トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

特別研究

科目名 特別研究
ナンバリング MH_D3_01
担当者 溝田 勝彦
開設学科
専攻・コース
生活支援科学研究科 リハビリテーション学専攻
分類 研究演習 
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
神埼 1年 通年 8単位 必修
授業の概要
及びねらい
リハビリテーションにおける人間の健康な生活実現に向けた日常生活の支援に関し、最新の知
見と実践に基づいて研究を実践し、修士論文の作成を目指す。
授業の
到達目標
1.日常生活活動に障害を来す要因を身体機能、認知機能、心理機能およびQOLの各側面から総合的に分析する。
2.過去の様々な理論や先行研究から最新の研究や介入方法をレビュー・検討し、科学的根拠に基づいた評価および治療的介入法を開発する。
3.介入法の実践を通して、生活活動障害への新しいまたはより効果的な支援方法を提供する修士論文を作成することを目標とする。
学習方法 演習、討議
テキスト及び
参考書籍
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率             30                       30 40         100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験  
小テスト等  
宿題・授業外レポート  
授業態度  
受講者の発表 100
授業の参加度  
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習)
授業 1年次に30コマ、2年次に30コマ、合計60コマ行う。
事後学習(復習)
第2週 事前学習(予習)
授業 1年次は予備研究、実態調査などの実施や発表と討論を通じて,研究計画を具体化する。
事後学習(復習)
第3週 事前学習(予習)
授業 2年次は研究の実施および研究データの検討、さらに修士論文として適切な表現方法について指導する.
事後学習(復習)
備考 臨床での疑問を解決し、より効果的な介入方法の開発に積極的に取り組みましょう。