッションに関する文献検討-看護師のバーンアウト予防に関する有用性-
2018/11  共著 インターナショナル  Nursing Care Research  Vol.17(4)
齋藤嘉宏, 白石裕子
【学術論文】
電話を用いた認知行動療法が認知症介護者のストレス反応に与える影響
2018/05  共著 インターナショナル  Nursing Care Research  Vol.17(2)
齋藤嘉宏,白石裕子,吉永尚紀
【学術論文】
精神科看護師が統合失調症者の服薬アドヒアランス獲得に向けて日常的に行っている服薬支援
2017/05  共著 インターナショナル  Nursing Care Research  Vol.16(2)
pp.41-51
古野貴臣,藤野成美,藤原修一,齋藤嘉宏, 成清応任,住吉悟史,土井歌織,荒川祥子,宮崎恭輔,三池優起子
【学術論文】
在宅認知症高齢者の男性介護者がうつ状態に至るプロセスの検討【修士論文】
2017/03  単著 九州大学大学院医学系学府 
【学術論文】
統合失調症者の服薬意識向上に影響を与えた精神科看護師による日常的な服薬支援
2016/10  共著 インターナショナル  Nursing Care Research  Vol.15(3)
古野貴臣,藤野成美,藤原修一,齋藤嘉宏, 成清応任,住吉悟史,土井歌織,荒川祥子,宮崎恭輔,三池優起子
【その他】
セルフ・コンパッションによる精神面への効果 ~文献検討~
2020/08  - 第30回日本精神保健看護学会 
【その他】
強迫性障害への認知行動療法の効果 ~国内文献検討~
2020/08  - 第30回日本精神保健看護学会 
【その他】
病棟看護師による退院支援の課題に関する文献検討
2020/08  - 第30回日本精神保健看護学会 
【その他】
病院内での多職種とCBTを実践・連携するための工夫
2020/08  単著 認知療法研究 第13巻2号
【その他】
精神科に勤務する男性看護師の職業に対するキャリア意識、困難感、やりがいに関する研究
2020/08  - 第30回日本精神保健看護学会 
【その他】
「治療的看護理論と介入技法を用いたリカバリーワーク」:認知症家族介護者に対する認知行動療法
2020/08  - 第30回日本精神保健看護学会 
【その他】
精神看護学実習における看護学生の自己洞察と自己活用の内容の検討
2020/08  - 第30回日本精神保健看護学会 
【その他】
A大学看護学生が捉える精神看護学実習における認知行動療法を用いた介入
2020/08  - 第30回日本精神保健看護学会 
【その他】
The Effects of the Wellness Recovery Action Plan on the Mental Health of Nurses - A Comparison of Feelings of Hope and Self-Affirmation
2020/01  - East Asian Forum of Nursing Scholars(23rd:Chiang Mai, Thailand) 
【その他】
精神科看護と私 まとめ-これからの私
2019/12  単著 看護の科学社 Vol.44(12)
【その他】
認知行動療法理論を用いた 精神看護学実習の展開 ~講義から実習への体系化:地域支援に至るまで~
2019/11  - 第39回日本看護科学学会 
【その他】
精神科看護と私 精神医療への期待
2019/11  単著 看護の科学社 Vol.44(11)
【その他】
精神科看護と私 これからの精神医療の課題②-社会との繋がり
2019/10  単著 看護の科学社 Vol.44(10)
【その他】
精神科看護と私 これからの精神医療の課題① -看護師・看護学生
2019/09  単著 看護の科学社 Vol.44(9)
【その他】
精神科看護と私 地域支援者としての経験から -元気回復行動プラン(WRAP)
2019/08  単著 看護の科学社 Vol.44(8)
【その他】
在宅認知症者の家族介護者への支援体制の構築を目指して~認知行動療法~
2019/08  単著 北隆館  Vol.21(9)
【その他】
病院内での多職種とCBTを 実践・連携するための工夫(シンポジスト)
2019/08  - 日本認知療法・認知行動療法学会 第19回学術集会 
【その他】
Examination of the Effects of Cognitive-Behavioral Therapy Supervision Toward Psychiatric Visiting Nurses
2019/07  - World Congress of Behavioural & Cognitive Therapies (9th: Berlin, Germany)  
【その他】
The development and evaluation of a cognitive behavioral therapy program via telephone on the stress reaction of dementia caregivers
2019/07  - World Congress of Behavioural & Cognitive Therapies (9th: Berlin, Germany)  
【その他】
精神科看護と私 大学教員としての経験から②-認知行動療法
