トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

子ども学演習

科目名 子ども学演習
ナンバリング CS_E3_01
担当者 櫻井 琴音
開設学科
専攻・コース
子ども学科
分類 専門教育科目 ゼミナール
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
佐賀 3年 通年 2単位 必修
授業の概要
及びねらい
学内外で取り組む様々な演習を通して、子ども学に関する基礎知識を深めるとともに、音楽を中心とした表現力の育成を図る。また、この授業を「卒業研究}の基礎演習と位置づけ、文献資料の収集、レポート作成、発表や討論等も行い、主体的な学習力の向上を目指す。本科目は地域志向科目となります。
授業の
到達目標
1)子どもや教育、保育に関する問題に関心を深め探求することができる。
2)文献を読んでその内容や要旨をレジュメにまとめることができる。
3)他の学生と協同して、学習や研究のテーマを追求することができる。
4)他の学生の報告を傾聴し、積極的に討議に参加することができる。
5)学内外での実践活動に参加する際には、真剣に誠意ある態度で臨むことができる。
6)アンケートや観察など、卒論作成に必要な調査方法について理解する。
7)研究の計画や方法について、主体的に考えることができる。
8)卒業論文作成のための基本的な能力を習得することができる。
学習方法 講義、演習、グループ討議、フィールドワーク
テキスト及び
参考書籍
必要に応じて資料を配布する。
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率                 20   10     20   10 10 10   10     10   100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験  
小テスト等  
宿題・授業外レポート 40
授業態度 20
受講者の発表 30
授業の参加度 10
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) シラバスに目を通しておくこと。 
授業 オリエンテーション(ゼミ、教員紹介、ゼミの配属方法についての説明)
事後学習(復習) オリエンテーションの内容を整理する。
第2週 事前学習(予習) ゼミ紹介の資料に目を通しておくこと。
授業 選択しようとするゼミの教員を訪問し、研究テーマについて話し合う。希望調査書の提出
事後学習(復習) 説明内容を整理すること。
第3週 事前学習(予習) シラバスに示された授業計画に目を通しておくこと。
授業 ゼミ別オリエンテーション(授業の進め方・顔合わせ)
事後学習(復習) 授業内容を整理すること。
第4週 事前学習(予習) 配布資料に目を通しておくこと。
授業 研究領域についての紹介(保育現場における音楽活動領域)
事後学習(復習) 授業内容を整理すること。
第5週 事前学習(予習) 配布資料に目を通しておくこと。
授業 研究領域についての紹介(幼小接続期における音楽活動領域)
事後学習(復習) 授業内容を整理すること。
第6週 事前学習(予習) 配布資料に目を通しておくこと。
授業 研究領域についての紹介(小学校音楽科領域)
事後学習(復習) 授業内容を整理すること。
第7週 事前学習(予習) 4~6回目の授業内容を振り返り、各自の意見を整理しておくこと。
授業 学生の問題意識、興味、関心に関する意見交換
事後学習(復習) 授業内容を整理すること。
第8週 事前学習(予習) 配布資料に目を通しておくこと。
授業 現代の子育てをめぐる諸問題、子育て支援の必要性と意義
事後学習(復習) 授業内容を整理すること。
第9週 事前学習(予習) 子どもミュージアムの活動内容案を考えておくこと。
授業 子育て支援活動における音楽活動実践に向けて(内容討議)
事後学習(復習) 各自の分担箇所の準備に取り組む。
第10週 事前学習(予習) 各自の分担箇所を準備しておくこと。
授業 子育て支援活動における音楽活動実践に向けて(制作・準備)
事後学習(復習) 活動を振り返り、次回に向けて必要な対応について整理する。
第11週 事前学習(予習) 前回を踏まえ、必要な準備を行っておくこと。
