トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

認知症性障害作業療法特論

科目名 認知症性障害作業療法特論
ナンバリング MR_C2_02
担当者 上城 憲司
開設学科
専攻・コース
生活支援科学研究科 リハビリテーション学専攻
分類 展開分野 認知・精神機能障害領域
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
神埼 1年 後期 2単位 選択
授業の概要
及びねらい
認知症性障害の疾患学、評価学、治療学を理解し、個々の対象者に対して医療・保健・福祉が担うべき支援のあり方などについて学ぶ。また、認知症性障害に関するトピックスや先行研究論文を抄読・討議することにより、臨床実践力や研究能力を高める。
授業の
到達目標
・認知機能の低下やパーソナリティの変化、対人関係などの精神・心理学的諸問題を系統立てて理解できる。
・加齢が心身機能にどのような影響を与えるのかについて理解し、特に認知症の人と家族に対する心理学的
 援助法を理解できる。
・認知症の人と家族に関連するリハビリテーションの科学的根拠が理解できる。
学習方法 講義およびグループワーク形式で実施する
テキスト及び
参考書籍
特になし(必要に応じてプリントを配布)
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率                         5 5 10   10 10 10 10 10 10 10 10 100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験  
小テスト等  
宿題・授業外レポート 50
授業態度  
受講者の発表 50
授業の参加度  
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) 配付資料熟読
授業 認知症性障害支援学総論
事後学習(復習) 前回の講義内容の確認と宿題を行う
第2週 事前学習(予習) 配付資料熟読
授業 認知症疾患のとらえ方,接し方
事後学習(復習) 前回の講義内容の確認と宿題を行う
第3週 事前学習(予習) 配付資料熟読
授業 認知症疾患のアセスメント
事後学習(復習) 前回の講義内容の確認と宿題を行う
第4週 事前学習(予習) 配付資料熟読
授業 認知症の非薬物療法
事後学習(復習) 前回の講義内容の確認と宿題を行う
第5週 事前学習(予習) 配付資料熟読
授業 事例検討①
事後学習(復習) 前回の講義内容の確認と宿題を行う
第6週 事前学習(予習) 配付資料熟読
授業 事例検討②
事後学習(復習) 前回の講義内容の確認と宿題を行う
第7週 事前学習(予習) 配付資料熟読
授業 認知症の人を支える医療・介護保険制度
事後学習(復習) 前回の講義内容の確認と宿題を行う
第8週 事前学習(予習) 配付資料熟読
授業 認知症の人のの住環境(福祉用具・住宅改修)
事後学習(復習) 前回の講義内容の確認と宿題を行う
第9週 事前学習(予習) 配付資料熟読
授業 若年性認知症の人に対する支援
事後学習(復習) 前回の講義内容の確認と宿題を行う
第10週 事前学習(予習) 配付資料熟読
授業 認知症の人を支える家族の支援
事後学習(復習) 前回の講義内容の確認と宿題を行う
第11週 事前学習(予習) 配付資料熟読
授業 認知症の人の認知機能低下予防実践
事後学習(復習) 前回の実践内容の確認と次回実践の準備を行う
第12週 事前学習(予習) 配付資料熟読
授業 認知症の人の認知機能低下予防実践
事後学習(復習) 前回の実践内容の確認と次回実践の準備を行う
第13週 事前学習(予習) 配付資料熟読
授業 認知症の人の認知機能低下予防実践
事後学習(復習) 前回の実践内容の確認と次回実践の準備を行う
第14週 事前学習(予習) 配付資料熟読
授業 認知症の人の認知機能低下予防実践
事後学習(復習) 前回の実践内容の確認と次回実践の準備を行う
第15週 事前学習(予習) 配付資料熟読
授業 認知症の人の認知機能低下予防実践
事後学習(復習) 前回の実践内容の確認と次回実践の準備を行う
備考 事前に資料や関連文献について学習しておいて下さい。
認知症介護予防実践として,吉野ヶ里町,伊万里市,小城市,神埼市へ学外実習へ行く予定です.