トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

子ども学演習

科目名 子ども学演習
ナンバリング CS_E3_01
担当者 櫻井 京子
開設学科
専攻・コース
子ども学科
分類 専門教育科目 ゼミナール
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
佐賀 3年 通年 2単位 必修
授業の概要
及びねらい
(学科共通になります)本科目は地域志向科目となります。
授業の
到達目標
1)子どもや教育、保育に関する問題関心を深め探究することができる。
2)論文や文献を読んでその内容や要旨をレジュメにまとめることができる。
3)他の学生の報告を傾聴し、質問や意見を述べることができる。
4)子ども文化の歴史を理解し、それぞれの時代の特徴を説明できる。
5)子育て環境の変化による現代社会における問題点・課題について理解する。
6)子ども文化の伝承者としての保育者の役割を理解し、様々な文化財を用いた実践ができる。
7)子育て支援活動の意義を理解し、その企画・立案・実行を補助することができる。
8)インターネットを用いた文献調査の方法を習得するとともに、アンケートやインタビュー、観察など、卒論 作成に必要な調査の方法を理解する。
学習方法 論文や文献の講読、レポート作成、発表、討論、実態調査、体験学習
テキスト及び
参考書籍
必要に応じて資料を配布する
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率 5     5   5     5 5   5 5 5 5 5 5   10 10 10 5 10   100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験  
小テスト等  
宿題・授業外レポート 50
授業態度 10
受講者の発表 30
授業の参加度 10
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) 各ゼミの内容を知る
授業 オリエンテーション(ゼミ・教員紹介・ゼミの配属方法についての説明)
事後学習(復習) 希望ゼミを選定し、研究室訪問の計画を立てる
第2週 事前学習(予習) 研究室訪問にあたって、質問内容をまとめる
授業 研究室訪問(選択しようとするゼミの教員を訪問し、研究テーマについて話し合う)・希望調査票の提出
事後学習(復習) 訪問したゼミの内容を精査し、希望調査票を提出する
第3週 事前学習(予習) 自分がゼミに入って何を研究したいのかなどを整理する
授業 ゼミ別オリエンテーション(授業の進め方、顔合わせ)
事後学習(復習) 今後の授業の進め方について確認、理解する
第4週 事前学習(予習) 課題(子育て環境の変化)について文献やインターネットなどで調べる
授業 子育て環境の変化(家庭・地域・幼稚園・保育所・学校など)について発表する
事後学習(復習) 他の学生の発表内容や授業で学んだことの要点をまとめる
第5週 事前学習(予習) 実習体験を通して経験した子ども文化について発表準備をする
授業 保育現場における子ども文化(実習体験の発表・討論)①
事後学習(復習) 他の学生の発表内容や授業で学んだことの要点をまとめる
第6週 事前学習(予習) 実習体験を通して経験した子ども文化について発表準備をする
授業 保育現場における子ども文化(実習体験の発表・討論)②
事後学習(復習) 他の学生の発表内容や授業で学んだことの要点をまとめる
第7週 事前学習(予習) 配布資料に目を通し、自分の意見をまとめる
授業 「子ども学」とは何か
事後学習(復習) 他の学生の意見や授業で学んだことの要点をまとめる
第8週 事前学習(予習) 子ども文化と時代背景についてテーマ設定の準備をする
授業 子ども文化と時代背景① テーマの設定とグループ分け
事後学習(復習) グループごとにレジュメを作成し、発表の準備をする
第9週 事前学習(予習) グループごとにレジュメを作成し、発表の準備をする
授業 子ども文化と時代背景② 祖父母の子ども時代
事後学習(復習) 発表を振り返り、課題や問題点を発見し内容の改善をはかる
第10週 事前学習(予習) グループごとにレジュメを作成し、発表の準備をする
授業 子ども文化と時代背景③ 父母の子ども時代
事後学習(復習) 発表を振り返り、課題や問題点を発見し内容の改善をはかる
第11週 事前学習(予習) グループごとにレジュメを作成し、発表の準備をする
授業 子ども文化と時代背景④ 自分たちの子ども時代
事後学習(復習) 発表を振り返り、課題や問題点を発見し内容の改善をはかる
