トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

現代社会と福祉Ⅰ

科目名 現代社会と福祉Ⅰ
ナンバリング SH_K1_03
担当者 古川 孝順
開設学科
専攻・コース
スポーツ健康福祉学科
分類 専門教育科目 学科基幹科目及び学科専門科目
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
神埼 1年 前期 2単位 必修
授業の概要
及びねらい
 現代社会に生きる人びとはさまざまの要因によって様々の生活上の問題(生活問題)をかかえており、それらに対処するため福祉施策が展開されている。ここでは、そのような福祉政策の意義、歴史的形成の過程、体系などについて理解を深めることを目標とする。
授業の
到達目標
① 現代社会の特徴について理解することが可能になる。
② 福祉施策の動向を現代社会の変化と結びつけて理解することが可能になる。
学習方法 講義を中心に進める。
テキスト及び
参考書籍
テキスト:社会福祉士養成講座編集委員会『現代社会と福祉』(中央法規)
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率 3 3 4 3 3 4 3 3 4 3 3 4 5 5 5 5 5 5 5 5 5 5 5 5 100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 40
小テスト等 10
宿題・授業外レポート 20
授業態度 10
受講者の発表  
授業の参加度 20
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) シラバス、テキストなどを読み、授業のイメージを作って下さい。
授業 導入:視点と枠組み
事後学習(復習) 授業の内容を振り返って下さい。
第2週 事前学習(予習) 前回の授業を振り返っておいて下さい。
授業 社会の変化と福祉① 共同体から都市へ
事後学習(復習) 授業を振り返って下さい。
第3週 事前学習(予習) 前回の授業を振り返っておいて下さい。
授業 社会の変化と福祉② 少子化/高齢化/定常化
事後学習(復習) 授業を振り返って下さい。
第4週 事前学習(予習) 前回の授業を振り返っておいて下さい。
授業 社会福祉と福祉政策① 社会福祉の概念
事後学習(復習) 授業を振り返って下さい。
第5週 事前学習(予習) 前回の授業を振り返っておいて下さい。
授業 社会福祉と福祉政策② 社会福祉概念の拡大と限定
事後学習(復習) 授業を振り返って下さい。
第6週 事前学習(予習) 前回の授業を振り返っておいて下さい。
授業 福祉の思想① 自己責任主義/選別主義/社会的責任主義
事後学習(復習) 授業を振り返って下さい。
第7週 事前学習(予習) 前回の授業を振り返っておいて下さい。
授業 福祉の思想② 普遍主義/ノーマライゼーション/自己決定/利用支援
事後学習(復習) 授業を振り返って下さい。
第8週 事前学習(予習) 前回の授業を振り返っておいて下さい。
授業 社会政策と福祉政策① 社会政策=生活支援施策
事後学習(復習) 授業を振り返って下さい。
第9週 事前学習(予習) 前回の授業を振り返っておいて下さい。
授業 社会政策と福祉政策② 社会政策と社会福祉との関係
事後学習(復習) 授業を振り返って下さい。
第10週 事前学習(予習) 前回の授業を振り返っておいて下さい。
授業 福祉政策の発展過程① 救貧法の時代
事後学習(復習) 授業を振り返って下さい。
第11週 事前学習(予習) 前回の授業を振り返っておいて下さい。
授業 福祉政策の発展過程② 福祉国家
事後学習(復習) 授業を振り返って下さい。
第12週 事前学習(予習) 前回の授業を振り返っておいてください。
授業 福祉政策の発展過程③ 慈善事業と社会事業
事後学習(復習) 授業を振り返って下さい。
第13週 事前学習(予習) 前回の授業を振り返っておいて下さい。
授業 少子高齢化時代の福祉政策① 基礎構造改革
事後学習(復習) 授業を振り返って下さい。
第14週 事前学習(予習) 前回の授業を振り返っておいて下さい。
授業 少子高齢化時代の福祉政策② 福祉国家の再編成
事後学習(復習) 授業を振り返って下さい。
第15週 事前学習(予習) これまでの授業を振り返っておいて下さい。
授業 とりまとめ
事後学習(復習) 授業全体を振り返り、まとめを行って下さい。
備考 ※一週間の中で、次のとおり事前・事後学習の時間(自習時間)を確保すること。
 講義1単位につき2時間、演習1単位につき1時間。
※課題(試験やレポート等)に対するフィードバックを行います。