トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

生活科指導法

科目名 生活科指導法
ナンバリング CS_C2_05
担当者 松井 克行
飯盛 啓生
開設学科
専攻・コース
子ども学科
分類 専門教育科目 専門基幹科目
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
佐賀 3年 後期 2単位 選択必修
授業の概要
及びねらい
日々の生活をとおして、社会や自然に親しみ、季節の変化や生活の中で起こる事象を科学的に理解し、感動を伴う体験型の科学教育につなげる方法について理解する。 将来、科学好きで、社会科や理科が好きな子どもに成長するために「生活」の授業の展開例や展開方法について理解する。
授業の
到達目標
1)科目としての「生活」についてキーポイントをまとめることができる。
2)「生活」に適したテーマを身の回りから見つけその指導法を構築することができる。
3)社会科理科が好きな子どもに成長するための環境について考察することができる。
4)校庭や野外における事故とその対策について理解することができる。
5)子どもの科学教育に適した教育資源について考察し、それを用いた方法を構築することができる。
6)学習評価方法の方法について理解することができる。
学習方法 講義、プリント、授業の復習を兼ねた小テストを毎回行う。なお前半の授業(社会との関わり)では,定期考査を実施する。
テキスト及び
参考書籍
テキスト:文部科学省編著『小学校学習指導要領解説生活編』日本文教出版。
参考書籍:小原友行・朝倉淳共編著『生活科教育 改訂新版』学術図書出版社。
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率                           5   5 5 35 15 5 5 15 5 5 100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 30
小テスト等 35
宿題・授業外レポート 5
授業態度 10
受講者の発表 5
授業の参加度 15
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) テキストに目を通しておく。
授業 オリエンテーション
事後学習(復習) 授業で学んだことを復習しておく。
第2週 事前学習(予習) 配布資料に目を通しておく。
授業 生活科の目標
事後学習(復習) 授業で学んだことを復習しておく。
第3週 事前学習(予習) 配布資料に目を通しておく。
授業 生活科の内容構成(9つの柱)
事後学習(復習) 授業で学んだことを復習しておく。
第4週 事前学習(予習) 配布資料に目を通しておく。
授業 生活科の指導計画
事後学習(復習) 授業で学んだことを復習しておく。
第5週 事前学習(予習) 配布資料に目を通しておく。
授業 生活科の単元構成
事後学習(復習) 授業で学んだことを復習しておく。
第6週 事前学習(予習) 配布資料に目を通しておく。
授業 生活科の学習活動と評価
事後学習(復習) 授業で学んだことを復習しておく。
第7週 事前学習(予習) 配布資料に目を通しておく。
授業 生活科の授業実践例
事後学習(復習) 授業で学んだことを復習しておく。
第8週 事前学習(予習) 配布資料に目を通しておく。
授業 前半のまとめ(定期試験)
事後学習(復習) 授業で学んだことを復習しておく。試験で不正確なところは復習しておく。
第9週 事前学習(予習) 「生活」と「理科」の関係について知る。
授業 科目としての「生活」について学習し、キーポイントをまとめる。
事後学習(復習) 「生活」と「理科」の関係と生活指導法のポイントをまとめる。
第10週 事前学習(予習) 「生活」の中でとりあげたいテーマについて考えておく。
授業 「生活」に適したテーマを身の回りから見つけその指導法を構築する。
事後学習(復習) 各自で考えたテーマにそった指導法をまとめる。
第11週 事前学習(予習) 発表の準備をしておく。
授業 前回各自で見つけたテーマの指導法について発表する。
事後学習(復習) 発表についての考察を行う。
第12週 事前学習(予習) 児童が日常生活の中から「理科」へとつなげることのできる内容について考えておく。
授業 「理科」が好きな子どもに成長するための環境について討論する。
事後学習(復習) 討論の内容についてまとめる。
第13週 事前学習(予習) 校庭や野外の観察についての注意点について考えておく。
授業 校庭や野外における事故とその対策について理解する。
事後学習(復習) 野外観察における注意点と事故の防止策についてまとめる。
第14週 事前学習(予習) 理科科目と関連した生活科科目について調べておく。
授業 理科科目と関連した生活科の指導計画書の作成
事後学習(復習) 指導計画書をまとめる。
第15週 事前学習(予習) 発表の用意をする。
授業 子どもの科学教育に適した教育資源について考察し、それを用いた方法について発表する。
事後学習(復習) 発表の内容を活用できるようにまとめる。
備考 ※一週間の中で、次のとおり事前・事後学習の時間(自習時間)を確保すること。
 講義1単位につき2時間、演習1単位につき1時間。
※課題(試験やレポート等)に対するフィードバックを行います。