トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

体育科指導法

科目名 体育科指導法
ナンバリング CS_C2_09
担当者 松本 大輔
開設学科
専攻・コース
子ども学科
分類 専門教育科目 専門基幹科目
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
佐賀 3年 前期 2単位 選択必修
授業の概要
及びねらい
体育授業を行う上での基礎となる理論に裏付けられた実践を行いながら、自ら課題を持ち教師としての力量を向上し続け、学び続ける資質と能力を向上させるように本授業は「知る(知識を学ぶ)・活用する(授業づくりに活かす)・探究する(授業実践と省察)」という三つから構成し行っていく。
授業の
到達目標
1)体育の基礎理論を学び、教育としての体育の独自性を理解することができる。
2)各運動種目の機能的特性・構造的特性・効果的特性を理解する。
3)児童の実態(体力・技能、学び方等)に応じた各運動種目の学習指導方法を知る。
4)体育の授業づくりの視点を明確にし児童の実態に即した単元計画を立案し、指導案の作成ができる。
5)授業観察の方法を理解する。
6)自分たちが計画・実践した授業の目標・方法について説明することができる。
7)模擬授業を行い、自らの実践を省察することができる。
8)体育と社会、地域スポーツとの関連について理解し教師像について考えることができる。
学習方法 講義・演習・グループワーク(教材研究・模擬授業):講義はパワーポイントを用いて行う。
テキスト及び
参考書籍
小学校学習指導要領解説 体育編(文部科学省)・学び手の視点から創る小学校の体育授業(鈴木直樹ら)・その他の参考書は授業中に適宜紹介する。また必要な資料はプリント配布する。
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率                         5 10   5 15 20 10 10 5 5 10 5 100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験  
小テスト等 20
宿題・授業外レポート 30
授業態度 5
受講者の発表  
授業の参加度 10
その他         35
教材研究・指導案作成ならびに模擬授業と授業の省察 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) テキスト第1章(p2-12)を読んでおくこと。
授業 体育科教育の考え方について理解する。
事後学習(復習) テキスト第1章(p2-12)、配布資料についてまとめる。
第2週 事前学習(予習) テキスト第5章(p41-50)を読んでおくこと。
授業 学習指導要領の変遷と体育科の目的・目標論
事後学習(復習) テキスト第5章(p41-50)、配布資料についてまとめる。
第3週 事前学習(予習) テキスト第3章(p22-31)を読んでおくこと。
授業 体育科の内容論と運動の特性①
事後学習(復習) テキスト第3章(p22-31)、配布資料についてまとめる。
第4週 事前学習(予習) テキスト第4章(p32-40)を読んでおくこと。
授業 体育科の内容論と運動の特性②
事後学習(復習) テキスト第4章(p32-40)、配布資料についてまとめる。
第5週 事前学習(予習) テキスト第7章(p60-67)テキスト第8章(p68-75)を読んでおくこと。
授業 体育授業における学習形態と学習過程論
事後学習(復習) テキスト第7章(p60-67)テキスト第8章(p68-75)、配布資料についてまとめる。
第6週 事前学習(予習) テキスト第9章(p76-96)を読んでおくこと。
授業 体育授業における学習評価論
事後学習(復習) テキスト第9章(p76-96)、配布資料についてまとめる。
第7週 事前学習(予習) 小学校学習指導要領解説 体育編 体育科の内容及び各学年の目標及び内容について読んでおくこと。
授業 体育におけるカリキュラム編成と授業づくり
事後学習(復習) 配布資料についてまとめる。
第8週 事前学習(予習) 小学校学習指導要領解説 体育編 体育科の内容及び各学年の目標及び内容について読んでおくこと。
授業 体育の授業・教材について
事後学習(復習) これまでの講義内容を踏まえ指導案作成を行うこと。
第9週 事前学習(予習) 小学校学習指導要領解説 体育編 体つくり運動の内容について読んでおくこと。
授業 模擬授業演習①:体つくり運動
事後学習(復習) 模擬授業を振り返り省察レポートを作成する。
第10週 事前学習(予習) 小学校学習指導要領解説 体育編 器械運動系・表現運動系の内容について読んでおくこと。
授業 模擬授業演習②:器械運動系・表現運動系
事後学習(復習) 模擬授業を振り返り省察レポートを作成する。
第11週 事前学習(予習) 小学校学習指導要領解説 体育編 陸上運動系の内容について読んでおくこと。
授業 模擬授業演習③:陸上運動系
事後学習(復習) 模擬授業を振り返り省察レポートを作成する。
第12週 事前学習(予習) 小学校学習指導要領解説 体育編 ゴール型の内容について読んでおくこと。
授業 模擬授業演習④:ボール運動(ゴール型)
事後学習(復習) 模擬授業を振り返り省察レポートを作成する。
第13週 事前学習(予習) 小学校学習指導要領解説 体育編 ゴール型の内容について読んでおくこと。
授業 模擬授業演習⑤:ボール運動(ゴール型②)
事後学習(復習) 模擬授業を振り返り省察レポートを作成する。
第14週 事前学習(予習) 小学校学習指導要領解説 体育編 ネット型・ベースボール型の内容について読んでおくこと。
授業 模擬授業演習⑤:ボール運動(ネット型・ベースボール型)
事後学習(復習) 模擬授業を振り返り省察レポートを作成する。
第15週 事前学習(予習) これまでの内容を振り返り自分なりの問いと考えについてまとめてくる
授業 まとめ
事後学習(復習) これまでの内容を復習しまとめる。
備考 授業計画の各週の授業内容はあくまで予定であり、多少の変更が出る場合があります。
学生へのメッセージ
 学校教員として体育科の授業構想をする上での資質を高めることに役立つように展開していきます。受講生に対しては、知識の伝達ではなく、対話を繰り返しながら体育科の授業構想について一緒に考えていきたいと思います。*なお模擬授業における指導案作成は事前指導を行うことがあります。