トップページ  »   所属一覧  »   看護学科  »   脇﨑 裕子 のプロフィール
脇﨑 裕子ワキザキ ユウコ (WAKIZAKI YUUKO) 女性 1969年生まれ
所属看護学科
講師
写真
2021/06/27 更新

プロフィール

学歴
平成22年 3月 福岡県立大学大学院 [看護学修士]
職歴
平成 3年 4月 九州大学医学部付属病院 脳神経外科/精神神経科 看護師 (平成12年 3月まで)
平成12年 4月 西南女学院大学保健福祉学部看護学科 精神看護学 助手 (平成20年 3月まで)
平成22年 4月 国際医療福祉大学福岡看護学部 精神看護学 講師 (平成24年 7月まで)
平成25年 5月 天草市立本渡看護専門学校 専任教員(参事) (令和 2年 3月まで)
令和 3年 4月 西九州大学 看護学部 看護学科 講師 (現在に至る)
専門分野
精神看護学
高齢者看護学
研究テーマ
急性期病院に入院する認知高齢者のシームレスな看護支援
精神疾患をもつ高齢者の看護
老いを生きる
共同研究
所属学会
日本看護協会  
日本精神科看護協会
日本看護教育学学会
日本精神保健学会
日本看護科学学会
日本看護学研究学会
日本看護福祉学会
学会・社会活動
平成12年 4月 フォーカス・チャ―ティング研究会(実行委員) (平成15年 3月まで)
平成13年 4月 BPRS(精神症状評価)研究会  (平成22年 3月まで)
平成14年 4月 第9回日本看護診断学会 福岡開催(実行委員) (平成15年 6月まで)
平成22年 4月 第36回日本精神科看護協会福岡大会(研究発表会査読および座長)  (平成23年 6月まで)
平成22年 4月 第12回日本赤十字学術集会 福岡開催(実行委員) (平成23年 6月まで)
平成22年 7月 日本精神科看護協会 実習指導者研修会・認定看護師研修会 (講師) (平成22年 8月まで)
平成22年11月 第15回日本看護研究学会九州・沖縄地方学術集会 (実行委員・研究発表座長) (平成22年11月まで)
平成23年10月 日本精神科看護協会 筑後地区研修会(研究発表会コメンテーター)  (平成23年10月まで)
平成24年 6月 日本精神保健看護学会学術集会第22回 熊本開催(実行委員) (平成24年 6月まで)
平成29年 4月 病院看護師 看護研究講義・指導(講師) (平成30年 3月まで)
平成29年 9月 日本精神科看護技術協会 熊本支部研修会(研究発表会コメンテーター)  (平成29年 9月まで)
令和 3年 4月 九州・沖縄高度実践看護師活動促進協議会(代議員) (現在に至る)
学会賞等
研究者からの一言アピール
オフィスアワー
時間:水曜日:8:50~12:00
場所:2号館 4階 研究室

