トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

運動方法学演習11(アダプテッド・スポーツ)

科目名 運動方法学演習11(アダプテッド・スポーツ)
ナンバリング SH_F2_12
担当者 山田 力也
開設学科
専攻・コース
スポーツ健康福祉学科
分類 専門教育科目 学科基幹科目及び学科専門科目
関連する
資格・免許
障害者スポーツ指導者(中級)資格
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
神埼 3年 後期 1単位 選択必修
授業の概要
及びねらい
 「アダプテッド・スポーツ論」で学習した内容を基に、年齢や障害の有無に捉われない、様々な人びとを対象とした運動・スポーツ場面における支援の方法と技術を習得し、実践できるように教授する。
授業の
到達目標
 具体的には、まず障害者スポーツを数種目体験してもらい、ルールや道具の実際とともに、障害競技者の支援方法について解説する。次いで、受講者の自由な対象と目的設定のもと、運動・スポーツプログラムを作成してもらい、その実施・評価を行うことを通じて、現場で活躍し得る能力を養うことを目的とし、下記を授業の到達目標とする。
1)全国障害者スポーツ大会競技の指導法と競技規則を理解し実践できる。
2)障害者スポーツを行うにあたり必要な補装具の種類とその構造を知り、その取り扱いについて理解する。
3)対象に応じた、アダプテッド・スポーツプログラムを立案し実践・評価できる。
学習方法 実技 グループによる発表を中心に進める
テキスト及び
参考書籍
「障がい者スポーツ指導教本(初級・中級)」(公益財団法人)日本障がい者スポーツ協会編
その他、適宜資料を配布する。
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率                           5       5 20 20 10 10 20 10 100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験  
小テスト等  
宿題・授業外レポート  
授業態度 20
受講者の発表 60
授業の参加度 20
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) フライングディスク(アキュラシー)の競技規則を調べておく
授業 オリエンテーション / フライングディスク(1)
事後学習(復習) ルールと支援技術の再確認
第2週 事前学習(予習) フライングディスク(ディスタンス)の競技規則を調べておく
授業 フライングディスク(2)
事後学習(復習) ルールと支援技術の再確認
第3週 事前学習(予習) 陸上(スラローム)の競技規則を調べておく
授業 陸上(1)スラローム
事後学習(復習) ルールと支援技術の再確認
第4週 事前学習(予習) 陸上(投てき、伴走)の競技規則を調べておく
授業 陸上(2)投てき、伴走
事後学習(復習) ルールと支援技術の再確認
第5週 事前学習(予習) 車椅子バスケットボールの競技規則を調べておく
授業 車椅子バスケットボール(1)
事後学習(復習) ルールと支援技術の再確認
第6週 事前学習(予習) 補装具の種類について調べておく
授業 車いすバスケットボール(2) / 補装具の理解(1)
事後学習(復習) ルールと支援技術の再確認
第7週 事前学習(予習) 配布された資料を精読する
授業 補装具の理解(2)
事後学習(復習) 講義で配布された資料やノートの振り返り
第8週 事前学習(予習) 車いすテニスの競技規則を調べておく
授業 車いすテニス
事後学習(復習) ルールと支援技術の再確認
第9週 事前学習(予習) 卓球、サウンドテーブルテニスの競技規則を調べておく
授業 卓球、サウンドテーブルテニス
事後学習(復習) ルールと支援技術の再確認
第10週 事前学習(予習) 卓球バレーの競技規則を調べておく
授業 卓球バレー
事後学習(復習) ルールと支援技術の再確認
第11週 事前学習(予習) ボッチャの競技規則を調べておく
授業 ボッチャ
事後学習(復習) ルールと支援技術の再確認
第12週 事前学習(予習) ふうせんバレーボールの競技規則を調べておく
授業 ふうせんバレーボール
事後学習(復習) ルールと支援技術の再確認
第13週 事前学習(予習) 配布された資料を精読する
授業 アダプテッド・スポーツプログラムの作成・発表・評価(指導における留意点)(1)
事後学習(復習) プログラムの作成
第14週 事前学習(予習) プログラムの作成
授業 アダプテッド・スポーツプログラムの作成・発表・評価(指導における留意点)(2)
事後学習(復習) プログラムの内容の見直し
第15週 事前学習(予習) プログラムの発表準備
授業 アダプテッド・スポーツプログラムの作成・発表・評価(指導における留意点)(3)
事後学習(復習) プログラムの発表の振り返り
備考 前期開講科目「アダプテッド・スポーツ論」を履修すること。
授業には必ず指定テキストを持参すること。
体調を整え、実施種目の競技規則などを事前に調べて授業に参加すること。
なお、実技ができる服装を着用すること。