トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

就労支援サービス

科目名 就労支援サービス
ナンバリング SH_C3_03
担当者 滝口 真
開設学科
専攻・コース
スポーツ健康福祉学科
社会福祉学科
分類 専門教育科目 学科基幹科目及び学科専門科目
関連する
資格・免許
社会福祉士国家試験受験資格
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
神埼 4年 前期 1単位 選択必修
授業の概要
及びねらい
1.相談援助活動において必要となる各種の就労支援制度について理解する。
2.就労支援に係る組織、団体及び専門職について理解する。
3.就労支援分野との連携について理解する。
授業の
到達目標
1.雇用・就労の動向と労働施策の概要が理解できる。
2.就労支援制度の概要が理解できる。
3.就労支援に係る組織、団体の役割と実際を述べることができる。
4.就労支援に係る専門職の役割と実際について説明できる。
5.就労支援分野との連携と実際について理解できる。
学習方法 1.面接授業、2.視聴覚機器による授業、3.事例検討による学習、4.レポートによる学習
テキスト及び
参考書籍
新・社会福祉士養成講座『就労支援サービス』.中央法規出版.
【スポーツ健康福祉学科】
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率 10     10     10     10     20     20     10     10     100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 60
小テスト等 10
宿題・授業外レポート 10
授業態度 20
受講者の発表  
授業の参加度  
その他                  
 
合計 100
【社会福祉学科】
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率 10     10     10     10     20     20     10     10     100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 60
小テスト等 10
宿題・授業外レポート 10
授業態度 20
受講者の発表  
授業の参加度  
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) 雇用・就労の動向と労働法規の概要に関する情報収集
授業 雇用・就労の動向と労働法規の概要
事後学習(復習) 雇用・就労の動向と労働法規の概要の内容理解
第2週 事前学習(予習) 生活保護制度及び障害者福祉施策における就労支援制度に関する情報収集
授業 生活保護制度及び障害者福祉施策における就労支援制度
事後学習(復習) 生活保護制度及び障害者福祉施策における就労支援制度の内容理解
第3週 事前学習(予習) 障害者雇用施策の概要に関する情報収集
授業 障害者雇用施策の概要
事後学習(復習) 障害者雇用施策の概要の内容理解
第4週 事前学習(予習) 就労支援に係る国、市町村、都道府県の役割に関する情報収集
授業 就労支援に係る国、市町村、都道府県の役割
事後学習(復習) 就労支援に係る国、市町村、都道府県の役割の内容理解
第5週 事前学習(予習) ハローワーク、職業リハビリテーション機関及び障害者支援施設等の役割に関する情報収集
授業 ハローワーク、職業リハビリテーション機関及び障害者支援施設等の役割
事後学習(復習) ハローワーク、職業リハビリテーション機関及び障害者支援施設等の役割の内容理解
第6週 事前学習(予習) ハローワークと障害者雇用施策との連携に関する情報収集
授業 ハローワークと障害者雇用施策との連携
事後学習(復習) ハローワークと障害者雇用施策との連携の内容理解
第7週 事前学習(予習) 障害者福祉施策と教育施策との連携に関する情報収集
授業 障害者福祉施策と教育施策との連携
事後学習(復習) 障害者福祉施策と教育施策との連携の内容理解
第8週 事前学習(予習) 全体の振り返り
授業 全体のまとめ
事後学習(復習) 全体総括の理解
備考 事前学習と事後学習による主体的な講義への受講態度と準備が求められます。
講義出席の際には必ずテキストを持参して下さい。
授業計画は進度に応じて変更の場合があります。
定期試験不合格の場合は、再試験は実施されません。