教育・研究業績一覧

著書・論文等
【著書】
もっとつかえる・わかる・役に立つ臨床現場の困ったを解決する看護理論 (ベックの不安の認知理論 事例)
2018/10  共著 学研・月刊ナーシング 増刊 38(12),87-90
 【事例、認知理論解説】ベックの不安の認知理論「自責的思考から抑うつ、引きこもりを生じた教員志望の女子学生に対する認知行動的援助」の事例(87-90)
【学術論文】
Job-related syress in psychiatric nurses in japan caring for elderly patients with dementia (精神科認知症病棟における看護師の職業性ストレス評価)
2014/12  共著 Environmental Health and Preventive Medicine 19:436-443
【学術論文】
精神科訪問看護師が抱く精神科長期入院患者の退院促進および地域生活継続のための看護実践上の課題
2013/10  共著 国際医療福祉大学学会誌18(2)36-49 18(2)36-49
 【概要】精神科訪問看護師が抱く精神科長期入院患者の退院促進における看護実践上の課題と精神科長期入院患者を地域で支援する際に精神科訪問看護師が直面した課題が明らかになる。看護師が自分自身の価値観を優先するのではなく,患者個人がどのような人生を生きたいのか自分自身で選択し,決定していく姿勢を支持することの重要性が示唆している。 
【著者】福原百合 藤野成美 脇﨑裕子
【学術論文】
初年次教育における「基礎ゼミナールⅠ・Ⅱ」のあり方
2010/12  共著 国際医療福祉大学福岡リハビリテーション学部・福岡看護学部紀要 (6)49-59
【学術論文】
精神科病院に長期入院中である統合失調症患者が捉える老いの認識と自己の将来像
2010/06  共著 日本精神保健看護学会誌19(1)105-110 9(1)105-110
【学術論文】
精神科病院に長期入院中である統合失調症患者が捉える老いの認識と自己の将来像
2009/06  共著 日本精神保健看護学会誌 19(1)105-110
 【概要】長期入院生活で老いを実感した対象者が語った現実は,社会復帰は絶望的であるという心理的危機状況であったが、現状生活に折り合いをつけて、心的バランスを保っている心情が明らかとなった。退院の見通しがつかない現状であるが、その人がその人らしく生きていくために、少しでも自己実現のための欲求を満たすことができるよう支援する必要がある。
【学術論文】
精神障害を有する長期入院高齢者の老いに関する研究 (語りのなかのラベリング) 
2009/05  共著 第34回日本精神科看護学会大分大会学会誌(助成論文) 14-23
【その他】
ベンゾジアゼピン系睡眠薬服用中の認知症患者に対する看護実践の明確化
2021/06 学会発表(示説) - 日本精神保健看護学会 第31回学術集会  
【発表者】岩本祐一,藤野成美,古野貴臣,藤本裕二,脇﨑裕子,鎌田ゆき,村田愛
【その他】
急性期病院に入院した身体合併症をもつ認知症高齢者の退院後の課題 多部署看護師へインタビュー調査
2020/12 学会発表(示説) - 第40回日本看護科学学会学術集会(Web開催) 
【発表者】脇崎裕子,藤野成美,鎌田ゆき,古野貴巨,藤本裕二
【その他】
急性期病院に入院する認知症患者の退院に向けた同一施設内看護師間の情報共有の内容
2020/10 学会発表(示説) - 一般社団法人日本看護研究学会 第46回学術集会(Web開催) 
【発表者】鎌田ゆき,藤野成美,脇崎裕子,古野貴巨,藤本裕二
【その他】
行動・心理症状(BPSD)を有する認知症高齢者に対する訪問看護実践評価尺度の開発(第1報)
2018/12 学会発表(示説) - 第38回日本看護科学学会学術集会 15-16
【発表者】古野貴臣, 藤野成美, 藤本裕二, 白井ひろ子, 岩本祐一, 脇崎裕子, 土井歌織, 山口扶弥
【その他】
時代を映したカリキュラム勉強会の取り組み:キャリアの違いがあるなかでの勉強会
2018/07 雑誌 共著 看護展望 43(7),0672-0675
 【概要】看護基礎教育2022年の新カリキュラムに先立ち、大学教育、専門学校教育などキャリアの違いがあるなかで、時代を映したカリキュラム勉強会の取り組みについての報告する。
【著者】長元香利,野中公子,川田由美,脇崎裕子,他
【その他】
Anxieties Experienced by Nurses while Supervising the Clinical Training of Nursing College Students for the First Time in a Psychiatric Hospital. (日本の精神科病院における看護大学生の臨地実習指導者の役割)
2017/03 学会発表(示説) - Asian American Pacific Islander Nurses  Association 14th (AAPINA) 
【その他】
単科精神科病院において初めて臨地実習指導を担当する看護師が抱く不安
2015/05 学会発表(示説) - 第35回日本看護科学学会学術集会 
【その他】
Factors Affecting the  Meaning of life of schizophrenics admitted in a Psychiatric Hospital (65歳以上高齢者を対象とした精神病院で長期入院生活送る統合失調症患者の人生の意味についての要因分析) for a long term Stay-Focusing on the elderly age over65 years
2014/09 学会発表(示説) - The Asia-Pacific Nursing Research Conference 
【その他】
初年次教育に協同学習を用いた授業の効果と課題(効果的な予習を活用した授業つくり)
2014/08 学会発表(示説) - 日本看護学教育学会第24回学術集会 
【その他】
これでわかる疾患と看護 看護の展開,統合失調症患者の看護 
2014/03 雑誌 - 雑誌 看護学生 メヂカルフレンド社 23-26
【その他】
精神看護学臨地実習における実習指導能力育成プログラム開発に向けての基礎的研究
2012/09 学会発表(示説) - 第2回国際医療福祉大学学会学術大会(国際医療福祉大学学内研究助成) 
【その他】
Factors infuruencing the meaning of life in the long-term inpatients for schizophrenia(長期入院生活を送る統合失調症患者の生きる意味についての研究)  
2012/06 学会発表(示説) - The 2st Global Congress for Qualitative Health Research 
【その他】
Experience and Wishes to Support Living of Elderly Schizophrenia Patients during Long-Term Hospitalization (長期入院生活を送る統合失調症患者の老いを生きることへの支えとなる体験や想い)(学位論文)
2011/06 学会発表(示説) - The 2st Global Congress for Qualitative Health Research Ewha Womans University,Seoul, Korea 
【その他】
これでわかる看護の展開 統合失調症患者の看護 
2011/03 雑誌 - 雑誌 看護学生 メヂカルフレンド社 31-36
【その他】
精神科長期入院高齢者の老いを生きる意味に影響を与える因子
2010/06 学会発表(口演) - 第20回日本精神保健看護学会 
【その他】
精神障害者との効果的なコミュニケーションのために関わりの基本と簡易精神症状評価尺度の活用 
2003/07 雑誌 - 雑誌 訪問看護と介護 9(9)661-677 
【その他】
ヴァージニア・ヘンダーソンの看護モデルに基づくアセスメント・ツールの開発(精神科臨床での有効性と評価)
2001/05 学会発表(口演) - 日本精神科看護技術協会福岡支部地方会 
研究シーズ
【研究テーマ】 文部科学省科学研究費(2019年~2022年) 急性期病院における認知症者の地域生活継続を支援する看護連携ガイドライン開発と検証
【研究分野】 高齢者看護学・地域看護学
【研究キーワード】 身体合併症・認知症高齢者・看護連携・シームレス・ガイドライン
【研究概要】 本研究の目的は、身体合併症治療目的により急性期病院に入院した認知症者の地域生活継続を目指し、外来?病棟?退院調整?訪問看護の各時期に関わる看護師が途切れのない(シームレス)看護師間の連携(看護連携)により「行動・心理症状(BPSD)や身体合併症への適切な対応」を図るための情報共有、アセスメント、看護活動及び評価の可視化が可能となる看護連携ガイドラインを開発することである。
【共同研究可能なテーマ】 
特許・発明
教育活動・社会活動
令和 3年 6月
進路ガイダンスでの看護学講座(高校)110分×2回
①コミュニケーションスキルを磨こう
②自分を知ろう(ジョハリの窓)看護職としての相互理解(自分を知る、相手を知る)
*看護学講座を初学者向けに考案し、講義と演習を看護学に興味関心のある20名の高校生に行う。
平成27年 4月から 平成31年 3月まで
メディックメディア
メディカコンクール 第105~~第109回看護師国家試験対策テスト 問題作成および解説
平成26年 2月から 平成27年 3月まで
インターネット公開 国家試験対策(メディカ出版)

