トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

解剖学Ⅰ

科目名 解剖学Ⅰ
ナンバリング RC_B1_01
担当者 田中 真一
開設学科
専攻・コース
リハビリテーション学科 理学療法学専攻
リハビリテーション学科 作業療法学専攻
分類 専門教育科目 専門基礎科目
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
神埼 1年 前期 2単位 必修
授業の概要
及びねらい
解剖学は医学の基礎学問であり、理学療法士および作業療法士において重要な科目である。
解剖学Ⅰでは主に骨・筋および中枢神経について理解する。
授業の
到達目標
解剖学Ⅰでは、理学療法士および作業療法士に何故、解剖学が重要であるかを理解するとともに、人体の骨格である骨、骨を動かす筋肉ならびに脳や脊髄について講義する。
学習方法 講義
テキスト及び
参考書籍
奈良 勲(監) 標準理学療法学・作業療法学 「解剖学」第4版 医学書院
配布資料
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率 10     20 10 10             10     20 10 10             100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 90
小テスト等 10
宿題・授業外レポート  
授業態度  
受講者の発表  
授業の参加度  
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習)
授業 解剖学総論(なぜ解剖学が必要なのか)
事後学習(復習) 解剖学の必要性を再度考える
第2週 事前学習(予習) 骨について事前学習
授業 骨学総論および頭蓋骨について
事後学習(復習) 講義内容の復習
第3週 事前学習(予習) 上肢骨について事前学習
授業 上肢骨について
事後学習(復習) 講義内容の復習
第4週 事前学習(予習) 下肢骨・骨盤について事前学習
授業 下肢骨・骨盤について
事後学習(復習) 講義内容の復習
第5週 事前学習(予習) 脊柱を構成する骨について事前学習
授業 脊柱を構成する骨について
事後学習(復習) 講義内容の復習
第6週 事前学習(予習) 関節・靱帯総論の事前学習
授業 関節・靱帯総論
事後学習(復習) 講義内容の復習
第7週 事前学習(予習) 上肢の関節・靱帯について事前学習
授業 上肢の関節・靱帯について
事後学習(復習) 講義内容の復習
第8週 事前学習(予習) 1週~7週までの範囲で試験実施
授業 中間試験
事後学習(復習) 講義内容の復習
第9週 事前学習(予習) 下肢・脊柱の関節・靱帯について事前学習
授業 下肢・脊柱の関節・靱帯について
事後学習(復習) 講義内容の復習
第10週 事前学習(予習) 筋学について事前学習
授業 筋学総論
事後学習(復習) 講義内容の復習
第11週 事前学習(予習) 上肢筋について事前学習
授業 上肢筋について
事後学習(復習) 講義内容の復習
第12週 事前学習(予習) 下肢筋について事前学習
授業 下肢筋について
事後学習(復習) 講義内容の復習
第13週 事前学習(予習) 体幹筋について事前学習
授業 体幹筋について
事後学習(復習) 講義内容の復習
第14週 事前学習(予習) 中枢神経について事前学習
授業 中枢神経総論
事後学習(復習) 講義内容の復習
第15週 事前学習(予習) 脳表層の解剖について事前学習
授業 脳表層の解剖について
事後学習(復習) 講義内容の復習
第16週 事前学習(予習) 8週~15週までの範囲で試験
授業 定期試験
事後学習(復習)
備考 講義前に小テストを実施する