トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

臨床栄養管理学

科目名 臨床栄養管理学
ナンバリング HN_H2_06
担当者 久野 一恵
開設学科
専攻・コース
健康栄養学科
分類 専門教育科目 学科専門科目
関連する
資格・免許
管理栄養士国家試験受験資格
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
神埼 4年 前期 2単位 選択必修
授業の概要
及びねらい
これまでに学習した臨床栄養管理に関する知識を統合し、実際の医療現場で使えるようになるのが本授業の目的である。他職種との連携ができるように、他者の意見を踏まえた自分の考えを根拠をもって説明できるようになることを目指している。
授業の
到達目標
1.臨床栄養学に関する新しい情報が入手できる。
2.臨床検査データ、既往歴、現病歴、症状などから、患者の栄養状態を判断することができる。
3.栄養状態の判断に基づいた栄養ケアを考えることができる。
4.他人の考えを自分の考えと比較することで理解し、その相違点を説明することができる。
5.多くの情報を総合的に考えて、目の前の患者にふさわしい栄養ケアの提案をすることができる。
学習方法 講義、演習、グループ討議
テキスト及び
参考書籍
参考図書:中村富予他著、臨床栄養学実習~フローチャートで学ぶ臨床栄養管理~(建帛社)新しい臨床栄養学、後藤昌義/瀧下修一著(南江堂)、臨床調理、玉川和子、口羽章子、木地章子著(医歯薬出版)ほか
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率                             10   70         10 10   100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 90
小テスト等  
宿題・授業外レポート  
授業態度  
受講者の発表  
授業の参加度 10
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) 必要な参考書を確認する
授業 授業の進め方の説明。
事後学習(復習) 課題に取り組む
第2週 事前学習(予習) 課題について自分の意見をまとめる。
授業 肝炎患者の栄養管理を考える。
事後学習(復習) 課題に取り組む
第3週 事前学習(予習) 課題について自分の意見をまとめる。
授業 動脈硬化の症例を例に
事後学習(復習) 課題に取り組む
第4週 事前学習(予習) 課題について自分の意見をまとめる。
授業 2型糖尿病
事後学習(復習) 課題に取り組む
第5週 事前学習(予習) 課題について自分の意見をまとめる。
授業 非代償性肝硬変
事後学習(復習) 課題に取り組む
第6週 事前学習(予習) 課題について自分の意見をまとめる。
授業 慢性肝不全
事後学習(復習) 課題に取り組む
第7週 事前学習(予習) 課題について自分の意見をまとめる。
授業 嚥下障害
事後学習(復習) 課題に取り組む
第8週 事前学習(予習) 課題について自分の意見をまとめる。
授業 褥瘡
事後学習(復習) 課題に取り組む
第9週 事前学習(予習) 課題について自分の意見をまとめる。
授業 クローン病
事後学習(復習) 課題に取り組む
第10週 事前学習(予習) 課題について自分の意見をまとめる。
授業 慢性閉塞性肺疾患
事後学習(復習) 課題に取り組む
第11週 事前学習(予習) 課題について自分の意見をまとめる。
授業 直腸癌
事後学習(復習) 課題に取り組む
第12週 事前学習(予習) 課題について自分の意見をまとめる。
授業 肺がん
事後学習(復習) 課題に取り組む
第13週 事前学習(予習) 課題について自分の意見をまとめる。
授業 熱傷
事後学習(復習) 課題に取り組む
第14週 事前学習(予習) 課題について自分の意見をまとめる。
授業 トピック症例(1)
事後学習(復習) 課題に取り組む
第15週 事前学習(予習) 課題について自分の意見をまとめる。
授業 トピック症例(2)
事後学習(復習) 半期の授業を振り返る。
第16週 事前学習(予習) 試験勉強
授業 定期試験
事後学習(復習) 試験でできなかったことを調べる
備考 この授業の目的は、管理栄養士として実際に働く上で必要な技能を身につける科目ですので、主体的に取り組むことを期待します。
予習と復習に多くの時間を必要とします。
進行の順序が変わることがあります。