トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

脳と認知科学

科目名 脳と認知科学
ナンバリング CE_C1_01
担当者 小浦 誠吾
長谷川 隆史
森内 剛史
開設学科
専攻・コース
リハビリテーション学科 理学療法学専攻
リハビリテーション学科 作業療法学専攻
子ども学科
健康栄養学科
社会福祉学科
スポーツ健康福祉学科
心理カウンセリング学科
分類 共通教育科目 教養教育科目
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
神埼 1年 後期 2単位 選択必修(子ども学科・健康栄養学科・社会福祉学科・スポーツ健康福祉学科・心理カウンセリング学科)
選択(リハビリテーション学科 理学療法学専攻・リハビリテーション学科 作業療法学専攻)
授業の概要
及びねらい
脳の認知バイアスが生活や恋愛などの人間関係におよぼす影響を考察し、認知症予防としての脳科学の考え方を修得する。現在まで脳科学が辿ってきた歴史を概観するところから始め、最新の知見を紹介する。脳の可塑性研究に関しては豊富なサルの研究を基に、認知とは何かを考える.
授業の
到達目標
1)生活および恋愛脳について理解する
2)認知症の基礎と脳の可塑性について理解する
3)知覚と運動の一体性について理解する
4)自己と他者との関係を考える
5)脳の高次機能を理解する
6)頭頂連合野について理解し、運動学習について理解する
7)運動イメージと行為の関わりについて考える
8)脳の認知バイアスについて考察する
9)認知症予防としての脳科学の考え方を理解する
学習方法 講義
テキスト及び
参考書籍
配布資料
【リハビリテーション学科】
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率 10     10 10 10 10 20 20 10                             100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 50
小テスト等  
宿題・授業外レポート 40
授業態度 5
受講者の発表  
授業の参加度 5
その他                  
 
合計 100
【子ども学科】
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率 10     10 10 10 10 20 20 10                             100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 50
小テスト等  
宿題・授業外レポート 40
授業態度 5
受講者の発表  
授業の参加度 5
その他                  
 
合計 100
【健康栄養学科】
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率 10     10 10 10 10 20 20 10                             100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 50
小テスト等  
宿題・授業外レポート 40
授業態度 5
受講者の発表  
授業の参加度 5
その他                  
 
合計 100
【社会福祉学科】
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率 10     10 10 10 20 20 10 10                             100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 50
小テスト等  
宿題・授業外レポート 40
授業態度 5
受講者の発表  
授業の参加度 5
その他                  
 
合計 100
【スポーツ健康福祉学科】
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率 10     10 10 10 20 20 10 10                             100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 50
小テスト等  
宿題・授業外レポート 40
授業態度 5
受講者の発表  
授業の参加度 5
その他                  
 
合計 100
【心理カウンセリング学科】
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率 10     10 10 10 20 20 10 10                             100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 50
小テスト等  
宿題・授業外レポート 40
授業態度 5
受講者の発表  
授業の参加度 5
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) 生活の中の脳の役割を想定しておく
授業 生活および恋愛脳について理解する
事後学習(復習) 資料とノートにて理解を深める
第2週 事前学習(予習) 認知症と脳の可塑性について事前学習
授業 認知症と脳の可塑性
事後学習(復習) 資料とノートにて理解を深める
第3週 事前学習(予習) 認知症と感覚情報処理について事前学習
授業 認知症と感覚情報処理機構
事後学習(復習) 資料とノートにて理解を深める
第4週 事前学習(予習) 認知について図書資料から調べる
授業 認知とは何か
事後学習(復習) 資料とノートにて理解を深める
第5週 事前学習(予習) 注意について図書資料から調べる
授業 注意とは何か
事後学習(復習) 資料とノートにて理解を深める
第6週 事前学習(予習) 運動学習について事前学習
授業 運動学習
事後学習(復習) 資料とノートにて理解を深める
第7週 事前学習(予習) 運動イメージについて事前学習
授業 運動イメージ
事後学習(復習) 資料とノートにて理解を深める
第8週 事前学習(予習) 記憶について事前学習
授業 記憶とは何か
事後学習(復習) 資料とノートにて理解を深める
第9週 事前学習(予習) 言語について事前学習
授業 言語とは何か
事後学習(復習) 資料とノートにて理解を深める
第10週 事前学習(予習) 脳内ネットワークについて事前学習
授業 脳内ネットワーク
事後学習(復習) 資料とノートにて理解を深める
第11週 事前学習(予習) 視知覚機能について事前学習
授業 視知覚機能について
事後学習(復習) 資料とノートにて理解を深める
第12週 事前学習(予習) 神経リハビリテーションについて事前学習
授業 最近の神経リハビリテーションの知見とまとめ
事後学習(復習) 資料とノートにて理解を深める
第13週 事前学習(予習) 前頭葉機能について事前学習
授業 遂行機能または情動についてまとめる
事後学習(復習) 資料とノートにて理解を深める
第14週 事前学習(予習) 認知科学について事前学習
授業 認知科学からみた臨床
事後学習(復習) 資料とノートにて理解を深める
第15週 事前学習(予習) 各自これまでの授業内容をまとめる
授業 認知科学からみた臨床のまとめ
事後学習(復習)
備考 3人の講師のオムニバスのためシラバスの予定の順番が変更になることがある.