トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

運動器系理学療法学実習

科目名 運動器系理学療法学実習
ナンバリング RP_G3_02
担当者 満丸 望
下田 真太郎
村田 広志
開設学科
専攻・コース
リハビリテーション学科 理学療法学専攻
分類 専門教育科目 専門科目
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
神埼 3年 後期 1単位 必修
授業の概要
及びねらい
この講義では、各運動器疾患に対して、リスク管理、機能改善・維持、障害予防の観点に立ち評価・運動療法・物理療法・日常生活動作指導・生活環境支援など理学療法手技について専門的な知識、思考過程、技術を講義および実技指導する。
授業の
到達目標
1)関節機能・解剖に基づいた関節可動域運動を実施できる。
2)筋機能・解剖・運動学に基づいた筋力増強運動を実施できる。
3)骨折、脱臼に対する運動療法を実施できる。
4)変形性関節症(股・膝)に対する運動療法を実施できる。
5)人工関節に対する運動療法を実施できる。
6)肩周囲炎・腱板断裂に対する運動療法を実施できる。
7)腰痛に対する運動療法を実施できる。
8)靱帯損傷に対する運動療法を実習できる。
9)各疾患に対して物理療法も考えることができる。
学習方法 実技,グループディスカッションを中心に行う
テキスト及び
参考書籍
ビジュアル実践リハ 整形外科リハビリテーション(羊土社)
参考図書:ここがポイント!整形外科疾患の理学療法
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率                           20     20 10   10 30 10     100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 30
小テスト等 10
宿題・授業外レポート 30
授業態度  
受講者の発表 30
授業の参加度  
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) 病的エンドフィール、正常のエンドフィールを復習しておく
授業 関節可動域障害に対する理学療法
事後学習(復習) 学生間で練習を積むこと
第2週 事前学習(予習) 筋の走行を復習しておくこと
授業 筋機能低下に対する理学療法
事後学習(復習) 抵抗量、抵抗の位置、手段を適切に選択できる
第3週 事前学習(予習)
授業 骨折・脱臼に対する理学療法
事後学習(復習)
第4週 事前学習(予習) 小児に多い骨折について整形外科学の教科書で復習しておくこと
授業 小児骨折に対する理学療法
事後学習(復習) 小児骨折に対する理学療法の注意点を理解できる
第5週 事前学習(予習) 肩の機能解剖の復習
授業 肩関節疾患に対する理学療法①
事後学習(復習) 理学療法の考え方を理解する
第6週 事前学習(予習) 前週の復習
授業 肩関節疾患に対する理学療法②
事後学習(復習) 関節の構造、病態を理解し理学療法を展開できる知識・技術をつける
第7週 事前学習(予習) 腰部の機能解剖学
授業 腰部疾患に対する理学療法
事後学習(復習) 理学療法の考え方を理解する
第8週 事前学習(予習) 膝・股関節の機能解剖
授業 変形性関節症に対する理学療法
事後学習(復習) 理学療法の考え方を理解する
第9週 事前学習(予習) 前週の復習
授業 変形性関節症に対する理学療法
事後学習(復習) 病態を理解し理学療法を展開できる知識・技術をつける
第10週 事前学習(予習) 人工関節について整形外科学で復習
授業 人工関節に対する理学療法
事後学習(復習) リスク管理、ADL指導ができる
第11週 事前学習(予習) 特に膝の靭帯の機能解剖学の復習
授業 靱帯損傷に対する理学療法
事後学習(復習) 病態を理解し理学療法を展開できる知識・技術をつける
第12週 事前学習(予習) 症例DVDを観察し、レポートを仕上げておく(課題は提示します)
授業 症例検討(大腿骨頚部骨折)
事後学習(復習)
第13週 事前学習(予習) 症例DVDを観察し、レポートを仕上げておく(課題は提示します)
授業 症例検討(腰椎圧迫骨折)
事後学習(復習)
第14週 事前学習(予習) 症例DVDを観察し、レポートを仕上げておく(課題は提示します)
授業 症例検討(変形性膝関節症)
事後学習(復習)
第15週 事前学習(予習) 症例DVDを観察し、レポートを仕上げておく(課題は提示します)
授業 症例検討(肩関節周囲炎)
事後学習(復習)
第16週 事前学習(予習)
授業 試験・まとめ
事後学習(復習)
備考 実習服の準備をしておくこと。