トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

情報処理基礎

科目名 情報処理基礎
ナンバリング CE_D1_01
担当者 高元 宗一郎
開設学科
専攻・コース
スポーツ健康福祉学科
社会福祉学科
分類 共通教育科目 情報処理
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
神埼 1年 通年 2単位 必修
授業の概要
及びねらい
 コンピュータを効率よく利用するための基礎知識を講義し、利用方法の演習を行います。具体的には、コンピュータの基礎知識、インターネットの基礎知識及び活用方法、文書や資料の作成方法、表計算ソフトによるデータ表現方法、統計処理の講義及び演習を行います。
授業の
到達目標
①知識・理解 1)コンピュータやインターネットの仕組みを簡単に説明することができる。
       2)統計に関する基本的な用語を簡単に説明することができる。
②思考・判断 1)与えられたデータから、そのデータの特徴を指摘することができる。
       2)与えられたデータを視覚的に表現する際に、適切な表現方法を選択することができる。
③関心・意欲 1)文書を作成する際に、ソフトや文書の特性、対象者等を考慮して創意工夫を行う。
④技能・表現 1)簡単なチラシや公文書を効率よく作成することができる。
       2)表を作成し、計算を行うことができる。
       3)データの簡単な統計処理を行うことができる。
学習方法 講義及びパソコンを用いた演習を行います。
テキスト及び
参考書籍
テキスト:30時間でマスターワード&エクセル2016、実教出版株式会社
参考図書:活用事例でわかる!統計リテラシー、noa出版 他
【スポーツ健康福祉学科】
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率     10     10   10 20       10               20     20 100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 40
小テスト等  
宿題・授業外レポート 40
授業態度  
受講者の発表  
授業の参加度 20
その他                  
 
