トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

作業療法評価学演習Ⅱ

科目名 作業療法評価学演習Ⅱ
ナンバリング RO_F2_03
担当者 小松 洋平
植田 友貴
開設学科
専攻・コース
リハビリテーション学科 作業療法学専攻
分類 専門教育科目 専門科目
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
神埼 2年 後期 1単位 必修
授業の概要
及びねらい
徒手筋力検査は、身体障害分野の作業療法に必須の知識・技術です。これらの検査は、対象者の身体を検査者が直接操作する必要があることから、2人1組での実技を中心に講義を進めます。また、作業療法評価学で学んだ理論をベースとして、実際の評価法を講義と演習にて学習します。
授業の
到達目標
1)徒手筋力検査(Manual Muscle Testing: MMT)について説明できる。
2)MMTに必要な解剖・生理学的知識を習得する。
3)MMTを実施し、結果を解釈できる。
4)身体機能評価の目的や留意点を理解し、各評価の正確な実施と評価結果の記載ができる。
5)評価を実施する上での安全管理や接遇について説明できる。
6)評価に必要な機器類の準備や管理ができる。
7)心理機能評価実施の注意点を理解し、感情・気分・不安・欝の評価法の名称と目的を説明できる。
8)認知機能(高次神経障害)の評価法を修得し、代表的検査を実施できるようになる。
9)興味・役割・QOLの評価法の名称と目的を説明できる。
学習方法 2人1組での実技を中心に講義を進めます。また、作業療法評価学で学んだ理論をベースとして、実際の評価法を講義と演習にて学習します。
テキスト及び
参考書籍
【テキスト】新・徒手筋力検査法 協同医書
      作業療法評価学第2版 長﨑重信 他 株式会社メジカルビュー社 他,適時提示する.
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率 5   5 5         5     5   10     30       35       100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 50
小テスト等 10
宿題・授業外レポート 10
授業態度 10
受講者の発表 10
授業の参加度 10
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) 該当箇所のテキストを熟読すること.
授業 徒手筋力検査(下肢のMMTを学ぶ)①
事後学習(復習) 必要に応じて提示する.
第2週 事前学習(予習) 該当箇所のテキストを熟読すること.
授業 徒手筋力検査(下肢のMMTを学ぶ)②
事後学習(復習) 必要に応じて提示する.
第3週 事前学習(予習) 該当箇所のテキストを熟読すること.
授業 徒手筋力検査(下肢のMMTを学ぶ)③
事後学習(復習) 必要に応じて提示する.
第4週 事前学習(予習) 該当箇所のテキストを熟読すること.
授業 徒手筋力検査(下肢のMMTを学ぶ)④
事後学習(復習) 必要に応じて提示する.
第5週 事前学習(予習) 該当箇所のテキストを熟読すること.
授業 徒手筋力検査(体幹のMMTを学ぶ)
事後学習(復習) 必要に応じて提示する.
第6週 事前学習(予習) 該当箇所のテキストを熟読すること.
授業 面接法
事後学習(復習) 必要に応じて提示する.
第7週 事前学習(予習) 該当箇所のテキストを熟読すること.
授業 観察の視点1
事後学習(復習) 必要に応じて提示する.
第8週 事前学習(予習) 該当箇所のテキストを熟読すること.
授業 観察の視点2
事後学習(復習) 必要に応じて提示する.
第9週 事前学習(予習) 該当箇所のテキストを熟読すること.
授業 認知機能の評価
事後学習(復習) 必要に応じて提示する.
第10週 事前学習(予習) 該当箇所のテキストを熟読すること.
授業 心理的評価
事後学習(復習) 必要に応じて提示する.
第11週 事前学習(予習) 該当箇所のテキストを熟読すること.
授業 作業療法に必要な感染管理
事後学習(復習) 身近な感染対策についてレポート形式にまとめる
第12週 事前学習(予習) 作業療法評価学及び作業療法評価学演習のテキストと配布資料を熟読し,実技練習に励むこと.
授業 総合演習①
事後学習(復習) 必要に応じて提示する.
第13週 事前学習(予習) 作業療法評価学及び作業療法評価学演習のテキストと配布資料を熟読し,実技練習に励むこと.
授業 総合演習②
事後学習(復習) 必要に応じて提示する.
第14週 事前学習(予習) 作業療法評価学及び作業療法評価学演習のテキストと配布資料を熟読し,実技練習に励むこと.
授業 総合演習③
事後学習(復習) 必要に応じて提示する.
第15週 事前学習(予習) 作業療法評価学及び作業療法評価学演習のテキストと配布資料を熟読し,実技練習に励むこと.
授業 まとめ,実技・口頭試験と解説
事後学習(復習) 実技試験を通して学んだことをレポート形式にまとめる
備考 作業療法評価学と作業療法評価学演習は相互理解が必要な科目であるため,同時に履修する必要がある.
また,演習中の安全確保のために,参加意欲が著しく低い場合などには受講を断ることも有り得る.