・第103回看護師国家試験の(精神看護学分野5問)問題・解説
・第103回看護師国家試験(追加試験)の(精神看護学分野3問)問題・解説
・第104回看護師国家試験の(精神看護学分野3問)問題・解説

平成23年 8月
海外研修(英国)
St,pancras hp.Beatrice place.Nursinng&Midwifery Council(NMC)英国の精神医療について研修および専門職へのインタビュー調査により日本の精神医療の遅れを再確認した。
看護師は、独立してうつ病専門の施設を開設したり、地域で精神医療を行っており、入院施設も少なく、入院期間も短期間である。多職種の連携システムが整っている。
平成23年 4月から 平成24年 3月まで
居住支援サポート事業連絡会議(福岡市)オブザーバー:連絡会議を通して、相談支援者が実践している支援方法とその課題について明確にし、地域で生活する精神障害者の居住支援利用ニーズを踏まえ、そのニーズを満たすための支援策を検討する。 課題を解決する支援策を含む、居住支援プログラムの作成を検討する。
オブザーバー参加について
居住サポート事業連絡会議の目的
1.相談支援者が実践している支援方法とその課題について明確にする。2.地域で生活する精神障害者の居住支援利用ニーズを踏まえ、そのニーズを満たすための支援策を検討する。3.課題を解決する支援策を盛り込んだ居住支援プログラムを作成する。
平成23年 4月から 平成24年 3月まで
ケアリング・アイランド九州沖縄大学コンソーシアム 第100回看護師国家試験の解説・発展学習
インターネット公開 国家試験対策
問い合わせ先
西九州大学グループ
※ 健康栄養学部・健康福祉学部・リハビリテーション学部に関しては
Tel. 0952-52-4191
※ 子ども学部・短期大学部に関しては
Tel. 0952-31-3001
※ 看護学部に関しては
Tel. 0952-37-0249