トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

臨地実習Ⅲ(公衆栄養)

科目名 臨地実習Ⅲ(公衆栄養)
ナンバリング HN_K3_05
担当者 堀田 徳子
船元 智子
溝上 美代子
開設学科
専攻・コース
健康栄養学科
分類 専門教育科目 学科専門科目
関連する
資格・免許
管理栄養士国家試験受験資格
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
神埼 4年 前期 1単位 選択必修
授業の概要
及びねらい
この授業は学外において行う実習である。保健所、市町村等における、管理栄養士としての公衆栄養活動の具体的展開、他職種・関係団体・地域住民組織等との連携・協働、公衆栄養マネジメントに関する一連の実践活動を体験することを目的とする。本科目は地域志向科目となります。
授業の
到達目標
1)具体的な目標を持って実習に取り組むことができる。
2)保健所、保健センターの役割・業務の概要を学ぶ。
3)地域の健康・栄養に関する実態把握や評価のための各種統計データの読み取ることができる。。
4)地域住民の健康・福祉・食育等に係る業務内容とその中での管理栄養士の役割を知る。
5)他職種、関係団体、地域住民組織との連携・協働による事業展開を学ぶ。。
6)地域住民を対象とした健康教育・相談に活用する効果的な指導教材を提案し実習現場で活用できる。
7)実習で体験した管理栄養士の職務について整理し報告することができる。
学習方法 学外実習
テキスト及び
参考書籍
実習ノート、配布資料、栄養調理六法、栄養士・管理栄養士必携、栄養教育論・公衆栄養学など関連分野のテキスト
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率                         10 10 10 10 10   10 10   10 10 10 100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験  
小テスト等  
宿題・授業外レポート 20
授業態度 80
受講者の発表  
授業の参加度  
その他                  
実習先からの評価、実習ノート記録内容等から総合的に評価する。 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) 【実習前に行うこと】
授業 ・オリエンテーション
事後学習(復習) ・事前学習
第2週 事前学習(予習) ・実習課題検討
授業 ・実習先訪問・挨拶、集中講義
事後学習(復習) ・学外講師による講話「臨地実習Ⅲの心構え」
第3週 事前学習(予習)
授業 【実習期間に行うこと】(主な実習内容)
事後学習(復習) ・地域の健康、栄養状況の把握
第4週 事前学習(予習) ・ライフステージや専門性に対応した健康教育、健康相談の実際
授業 ・地区組織の育成・活用、その他関係機関 ・団体との連携状況について
事後学習(復習) ・特定給食施設への指導
第5週 事前学習(予習) ・食環境整備について
授業 ・健康危機管理について
事後学習(復習)
第6週 事前学習(予習)
授業
事後学習(復習) 【実習後に行うこと】
第7週 事前学習(予習) ・実習報告 
授業 ・実習ノート、実習報告書の提出 
事後学習(復習) ・実習報告会(反省会)
備考 保健所または市町村保健センターでの学外実習(45時間以上)をもって1単位とする。
臨地実習Ⅲは、次の基準を満たしていなければ履修できません。
①GPA値が1.7以上、かつ3年後期終了までに開講される科目の修得単位数が90単位以上であること。
②公衆栄養学Ⅰ、公衆栄養学Ⅱを履修し、栄養総合演習Ⅰを修得(合格)していること。