合計 100
【社会福祉学科】
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率     10     10   10 20       10               20     20 100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 40
小テスト等  
宿題・授業外レポート 40
授業態度  
受講者の発表  
授業の参加度 20
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) 今までのコンピュータの経験を振り返る
授業 コンピュータやインターネットの基礎知識(含、学内システムについての説明)
事後学習(復習) 配布資料を見直す
第2週 事前学習(予習) 前回の説明を振り返る
授業 コンピュータやインターネットの基礎知識(含、学内システムについての説明)
事後学習(復習) Windowsの操作、タッチタイピング等について、操作の確認を行う
第3週 事前学習(予習) 教科書第1章を読んでおく
授業 Windowsの基礎およびタッチタイピングと日本語入力
事後学習(復習) 講義中の操作について確認しておく
第4週 事前学習(予習) 教科書第2章を読んでおく
授業 MS‐Wordの機能と操作(画面構成、日本語入力システム等)
事後学習(復習) 講義中の操作について確認しておく
第5週 事前学習(予習) 教科書第3章を読んでおく
授業 MS‐Wordによる文書の作成(文の入力、ページ設定、印刷、文書作成、複写・削除・移動等)
事後学習(復習) 講義中の操作について確認しておく
第6週 事前学習(予習) 教科書第4章を読んでおく
授業 MS‐Wordによる文書の作成(編集機能、箇条書き、文字飾り、表の作成、ビジュアルな文書等)
事後学習(復習) 講義中の操作について確認しておく
第7週 事前学習(予習) 今まで学んだ操作方法について振り返る
授業 MS‐Wordによる文書の作成(簡単なチラシの作成演習)
事後学習(復習) 講義中の操作について確認しておく
第8週 事前学習(予習) 「公文書」について調べておく
授業 MS‐Wordによる公文書の作成(公文書の構成と作成)
事後学習(復習) 講義中の操作について確認しておく
第9週 事前学習(予習) 教科書5章1~3を読んでおく
授業 MS‐Excelの機能と操作(データ入力の基礎)
事後学習(復習) 講義中の操作について確認しておく
第10週 事前学習(予習) 教科書5章4~5を読んでおく
授業 MS‐Exceによる表の作成(基本的なワークシートの編集、ワークシートの書式設定)
事後学習(復習) 講義中の操作について確認しておく
第11週 事前学習(予習) 教科書5章6を読んでおく
授業 MS‐Exceによるデータの表現(グラフの作成)
事後学習(復習) 講義中の操作について確認しておく
第12週 事前学習(予習) 教科書5章7を読んでおく
授業 MS‐Exceによるデータの表現(グラフの設定の変更)
事後学習(復習) 講義中の操作について確認しておく
第13週 事前学習(予習) 教科書6章1~2を読んでおく
授業 MS‐Exceによる計算(関数の利用(1))
事後学習(復習) 講義中の操作について確認しておく
第14週 事前学習(予習) MS-Excelの関数について調べておく
授業 MS‐Excelによる計算(関数の利用(2))
事後学習(復習) 講義中の操作について確認しておく
第15週 事前学習(予習) これまでの操作方法を確認する
授業 演習問題
事後学習(復習) 講義中の操作について確認しておく
第16週 事前学習(予習)
授業 試験
事後学習(復習)
第17週 事前学習(予習) 教科書6章3~4を読んでおく
授業 MS-Excelによるデータ操作(データベース機能、データの集計)
事後学習(復習) 講義中の操作について確認しておく
第18週 事前学習(予習) MS-Excelでの「単純集計」の方法を確認する
授業 記述統計データの読み方:単純集計(含む演習)
事後学習(復習) 講義中の操作について確認しておく
第19週 事前学習(予習) 「度数分布」「代表値」「ばらつき」について調べる
授業 記述統計データの読み方:度数分布、代表値、ばらつき
事後学習(復習) 講義中の操作について確認しておく
第20週 事前学習(予習) 前回の講義を振り返る
授業 記述統計データの読み方:度数分布、代表値、ばらつき
事後学習(復習) 講義中の操作について確認しておく
第21週 事前学習(予習) MS-Excelでの「度数分布」「代表値」「ばらつき」の方法を確認する
授業 記述統計データの読み方:度数分布、代表値、ばらつき(演習)
事後学習(復習) 講義中の操作について確認しておく
第22週 事前学習(予習) 「クロス集計」について調べる
授業 記述統計データの読み方:クロス集計
事後学習(復習) 講義中の操作について確認しておく
第23週 事前学習(予習) MS-Excelでの「クロス集計」の方法を確認する
授業 記述統計データの読み方:クロス集計(演習)
事後学習(復習) 講義中の操作について確認しておく
第24週 事前学習(予習) 「相関係数」について調べる
授業 記述統計データの読み方:相関係数
事後学習(復習) 講義中の操作について確認しておく
第25週 事前学習(予習) MS-Excelでの「相関係数」の求め方を確認する
授業 記述統計データの読み方:相関係数(演習)
事後学習(復習) 講義中の操作について確認しておく
第26週 事前学習(予習) 「検定」「推定」について調べる
授業 推測統計データの読み方:検定と推定
事後学習(復習) 講義中の操作について確認しておく
第27週 事前学習(予習) 「検定」「推定」の種類について調べる
授業 推測統計データの読み方:検定と推定
事後学習(復習) 講義中の操作について確認しておく
第28週 事前学習(予習) MS-Excelでの「検定」「推定」の求め方を確認する
授業 推測統計データの読み方:検定と推定(演習)
事後学習(復習) 講義中の操作について確認しておく
第29週 事前学習(予習) 「観察法」「インタビュー」について調べる
授業 質的データの読み方:観察法、インタビュー
事後学習(復習) 具体的な事例を考えてみる
第30週 事前学習(予習) 「ドキュメント分析」について調べる
授業 質的データの読み方:ドキュメント分析
事後学習(復習) 具体的な事例を考えてみる
第31週 事前学習(予習) 今までの講義内容を復習する
授業 演習問題
事後学習(復習) わからなかった事を復習する
第32週 事前学習(予習)
授業 試験
事後学習(復習)
備考 演習が中心の講義となりますので、極力欠席しないようにしてください。もし、欠席した場合は、各自で講義内容を把握するように努めてください。
事前学習は特に必要ありません。講義終了後は、演習内容を確実に身につけるようにしてください。
なお、上記授業計画はあくまで予定であり、講義の進度によって若干内容を変更する場合があります。