2019/07  単著 看護の科学社 Vol.44(7)
【その他】
精神科看護と私 大学教員としての経験から①-認知行動療法
2019/06  単著 看護の科学社 Vol.44(6)
【その他】
精神科看護と私 精神科臨床看護師としての経験から③ ~閉鎖病棟:隔離・拘束~
2019/05  単著 看護の科学者 Vol.44(5)
【その他】
外来で・病棟で活用できる認知行動療法
2019/05  共著 看護の科学社 Vol.44(5)
p58-63
【その他】
精神科臨床看護師としての経験から②-開放病棟
2019/04  単著 看護の科学社 Vol.44(4)
p50-52
【その他】
精神科看護と私 精神科臨床看護師としての経験から①-開放病棟
2019/03  単著 看護の科学社 Vol.44(3)
【その他】
精神科看護と私 私が体験した精神科病棟の現状
2019/02  単著 看護の科学社 Vol.44(2)
【その他】
精神科看護と私 はじめに-わが国の精神医療
2019/01  単著 看護の科学社 Vol.44(1)
【その他】
講義への集中力を高めるマインドフルネスの効果の検討
2018/08  - 第8回国際医療福祉大学学術集会 
【その他】
認知行動療法が在宅認知症高齢者の男性介護者のうつ状態に至るプロセスに与える影響についての検討
2018/08  - 第8回国際医療福祉大学学術集会 
【その他】
日本の精神科領域における Wellness Recovery Action Plan の有用性に関する文献検討
2018/06  - 第28回日本精神保健看護学会学術集会 
【その他】
認知症介護者の抑うつ状態に対する認知行動療法の有用性と方法論の検討
2018/06  - 第28回日本精神保健看護学会学術集会 
【その他】
精神科訪問看護師の認知行動療法を基盤とした研修プログラムの修正と再評価【第2報】
2017/12  - 第37回日本看護科学学会学術集会 
【その他】
精神科訪問看護師の認知行動療法を基盤とした研修プログラムの修正と再評価【第1報】
2017/12  - 第37回日本看護科学学会学術集会 
【その他】
認知行動療法が認知症高齢者の介護者に与える影響~電話介入による海外文献検討から~
2017/11  - 日本看護研究学会 第22回九州沖縄地方会学術集会 
【その他】
在宅認知症者の家族介護者のうつ状態に至る要因
2016/11  - 日本看護研究学会 第21九州沖縄地方会学術集会 
研究シーズ
【研究テーマ】 精神科訪問看護師を対象としたストレングス活用尺度とプログラムの開発(研究分担者)2021年~2024年 文部科学省科学研究費補助金基盤研究(B)
【研究分野】 精神看護学
【研究キーワード】 
【研究概要】 
【共同研究可能なテーマ】 
【研究テーマ】 看護師が実践するアルコール依存症に対する認知行動療法の有用性~認知症予防の視点から~(研究代表者)2020年~2021年 公益財団法人 三井住友海上福祉財団
【研究分野】 高齢者福祉部門
【研究キーワード】 アルコール依存症、認知症、認知行動療法
【研究概要】 
【共同研究可能なテーマ】 
【研究テーマ】 訪問看護師のメンタルヘルスに対するグループプログラムの効果および職場外サポートネットワークの構築に関する基礎的研究(研究分担者)2018年~2019年 公益財団法人在宅医療助成勇美記念財団
【研究分野】 精神看護学
【研究キーワード】 訪問看護師/WRAP
【研究概要】 
【共同研究可能なテーマ】 
【研究テーマ】 在宅認知症高齢者の家族介護者に対する認知行動療法プログラムの開発と検証(研究代表者)2018年~2021年 文部科学省科学研究費補助金若手研究
【研究分野】 精神看護学
【研究キーワード】 認知行動療法 / 認知症 / 家族介護者
【研究概要】 
【共同研究可能なテーマ】 
【研究テーマ】 精神科訪問看護師の認知行動療法実践を促進するスーパーバイズの効果に関する研究(研究分担者)2017年~2021年 文部科学省科学研究費補助金基盤研究(C)
【研究分野】 精神看護学
【研究キーワード】 精神科訪問看護師 / 認知行動療法 / スーパーバイズ / ストレングス / 精神科訪問看護
【研究概要】  
【共同研究可能なテーマ】 
特許・発明
教育活動・社会活動
令和 3年 6月
市民公開講座
テーマ「不安やストレスへの 向き合い方について考えよう」
(小城公民館「小城町大人塾」ゆめぷらっと小城)
令和元年11月
市民公開講座
テーマ「ストレスに負けない考え方や今・ココに焦点を当てる方法を学ぼう~認知再構成~」
(国際医療福祉大学福岡キャンパス)
令和元年 8月から 
放送大学看護師国試学習支援ツール
2019年度看護師国家試験解説(一部担当)
平成30年 7月から 
NPO法人 夢 worth living
「WRAP集中クラス」研修の実施
平成30年 4月から 平成31年 3月まで
臨床看護師への研究指導
研究では、研究計画書の書き方、倫理審査、アンケート調査、抄録、論文作成までの一連の指導を行った。
問い合わせ先
西九州大学グループ
※ 健康栄養学部・健康福祉学部・リハビリテーション学部に関しては
Tel. 0952-52-4191
※ 子ども学部・短期大学部に関しては
Tel. 0952-31-3001
※ 看護学部に関しては
Tel. 0952-37-0249