トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

栄養教育論Ⅱ

科目名 栄養教育論Ⅱ
ナンバリング HN_G2_03
担当者 堀田 徳子
開設学科
専攻・コース
健康栄養学科
分類 専門教育科目 学科専門科目
関連する
資格・免許
管理栄養士国家試験受験資格
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
神埼 3年 後期 2単位 選択必修
授業の概要
及びねらい
これまでのガイダンス中心の指導では、本人の気づきや自己決定、やる気を引き出すアプローチに欠けている。そのアプローチ方法である行動科学、カウンセリング技法の知識について教授し、症例への適応について検討することが本講義のねらいである。
授業の
到達目標
1)行動科学の理論やモデルについて理解し、概説できる

2)行動変容技法について概説できる

3)行動変容技法の具体例を説明できる

4)カウンセリングを行う際の倫理、環境について概説できる

5)カウンセリング技法について概説できる
学習方法 講義、ロールプレイによる行動科学理論、カウンセリング技法の体験学習
テキスト及び
参考書籍
栄養カウンセリング論:小松啓子(講談社サイエンティフィク)
栄養教育論:丸山千寿子(南江堂)
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率                         20 20     30   20     10     100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験  
小テスト等 90
宿題・授業外レポート  
授業態度 5
受講者の発表  
授業の参加度 5
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) 栄養教育の必要性について考える
授業 オリエンテーション(行動技法、カウンセリングの必要性について)
事後学習(復習) 当日学んだ要点を整理する
第2週 事前学習(予習) 学習の成り立ちについてテキストを読んでおく
授業 行動科学の理論(学習の成り立ち:レスポンデント学習、オペラント学習、行動技法)
事後学習(復習) 当日学んだ要点を整理する
第3週 事前学習(予習) 先週の要点を言える
授業 行動科学の基礎理論(健康信念モデル)
事後学習(復習) 当日学んだ要点を整理する
第4週 事前学習(予習) 先週の要点を言える
授業 行動科学の基礎理論(行動変容段階モデル)
事後学習(復習) 当日学んだ要点を整理する
第5週 事前学習(予習) 先週の要点を言える
授業 行動科学の基礎理論(自己効力感)
事後学習(復習) 当日学んだ要点を整理する
第6週 事前学習(予習) 先週の要点を言える
授業 行動科学の基礎理論(計画的行動理論、ストレスコーピング)
事後学習(復習) 当日学んだ要点を整理する
第7週 事前学習(予習) 先週の要点を言える
授業 行動科学の基礎理論(ソーシャルサポート、コントロール所在、PPモデル)
事後学習(復習) 当日学んだ要点を整理する
第8週 事前学習(予習) 先週の要点を言える
授業 行動科学のまとめ(ソーシャルマーケティング、生態学的モデル)
事後学習(復習) 当日学んだ要点を整理する
第9週 事前学習(予習) 先週の要点を言える
授業 栄養カウンセリングの基礎知識(倫理、環境、3つのコミュニケーション)
事後学習(復習) 当日学んだ要点を整理する
第10週 事前学習(予習) 先週の要点を言える
授業 カウンセリング技法(観察、言語的表現、非言語的表現、傾聴)
事後学習(復習) 当日学んだ要点を整理する
第11週 事前学習(予習) 先週の要点を言える
授業 カウンセリング技法(共感、受容、自己一致)
事後学習(復習) 当日学んだ要点を整理する
第12週 事前学習(予習) 先週の要点を言える
授業 カウンセリング技法(開かれた質問、閉ざされた質問、効果的沈黙)
事後学習(復習) 当日学んだ要点を整理する
第13週 事前学習(予習) 先週の要点を言える
授業 カウンセリング技法(繰り返し技法、要約)
事後学習(復習) 当日学んだ要点を整理する
第14週 事前学習(予習) 先週の要点を言える
授業 カウンセリング技法のまとめ、コーチング、アサーション
事後学習(復習) 当日学んだ要点を整理する
第15週 事前学習(予習) 各週のまとめをしておくこと
授業 まとめ(各到達目標のまとめ、小テスト)
事後学習(復習) 小テストの振り返りをし、理解できていなかったところを再度まとめる
備考 技法を体験できるように真剣に取り組むこと。事前学習として行動科学・カウンセリング技法について調べ学習をすること。事後学習として、行動科学の症例をもう一度解きなおすこと。