トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

介護概論Ⅱ

科目名 介護概論Ⅱ
ナンバリング SW_E1_05
担当者 安德 弥生
開設学科
専攻・コース
社会福祉学科 介護福祉コース
分類 専門教育科目 学科専門科目
関連する
資格・免許
介護福祉士国家資格
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
神埼 2年 後期 2単位 選択必修
授業の概要
及びねらい
 介護の対象者(介護福祉サービス利用者)と介護の役割について説明する。また、介護福祉士に関する法規を確認し、介護福祉士の倫理、利用者の尊厳を護る介護、自立支援の視点の介護、利用者と介護者の安全確保、多職種間の連携と協働の必要性について説明する。求められる介護福祉士像の明確化を図る。
授業の
到達目標
1)介護福祉士に関する法規を説明できる
2)介護の対象者を説明できる3)介護の役割を説明できる
4)日本介護福祉士会倫理綱領の説明ができる
5)利用者の尊厳について説明ができる
6)利用者の自立について説明ができる
7)尊厳を護る介護、自立支援の視点の介護について説明できる
8)利用者の安全が確保された介護について説明できる
9)多職種について、多職種間の連携と協働の必要性について説明できる
学習方法 講義、グループ討議、発表、ビデオ視聴、レポート等
テキスト及び
参考書籍
新・介護福祉士養成講座「介護の基本Ⅰ」「介護の基本Ⅱ」
必要時資料を配布する。「生活支援技術」で使用の教科書を使用することもある(使用時指示する)。
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率   10   10                 5   5 20 20 20 10           100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 70
小テスト等  
宿題・授業外レポート 10
授業態度 10
受講者の発表 5
授業の参加度 5
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) 「社会福祉士及び介護福祉士法」成立までの経緯についてノートにまとめる
授業 社会福祉士及び介護福祉士法
事後学習(復習) 「社会福祉及び介護福祉士法」の見直しの背景について要点をまとめる
第2週 事前学習(予習) 介護概論Ⅰの「介護を必要とする人の理解」を振り返る
授業 介護の対象者
事後学習(復習) 要点をまとめる
第3週 事前学習(予習) 改正「社会福祉士及び介護福祉士」のポイントをまとめる
授業 介護福祉士の役割
事後学習(復習) 要点をまとめる
第4週 事前学習(予習) 日本介護福祉士会の「倫理綱領」について調べる
授業 介護福祉士としての倫理
事後学習(復習) 要点をまとめる
第5週 事前学習(予習) プリント
授業 個人の価値観(グループ討議)
事後学習(復習) 要点をまとめる
第6週 事前学習(予習) プリント
授業 専門職者としての価値観(グループ討議)
事後学習(復習) 要点をまとめる
第7週 事前学習(予習) プリント
授業 利用者の尊厳①DVD視聴
事後学習(復習) DVDの感想・気付きをまとめる
第8週 事前学習(予習) プリント
授業 利用者の尊厳②
事後学習(復習) 要点をまとめる
第9週 事前学習(予習) プリント
授業 利用者の主体性や自立支援の重要性
事後学習(復習) 要点をまとめる
第10週 事前学習(予習) 事例プリント
授業 利用者の安全
事後学習(復習) 要点をまとめる
第11週 事前学習(予習) 要点をまとめる
授業 介護者の安全
事後学習(復習) 事例プリント
第12週 事前学習(予習) 医療的ケア導入に関する「法改正」について調べる
授業 医療的ケア
事後学習(復習) 「医行為でない行為」と「医療的ケア」の相違点についてまとめる
第13週 事前学習(予習) 事例プリント
授業 ICFの考え方
事後学習(復習) 要点をまとめる
第14週 事前学習(予習) 1A実習の場面をもとに「連携及び協働の状況」をまとめておくこと
授業 他職種間の連携と協働
事後学習(復習) 医療及び福祉関係者との連携について要点をまとめる
第15週 事前学習(予習) 求められる介護福祉士像の項目の意味を考える
授業 求められる介護福祉士像について
事後学習(復習) 各項目の意味についてまとめる
第16週 事前学習(予習) 前週までの復習
授業 試験(まとめ)
事後学習(復習)
備考 ※一週間の中で、次のとおり事前・事後学習の時間(自習時間)を確保すること。
 講義1単位につき2時間、演習1単位につき1時間。
※課題(試験やレポート等)に対するフィードバックを行います。