トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

特別研究

科目名 特別研究
ナンバリング MH_D3_01
担当者 大川 裕行
開設学科
専攻・コース
生活支援科学研究科 リハビリテーション学専攻
分類 研究演習 
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
神埼 1年 通年 8単位 必修
授業の概要
及びねらい
スポーツまたは身体活動をキーワードとした生活支援に関する修士論文を完成させる.
研究目的を明確にして研究方法を考案し,結果を導き出す.先行研究,その他を基に結果の検証,解釈を行い論文を完成させる.
テーマの選択においては日常業務に関連したのもであることが望ましい.
授業の
到達目標
・研究目的の明確化とテーマの立案
・先行研究のレビュー
・データ収集および分析
・結果を解釈・理解し,考察する
・修士論文完成
学習方法 ・個別指導
テキスト及び
参考書籍
・特に定めないが,適宜指示する
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率     5           5 5 5 5 5 5 5       5   25   5 25 100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験  
小テスト等  
宿題・授業外レポート 50
授業態度  
受講者の発表 40
授業の参加度 10
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) 1年次に30コマ、2年次に30コマ、合計60コマを実施する.
授業 1年次
事後学習(復習) ①スポーツまたは身体活動をキーワードとした生活支援に関連する国内外の先行研究をレビューし,
第2週 事前学習(予習) 研究意義,研究目的を明確にして研究テーマを確立する.
授業 ②実践的研究の目的に合致した現実的な方法と期間を立案し,仮説を立てる.
事後学習(復習) ③多様なパイロットスタディーを実施し,本データの構築に向けた環境条件,使用機器の選定
第3週 事前学習(予習) および研究方法を確立させる.
授業 ④実践的研究の目的に合致した環境設定を有する対象施設,対象者を決定する.
事後学習(復習) 2年次
第4週 事前学習(予習) ①1年次の学習成果を基に,研究環境の再確認を行う.
授業 ②関連の研修会,研究会等に参加して知見を深めながら,文献抄読を通して研究機器の原理や
事後学習(復習) データの解釈等の理解を深めるとともに,データ収集を開始する.
第5週 事前学習(予習) ③データ収集およびデータの解析を実施し,修士論文作成にあたっては論理が飛躍しないように
授業 留意し,倫理規定に沿って丁寧に執筆を開始する.
事後学習(復習) ④修士論文の作成と同時に学会発表のエントリーを進め,最終的には専門誌への投稿を目指す.
備考 積極的且つ本研究分野に高い興味,関心および研究意欲を持ち,責任ある態度で研究を実施し,論文を完成させること望む.