トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

生活

科目名 生活
ナンバリング CS_C1_05
担当者 松井 克行
飯盛 啓生
開設学科
専攻・コース
子ども学科
分類 専門教育科目 専門基幹科目
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
佐賀 1年 前期 2単位 選択必修
授業の概要
及びねらい
生活科教育の目的である「児童の自立」について、自然や社会との関わりを通しての指導について学習する。
授業の
到達目標
1) 生活科の特質,教科目標,内容を理解する。
2)学校,通学路,公園などでの学習活動を体験的に理解する。
3)子どもが生活の中で見つけた科学に関する疑問の実例を上げそれについて考察することができる。
4)「環境・季節カレンダー」の作成し、科学的に考察することができる。
5) 空気の存在について指導方法を構築することができる。
6)動くおもちゃを作成し、その原理を説明し、指導法を構築することができる。
7)子ども期における科学教育について討論を通して指導法を構築することができる。
学習方法 講義、プリント、授業の復習を兼ねた小テストを毎回行う。なお前半の授業(社会との関わり)では,定期考査を実施する。
テキスト及び
参考書籍
文部科学省編著『小学校学習指導要領解説生活編』日本文教出版。
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率                           5   5 5 35 5 5 15 15 5 5 100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 30
小テスト等 35
宿題・授業外レポート 5
授業態度 10
受講者の発表 5
授業の参加度 15
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) 事前学習(予習) テキストの付録(pp.74-75)を読んでおくこと。
授業 オリエンテーション(生活科の特質,生活科の教科目標,生活科の内容)
事後学習(復習) 授業で学んだことを復習しておく。
第2週 事前学習(予習) 配布資料に目を通しておく。
授業 がっこうたんけん
事後学習(復習) 授業で学んだことを復習しておく。
第3週 事前学習(予習) 配布資料に目を通しておく。
授業 通学路たんけん
事後学習(復習) 授業で学んだことを復習しておく。
第4週 事前学習(予習) 配布資料に目を通しておく。
授業 公園へ行こう
事後学習(復習) 授業で学んだことを復習しておく。
第5週 事前学習(予習) 配布資料に目を通しておく。
授業 家庭と生活
事後学習(復習) 授業で学んだことを復習しておく。
第6週 事前学習(予習) 配布資料に目を通しておく。
授業 地域と生活
事後学習(復習) 授業で学んだことを復習しておく。
第7週 事前学習(予習) 配布資料に目を通しておく。
授業 公共物や公共施設の利用
事後学習(復習) 授業で学んだことを復習しておく。
第8週 事前学習(予習) 配布資料に目を通しておく。
授業 自分の成長(定期試験)
事後学習(復習) 授業で学んだことを復習しておく。試験で不正確なところは復習しておく。
第9週 事前学習(予習) 生活科と理科の関係について調べておく。
授業 生活科と理科について
事後学習(復習) 生活科と理科との関係についてまとめる。
第10週 事前学習(予習) 子どもの遊びと科学について考える。
授業 子どもが生活の中で見つけた科学に関する疑問の実例を上げそれについて考察する。
事後学習(復習) 子どもによる疑問の実例についてまとめる。
第11週 事前学習(予習) 自分で気づいた環境の変化、特徴についてまとめておく。
授業 「環境・季節カレンダー」の作成
事後学習(復習) 「環境・季節カレンダー」の整理
第12週 事前学習(予習) 空気について調べておく。
授業 空気の存在について知る(簡易的な実験を行う)。
事後学習(復習) 空気の存在についてまとめる。
第13週 事前学習(予習) 紙や輪ゴム等を用いた簡易的に作成できるおもちゃについて考えておく。
授業 動くおもちゃの原理と作成
事後学習(復習) 動くおもちゃについての作成方法や原理についてまとめる。
第14週 事前学習(予習) 子ども期の科学教育について調べておく。
授業 子ども期における科学教育について討論する。 
事後学習(復習) 討論を踏まえて子ども期の科学教育についてまとめる。
第15週 事前学習(予習) 「環境・季節カレンダー」の確認
授業 環境・季節カレンダー」の内容を科学的に考察する。
事後学習(復習) 「環境・季節カレンダー」の仕上げを行う。
備考 ※一週間の中で、次のとおり事前・事後学習の時間(自習時間)を確保すること。
 講義1単位につき2時間、演習1単位につき1時間。
※課題(試験やレポート等)に対するフィードバックを行います。