トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

老年期理学療法学

科目名 老年期理学療法学
ナンバリング RP_G3_12
担当者 宮原 洋八
開設学科
専攻・コース
リハビリテーション学科 理学療法学専攻
分類 専門教育科目 専門科目
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
神埼 3年 後期 2単位 必修
授業の概要
及びねらい
  老年学を基に加齢に伴う問題から、老年期障害の測定と評価ついて学習する。
 また、老年期障害に対する理学療法には、生活機能・社会参加が重要であることを理解する。
授業の
到達目標
1)老年期の内外調査やデータから高齢者の正しい理解をする。

2)障害モデルから機能的状態を評価することを理解する。

3)生活機能・社会参加が重要であることを理解する。

4)目的別に沿って理学療法治療学を理解する。
学習方法 講義(演習を含む)
テキスト及び
参考書籍
テキスト:宮原 洋八著 「高齢者障害の理学療法」 大学教育出版 2009
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率 10     10     10     10     10     10     10     30     100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 100
小テスト等  
宿題・授業外レポート  
授業態度  
受講者の発表  
授業の参加度  
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) 講義する箇所は事前にテキストを読んでおくこと
授業 高齢者とは
事後学習(復習) 習ったところをノートにまとめる
第2週 事前学習(予習) 講義する箇所は事前にテキストを読んでおくこと
授業 統計から高齢者を知る
事後学習(復習) 習ったところをノートにまとめる
第3週 事前学習(予習) 講義する箇所は事前にテキストを読んでおくこと
授業 健康・健康増進
事後学習(復習) 習ったところをノートにまとめる
第4週 事前学習(予習) 講義する箇所は事前にテキストを読んでおくこと
授業 高齢者の評価
事後学習(復習) 習ったところをノートにまとめる
第5週 事前学習(予習) 講義する箇所は事前にテキストを読んでおくこと
授業 生活機能について
事後学習(復習) 習ったところをノートにまとめる
第6週 事前学習(予習) 講義する箇所は事前にテキストを読んでおくこと
授業 運動機能について
事後学習(復習) 習ったところをノートにまとめる
第7週 事前学習(予習) 講義する箇所は事前にテキストを読んでおくこと
授業 ライフスタイルについて
事後学習(復習) 習ったところをノートにまとめる
第8週 事前学習(予習) 講義する箇所は事前にテキストを読んでおくこと
授業 理学療法の機能的帰結
事後学習(復習) 習ったところをノートにまとめる
第9週 事前学習(予習) 講義する箇所は事前にテキストを読んでおくこと
授業 高齢者の理学療法1(ROMex)
事後学習(復習) 習ったところをノートにまとめる
第10週 事前学習(予習) 講義する箇所は事前にテキストを読んでおくこと
授業 高齢者の理学療法2(体操)
事後学習(復習) 習ったところをノートにまとめる
第11週 事前学習(予習) 講義する箇所は事前にテキストを読んでおくこと
授業 高齢者の理学療法3(抵抗運動)
事後学習(復習) 習ったところをノートにまとめる
第12週 事前学習(予習) 講義する箇所は事前にテキストを読んでおくこと
授業 高齢者の理学療法4(レクレーション)
事後学習(復習) 習ったところをノートにまとめる
第13週 事前学習(予習) 講義する箇所は事前にテキストを読んでおくこと
授業 目的別理学療法1(疼痛)
事後学習(復習) 習ったところをノートにまとめる
第14週 事前学習(予習) 講義する箇所は事前にテキストを読んでおくこと
授業 目的別理学療法2(身体活動量を高める)
事後学習(復習) 習ったところをノートにまとめる
第15週 事前学習(予習) 講義する箇所は事前にテキストを読んでおくこと
授業 まとめ(試験を含む)
事後学習(復習) 習ったところをノートにまとめる
備考 ※一週間の中で、次のとおり事前・事後学習の時間(自習時間)を確保すること。
 講義1単位につき2時間、演習1単位につき1時間。
※課題(試験やレポート等)に対するフィードバックを行います。