トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

理学療法評価学実習

科目名 理学療法評価学実習
ナンバリング RP_F2_03
担当者 大田尾 浩
久保 温子
開設学科
専攻・コース
リハビリテーション学科 理学療法学専攻
分類 専門教育科目 専門科目
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
神埼 2年 後期 1単位 必修
授業の概要
及びねらい
理学療法評価学I,IIで学んだ各種評価に関する理論と概要を踏まえ、各々の検査・測定の手技を習得させる。
授業の
到達目標
1.ランドマークを正確に触診出来る。
2.正確性・再現性のある形態測定の手技を習得する。
3.形態測定の結果を解釈出来る。
4.関節運動面・運動方向を正確に理解する。
5.正確性・再現性のある関節可動域測定の手技を習得する。
6.筋の起始・停止を把握する。
7.主動作筋・補助筋・拮抗筋を把握する。
8.正確性・再現性のある徒手筋力テストの手技を習得する。
学習方法 実習(原則として白衣着用ですが、必要に応じてポロシャツ・ジャージ・短パンなどを使用することもあります)。
テキスト及び
参考書籍
潮見泰蔵・他編:リハビリテーション基礎評価学(羊土社)
津山直一・他訳:新・徒手筋力検査法(協同医書出版社)
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率 5                         5   10 30 10 20 20         100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 80
小テスト等  
宿題・授業外レポート 5
授業態度 5
受講者の発表  
授業の参加度 10
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) リハビリテーション基礎評価学P126-140
授業 形態測定
事後学習(復習) グループにて復習
第2週 事前学習(予習) リハビリテーション基礎評価学P178-185
授業 関節可動域検査:頸部・体幹
事後学習(復習) グループにて復習
第3週 事前学習(予習) リハビリテーション基礎評価学P186-188
授業 関節可動域検査:肩甲帯・肩
事後学習(復習) グループにて復習
第4週 事前学習(予習) リハビリテーション基礎評価学P189-192
授業 関節可動域検査:肘・前腕・手・手指
事後学習(復習) グループにて復習
第5週 事前学習(予習) リハビリテーション基礎評価学P193-200
授業 関節可動域検査:股・膝・足関節
事後学習(復習) グループにて復習
第6週 事前学習(予習) 新・徒手筋力検査法:第1.2章
授業 徒手筋力検査:頚
事後学習(復習) グループにて復習
第7週 事前学習(予習) 新・徒手筋力検査法:第3章
授業 徒手筋力検査:体幹
事後学習(復習) グループにて復習
第8週 事前学習(予習) 新・徒手筋力検査法:第4章
授業 徒手筋力検査:上肢1
事後学習(復習) グループにて復習
第9週 事前学習(予習) 新・徒手筋力検査法:第4章
授業 徒手筋力検査:上肢2
事後学習(復習) グループにて復習
第10週 事前学習(予習) 新・徒手筋力検査法:第5章
授業 徒手筋力検査:下肢1
事後学習(復習) グループにて復習
第11週 事前学習(予習) 新・徒手筋力検査法:第5章
授業 徒手筋力検査:下肢2
事後学習(復習) グループにて復習
第12週 事前学習(予習) リハビリテーション基礎評価学P126-140、P178-200
授業 客観的臨床能力試験(形態測定、ROM-T)
事後学習(復習) 実技の練習をすること
第13週 事前学習(予習) 新・徒手筋力検査法:第1-5章
授業 客観的臨床能力試験(MMT)
事後学習(復習) 実技の練習をすること
備考 学生同士で自習を行います。実習後もグループごとに練習が必要です。
各手技では解剖学ならびに運動学の知識が必須です。授業の前に必ず復習して下さい。また、理学療法評価学I.IIで学んだことはすべて頭に入れておきましょう。