授業 子育て支援活動における音楽活動実践に向けて(子どもミュージアムのリハーサル)
事後学習(復習) プログラムの流れを再確認し、必要な対応を行う。
第12週 事前学習(予習) プログラム全体の流れを確認しておく。
授業 子育て支援活動における音楽活動実践に向けて(子どもミュージアムへの参加)
事後学習(復習) 各自の気づき、課題等を整理する。
第13週 事前学習(予習) 意見交換の準備を行っておくこと。
授業 子どもミュージアム参加後の振り返り、意見交換
事後学習(復習) 授業内容を振り返り、レポートを提出する。
第14週 事前学習(予習) 配布資料に目を通しておくこと。
授業 論文輪読(1)乳児期における音楽活動に関して
事後学習(復習) 授業内容を整理すること。
第15週 事前学習(予習) 配布資料に目を通しておくこと
授業 論文輪読(2)幼児期における音楽活動に関して
事後学習(復習) 授業内容を整理すること。
第16週 事前学習(予習) 配布資料に目を通しておくこと
授業 論文輪読(3)幼小接続期における音楽活動に関して
事後学習(復習) 授業内容を整理すること。
第17週 事前学習(予習) 配布資料に目を通しておくこと。
授業 論文輪読(4)児童期における音楽活動に関して
事後学習(復習) 授業内容を整理すること。
第18週 事前学習(予習) 配布資料に目を通しておくこと。
授業 研究テーマ確定のための基礎作業(1)テーマの選び方
事後学習(復習) 授業内容を整理すること。
第19週 事前学習(予習) 興味・関心のあるテーマを選んでおくこと。
授業 研究テーマ確定のための基礎作業(2)文献の収集及び整理
事後学習(復習) 授業内容を整理すること。
第20週 事前学習(予習) 配布資料に目を通しておくこと。
授業 研究テーマ確定のための基礎作業(3)調査方法
事後学習(復習) 授業内容を整理すること。
第21週 事前学習(予習) 配布資料に目を通しておくこと。
授業 研究テーマ確定のための基礎作業(4)観察の方法
事後学習(復習) 授業内容を整理すること。
第22週 事前学習(予習) 配布資料に目を通しておくこと。
授業 研究テーマ確定のための基礎作業(5)各学生の興味・関心等に関する発表と意見交換
事後学習(復習) 授業内容を整理する。次週に向け、各自の案を考えておくこと。
第23週 事前学習(予習) 自分の案を整理しておくこと。
授業 研究テーマに関する研修(1)フィールドワークの計画・立案
事後学習(復習) 授業内容を整理する。
第24週 事前学習(予習) 各自の意見をまとめておくこと。
授業 研究テーマに関する研修(2)フィールドワークの準備(役割分担・製作物等の計画)
事後学習(復習) 授業内容を整理する。
第25週 事前学習(予習) 各自の分担箇所の練習等の準備をしておくこと。
授業 研究テーマに関する研修(3)フィールドワークの準備(製作・練習)
事後学習(復習) 授業を振り返り、練習をしておくこと。
第26週 事前学習(予習) プログラム全体の内容と準備物を確認し、製作・練習しておくこと。
授業 研究テーマに関する研修(4)フィールドワークの準備(リハーサル)
事後学習(復習) 課題を整理し、改善に向けた取り組みを行う。
第27週 事前学習(予習) 全員で入念に準備を行っておくこと。
授業 研究テーマに関する研修(5)フィールドワーク(実施)
事後学習(復習) 活動を振り返り、課題を整理する。
第28週 事前学習(予習) 活動報告のテーマを検討しておくこと。
授業 研究テーマに関する研修(6)フィールドワークの報告の準備
事後学習(復習) 授業内容を整理する。
第29週 事前学習(予習) 報告と討議に参加するための準備を行っておくこと。
授業 研究テーマに関する研修(7)フィールドワークの報告と討議
事後学習(復習) 授業内容を整理する。
第30週 事前学習(予習) 論文のテーマを考え、関連する文献に目を通しておくこと。
授業 卒業論文作成に向けて(1)テーマの仮決定、論文作成計画書作り
事後学習(復習) 論文作成計画書の下書きをする。
第31週 事前学習(予習) 論文作成計画書に必要事項を記入しておくこと。
授業 卒業論文作成に向けて(2)論文作成計画発表
事後学習(復習) 指摘されたことを踏まえ、卒業論文作成に着手する。
備考 本授業の一環として、西九州大学子ども研究ネットワーク主催事業「子どもミュージアム」に参加します。