第12週 事前学習(予習) グループごとにレジュメを作成し、発表の準備をする
授業 子ども文化と時代背景⑤ 現代の子ども達
事後学習(復習) 発表を振り返り、課題や問題点を発見し内容の改善をはかる
第13週 事前学習(予習) 配布資料に目を通し、自分の意見をまとめる
授業 テレビ・ゲーム・パソコン・携帯電話の普及と子ども文化
事後学習(復習) 他の学生の意見や授業で学んだことの要点をまとめる
第14週 事前学習(予習) 図書館等で伝承文化の資料をさがす
授業 伝承文化に触れてみよう 折り紙・歌遊び・手遊びなど
事後学習(復習) 子ども文化の伝承者としての保育者について自分の考えをまとめる
第15週 事前学習(予習) 卒業研究において自分が研究したいテーマについて整理する
授業 卒業研究について
事後学習(復習) 卒業論文のテーマ(仮題)を決め、夏休み期間中に資料を収集する
第16週 事前学習(予習) 前期の内容に関する質問等をまとめる
授業 前期のまとめ
事後学習(復習) 前期に学んだことについて整理するとともに後期に向けての準備をする
第17週 事前学習(予習) 子育て支援について自分の意見や考えをまとめる
授業 子育て支援活動の意義・目的・企画・立案
事後学習(復習) 子どもミュージアムについて具体的に準備を始める
第18週 事前学習(予習) 読み聞かせに適した絵本の選定を行う
授業 言語文化財 絵本①
事後学習(復習) 絵本の読み聞かせについて振り返りを行い、課題を発見し改善する
第19週 事前学習(予習) 読み聞かせに適した絵本の選定を行う
授業 言語文化財 絵本②
事後学習(復習) 絵本の読み聞かせについて振り返りを行い、課題を発見し改善する
第20週 事前学習(予習) パネルシアター実演の練習を行う
授業 言語文化財 パネルシアター劇①
事後学習(復習) パネルシアター実演について振り返りを行い、課題を発見し改善する
第21週 事前学習(予習) パネルシアター実演の練習を行う
授業 言語文化財 パネルシアター劇②
事後学習(復習) パネルシアター実演について振り返りを行い、課題を発見し改善する
第22週 事前学習(予習) 子どもミュージアムの目的や実際の進め方を理解する
授業 子育て支援活動(子どもミュージアム)計画・準備
事後学習(復習) 授業時間外においても各自、各グループで準備を進める
第23週 事前学習(予習) 計画表に従って進める準備をする
授業 子育て支援活動(子どもミュージアム)リハーサル
事後学習(復習) リハーサルによって発見した課題について討議し修正する
第24週 事前学習(予習) 授業時間外においても各自、各グループで準備を進める
授業 子育て支援活動(子どもミュージアム)
事後学習(復習) 振り返りを行い課題や問題点を発見し、改善して今後の子育て支援活動に生かす
第25週 事前学習(予習) 前期終了段階から準備している資料について検討する
授業 卒業論文作成にむけて① 課題・テーマについて  
事後学習(復習) 卒業論文のテーマ(仮題)について再検討する
第26週 事前学習(予習) 先行研究文献の検索を行い、資料を収集する
授業 卒業論文作成にむけて② 先行研究について
事後学習(復習) 資料の検討を行い、さらに必要な資料を収集する
第27週 事前学習(予習) 収集した資料をもとに先行研究内容の検討を行う
授業 卒業論文作成に向けて③ 予備論文の作成
事後学習(復習) 先行文献研究による予備論文を作成し、発表の準備をする
第28週 事前学習(予習) 先行文献研究による予備論文を作成し、発表の準備をする
授業 卒業論文作成に向けて④ 予備論文の発表
事後学習(復習) 発表において指摘された点などを振り返り、課題や問題点を発見し改善する
第29週 事前学習(予習) 先行文献研究による予備論文を作成し、発表の準備をする
授業 卒業論文作成に向けて⑤ 予備論文の発表
事後学習(復習) 発表において指摘された点などを振り返り、課題や問題点を発見し改善する
第30週 事前学習(予習) 今後どのように研究を進めるか各自考え、発表の準備をする
授業 卒業論文作成に向けて⑥ 今後についての協議と研究計画の作成 
事後学習(復習) 学生同士でお互いに協議した内容について各自検討し、研究計画書を作成する
第31週 事前学習(予習) 卒業論文研究計画書の作成
授業 まとめ 卒業論文作成についての確認
事後学習(復習) 各自作成した研究計画書に基づき、卒業論文作成に着手する
備考 授業計画の各週の内容は、授業で取り上げる主な事項を示しています。
授業計画はあくまで予定であり、進度に応じて変更することがあります。
積極的に学ぶ姿勢で臨んで下さい。