トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

子ども学演習

科目名 子ども学演習
ナンバリング CS_E3_01
担当者 飯盛 啓生
開設学科
専攻・コース
子ども学科
分類 専門教育科目 ゼミナール
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
佐賀 3年 通年 2単位 必修
授業の概要
及びねらい
この授業では、子どもを取り巻く様々な環境問題、子どもの歴史、心身の発達、遊び、子どもを対象とした表現活動、子どもの福祉など、子ども学に関する基礎知識を深める。
授業の
到達目標
1)子どもや教育、保育に関する問題関心を深め探求することができる。2)科学的な物の見方を養う。3)地域の環境、科学技術、産業を知る事ができる。4)こどもをめぐる環境教育・科学教育について理解することができる。5)子育て支援活動について理解することができる。6)卒論のテーマについて考えることができる。7)文献調査の方法を学び、卒論のテーマについて実際に文献検索ができる。8)子どもの科学教育に適した教材を考え構築することができる。
学習方法 文献調査、レポート作成、発表および討論、基礎実験を行う場合もある。
テキスト及び
参考書籍
環境科学の基礎 開成出版 飯盛啓生 他2名、 科学の扉―環境科学からー開成出版 飯盛啓生 
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率                             20     60     20       100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験  
小テスト等 60
宿題・授業外レポート  
授業態度 20
受講者の発表  
授業の参加度 20
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習)
授業 オリエンテーション(ゼミ・教員紹介、ゼミの配属方法についての説明)
事後学習(復習)
第2週 事前学習(予習)
授業 研究室訪問(選択しようとするゼミの教員を訪問し、研究テーマについて話し合う)・希望調査票の提出
事後学習(復習)
第3週 事前学習(予習)
授業 ゼミ別オリエンテーション(授業の進め方、顔合わせ)
事後学習(復習)
第4週 事前学習(予習) 子ども期の環境教育について調べておく。
授業 子ども期の環境教育の必要性について考え、まとめる。
事後学習(復習) 子ども期の環境教育の必要性についてまとめる。
第5週 事前学習(予習) 佐賀県の科学技術について調べておく。
授業 佐賀県の産業や科学技術について調べる。
事後学習(復習) 上記内容についてレポートにまとめる。
第6週 事前学習(予習) 発表内容の確認をしておく。
授業 上記の内容について発表する。
事後学習(復習) それぞれ各自の発表した内容についてまとめる。
第7週 事前学習(予習) 地球における水について調べておく。
授業 水の循環について調べ、まとめる。
事後学習(復習) 水の循環についてまとめる。
第8週 事前学習(予習) 佐賀県の水について調べておく。
授業 水質と水源、地質について理解を深める。
事後学習(復習) 水質と地質の関係についてまとめる。
第9週 事前学習(予習) 水質汚染の原因について調べておく。
授業 日常生活における水環境への影響について知る。
事後学習(復習) 生活と水環境の関係についてまとめる。
第10週 事前学習(予習) 水環境の保全の方法について調べておく。
授業 水環境の保全についての教育の方法について知る。
事後学習(復習) 児童への水質保全の教育についてまとめる。
第11週 事前学習(予習) 安心・安全な飲用水について調べておく。
授業 子ども期における水をテーマとした環境教育についてレポートにまとめる。
事後学習(復習) 第7週~第11週を参考に子ども期の環境教育についてまとめる。
第12週 事前学習(予習) 地球温暖化について調べておく。
授業 地球温暖化について知る。
事後学習(復習) 地球温暖化の現状についてまとめる。
第13週 事前学習(予習) 異常気象について調べておく。
授業 異常気象について知る。
事後学習(復習) 異常気象の現状についてまとめる。
第14週 事前学習(予習) 大気汚染について調べておく。
授業 大気汚染について知る。
事後学習(復習) 大気汚染の現状についてまとめる。
第15週 事前学習(予習) 大気汚染について調べておく。
授業 子どもを取り巻く大気環境について調べ,レポートにまとめる。
事後学習(復習) 指導者が大気汚染への留意しておくべき点をまとめる。
第16週 事前学習(予習) 子ども期の環境教育の事例を調べておく。
授業 子ども期の環境教育の方法についてレポートにまとめる。
事後学習(復習) 子ども期の環境教育の留意事項をまとめる。
第17週 事前学習(予習) 環境変化と生物との関係について調べておく。
授業 環境変化が生物に与える影響について
事後学習(復習) 環境変化が生物に与える影響についてまとめる。
第18週 事前学習(予習) 前回の内容を再度確認しておく。
授業 生物と環境の関係について調べ、発表する。
事後学習(復習) 発表内容についてまとめる。
第19週 事前学習(予習) 環境教育と植物について調べておく。
授業 植物を教材にした環境教育・理科理科教育について考察する
事後学習(復習) 植物を教材にした教育についてまとめる。
第20週 事前学習(予習) 環境が植物に与える影響について調べておく。
授業 植物を利用して環境を調べる。
事後学習(復習) 第19週と第20週の内容についてまとめる。
第21週 事前学習(予習) 子どもからの科学的な質問例を考える。
授業 子どもからの科学に関する質問の実例を知り、指導法について考える
事後学習(復習) 子どもの質問とそれに対する指導法についてまとめる。
第22週 事前学習(予習) 子どもミュージアムに関連した資料を集める。
授業 子育て支援活動(子どもミュージアム)の計画・立案
事後学習(復習) 子どもミュージアムの計画をまとめる。
第23週 事前学習(予習) 子どもミュージアムの内容を再確認しておく。
授業 子育て支援活動(子どもミュージアム)リハーサル
事後学習(復習) リハーサルを振り返り再構築する。
第24週 事前学習(予習) 子どもミュージアムの内容を再確認する。
授業 子育て支援活動(子どもミュージアム)実施
事後学習(復習) 子どもミュージアムの内容についてまとめる。
第25週 事前学習(予習) 環境基準について調べておく。
授業 環境調査のための基礎実験
事後学習(復習) 内容および結果をレポートにまとめる。
第26週 事前学習(予習) 先週行った実験の確認をしておく。
授業 環境調査のための基礎実験 
事後学習(復習) 内容および結果をレポートにまとめる。
第27週 事前学習(予習) pH,DO,CODについてまとめておく。
授業 環境調査礎実験
事後学習(復習) 内容および結果をレポートにまとめる。
第28週 事前学習(予習) 卒業論文作成用のノートを準備する。
授業 卒業論文の作成についての計画を立てる
事後学習(復習) 卒業論文作成用のノートに計画内容を作成する。
第29週 事前学習(予習) 卒業論文テーマを考えておく。
授業 卒業論文テーマの設定および論文作成にむけた心得
事後学習(復習) 論文作成ノートへの記載
第30週 事前学習(予習) 第27~第29週の講義のポイントをノート記入しておく。
授業 卒業論文テーマの内容について説明
事後学習(復習) 論文ノートの整理
備考 ※一週間の中で、次のとおり事前・事後学習の時間(自習時間)を確保すること。
 講義1単位につき2時間、演習1単位につき1時間。
※課題(試験やレポート等)に対するフィードバックを行います。