トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

実践栄養学特論

科目名 実践栄養学特論
ナンバリング MH_C2_01
担当者 久野 一恵
開設学科
専攻・コース
生活支援科学研究科 健康栄養学専攻
分類 基礎分野及び展開分野 
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
神埼 1年 前期 2単位 選択
授業の概要
及びねらい
科学的根拠に基づいた栄養学の実践について学習する。何がどこまでわかっていて何がわかっていないのか、どういう研究成果が求められているのか、文献学習を通じて考える。研究で得られた成果を実践に応用する際の注意点や工夫について説明する。
授業の
到達目標
各疾患の診療ガイドライン作成方法の概要を理解する。
各疾患のガイドラインのうち栄養療法に関する内容を理解する。
診療ガイドラインに基づいた栄養指導をするための患者のアセスメントをすることができる。
ソーシャルマーケッティングについて説明することができる。
学習方法 講義、ディスカッション、調査
テキスト及び
参考書籍
糖尿病診療ガイドライン、CKD診療ガイド、高血圧治療ガイドライン、動脈硬化性疾患予防ガイドライン
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率                           20     40     40         100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験  
小テスト等  
宿題・授業外レポート 60
授業態度 10
受講者の発表 20
授業の参加度 10
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) 講義内容について関係論文に目を通す
授業 エビデンスに基づく診療ガイドラインとは
事後学習(復習) 授業で学んだことをノートにまとめる。
第2週 事前学習(予習) 講義内容について関係論文に目を通す
授業 エビデンスに基づく診療ガイドラインを理解するには
事後学習(復習) 授業で学んだことをノートにまとめる。
第3週 事前学習(予習) 講義内容について関係論文に目を通す
授業 糖尿病診療ガイドラインに基づく食事指導とは
事後学習(復習) 授業で学んだことをノートにまとめる。
第4週 事前学習(予習) 講義内容について関係論文に目を通す
授業 糖尿病診療ガイドラインに基づく食事指導の実際
事後学習(復習) 授業で学んだことをノートにまとめる。
第5週 事前学習(予習) 講義内容について関係論文に目を通す
授業 CKD診療ガイドに基づく栄養指導とは
事後学習(復習) 授業で学んだことをノートにまとめる。
第6週 事前学習(予習) 講義内容について関係論文に目を通す
授業 CKD診療ガイドに基づく栄養指導の実際
事後学習(復習) 授業で学んだことをノートにまとめる。
第7週 事前学習(予習) 講義内容について関係論文に目を通す
授業 高血圧治療ガイドラインに基づく生活習慣の修正とは
事後学習(復習) 授業で学んだことをノートにまとめる。
第8週 事前学習(予習) 講義内容について関係論文に目を通す
授業 高血圧治療ガイドラインに基づく生活習慣の修正の実際
事後学習(復習) 授業で学んだことをノートにまとめる。
第9週 事前学習(予習) 講義内容について関係論文に目を通す
授業 動脈硬化性疾患予防ガイドラインに基づく生活習慣の改善とは
事後学習(復習) 授業で学んだことをノートにまとめる。
第10週 事前学習(予習) 講義内容について関係論文に目を通す
授業 動脈硬化性疾患予防ガイドラインに基づく生活習慣の改善の実際
事後学習(復習) 授業で学んだことをノートにまとめる。
第11週 事前学習(予習) 講義内容について関係論文に目を通す
授業 経腸静脈栄養ガイドラインとは
事後学習(復習) 授業で学んだことをノートにまとめる。
第12週 事前学習(予習) 講義内容について関係論文に目を通す
授業 経腸静脈栄養ガイドラインに基づく栄養管理とは
事後学習(復習) 授業で学んだことをノートにまとめる。
第13週 事前学習(予習) 講義内容について関係論文に目を通す
授業 経腸静脈栄養ガイドラインに基づく栄養管理の実際
事後学習(復習) 授業で学んだことをノートにまとめる。
第14週 事前学習(予習) 講義内容について関係論文に目を通す
授業 肝疾患患者の栄養に関するガイド
事後学習(復習) 授業で学んだことをノートにまとめる。
第15週 事前学習(予習) 講義内容について関係論文に目を通す
授業 肝疾患患者の栄養に関するガイドの活用の実際
事後学習(復習) 授業で学んだことをノートにまとめる。
備考 ※一週間の中で、次のとおり事前・事後学習の時間(自習時間)を確保すること。
 講義1単位につき2時間、演習1単位につき1時間。
※課題(試験やレポート等)に対するフィードバックを行います。