トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

健康科学特論

科目名 健康科学特論
ナンバリング MS_C1_01
担当者 近藤 芳昭
開設学科
専攻・コース
生活支援科学研究科 地域生活支援学専攻(博士前期課程)
分類 基礎分野 
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
神埼 1年 後期 2単位 選択
授業の概要
及びねらい
生きがいをもった健やかな生活を送る上で、健康管理は重要である。授業では、身体運動の視点から健康について理解を深めるとともに運動やスポーツを通した実践的生活支援のあり方について考察する。そのために、身体運動のメカニズムを理解し、生活習慣病を中心とした疾病予防との関係を説明する。
授業の
到達目標
①知識・理解 :・身体運動時の筋肉や呼吸循環器系等のメカニズムが説明できる。
        ・身体運動と健康の関係が説明できる。
②思考・判断 :・運動やスポーツを通した生活支援のあり方について思考できる。
③関心・意識・態度 :・健康づくりへの関心をもち、実践できる態度で取り組むことができる。
④技能・表現 :・健康づくりのための運動指針や運動基準等を活用し、実践的生活支援ができる。
学習方法 講義を中心とするが、理解を深めるために測定、演習等もまじえて行う。
テキスト及び
参考書籍
必要に応じて資料を配布する。参考書:中野昭一著編、図説・運動の仕組みと応用、医歯薬出版・九州大学健康科学センター編集、健康と運動の科学、大修館書店
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率                         20     35           45     100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験  
小テスト等  
宿題・授業外レポート 70
授業態度 15
受講者の発表  
授業の参加度 15
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) シラバス確認
授業 身体運動と健康づくり  -現代生活における運動不足の実態とその影響-
事後学習(復習) 授業内容の整理
第2週 事前学習(予習) 前回の授業内容の確認
授業 運動時の骨格筋の働きについて -筋肉の種類と収縮のメカニズム-
事後学習(復習) 授業内容の整理
第3週 事前学習(予習) 前回の授業内容の確認
授業 運動のエネルギー供給機構について
事後学習(復習) 授業内容の整理
第4週 事前学習(予習) 前回の授業内容の確認
授業 運動と栄養  -運動時の各栄養素の役割、運動と水分-
事後学習(復習) 授業内容の整理
第5週 事前学習(予習) 前回の授業内容の確認
授業 運動時の呼吸器系の働きについて  -呼吸調節とガス交換-
事後学習(復習) 授業内容の整理
第6週 事前学習(予習) 前回の授業内容の確認
授業 運動時の循環器系の働きについて  -心機能と循環調節-
事後学習(復習) 授業内容の整理
第7週 事前学習(予習) 前回の授業内容の確認
授業 有酸素運動と無酸素運動
事後学習(復習) 授業内容の整理
第8週 事前学習(予習) 前回の授業内容の確認
授業 健康度測定①  -最大酸素摂取量の測定-
事後学習(復習) 測定結果の整理
第9週 事前学習(予習) 測定結果の確認
授業 健康度測定②  -その他の運動能力の測定-
事後学習(復習) 測定結果の整理
第10週 事前学習(予習) 測定結果の確認
授業 運動処方の内容とその実際
事後学習(復習) 授業内容の整理
第11週 事前学習(予習) 前回の授業内容の確認
授業 健康づくりのための運動指針と運動基準
事後学習(復習) 授業内容の整理
第12週 事前学習(予習) 前回の授業内容の確認
授業 生活習慣病と運動  -高血圧症、糖尿病と運動-
事後学習(復習) 授業内容の整理
第13週 事前学習(予習) 前回の授業内容の確認
授業 生活習慣病と運動  -肥満、骨粗鬆症と運動-
事後学習(復習) 授業内容の整理
第14週 事前学習(予習) 前回の授業内容の確認
授業 地域における健康づくりのための運動実践について
事後学習(復習) 授業内容の整理
第15週 事前学習(予習) 前回の授業内容の確認
授業 まとめ
事後学習(復習) レポート作成
備考 ※一週間の中で、次のとおり事前・事後学習の時間(自習時間)を確保すること。
 講義1単位につき2時間、演習1単位につき1時間。
※課題(試験やレポート等)に対するフィードバックを行います。