トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

発達障害教育論

科目名 発達障害教育論
ナンバリング CS_C2_14
担当者 眞田 英進
開設学科
専攻・コース
子ども学科
分類 専門教育科目 専門展開科目
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
佐賀 4年 前期 2単位 選択必修
授業の概要
及びねらい
本授業では発達障害に関する障害特性の理解と基本的対応原則に講義する。特性理解と対応は教育・心理・神経学等の知見から言及する。幼児・児童・生徒に対する特別支援教育に関わるスタッフにとって有意義な知識・技能修得を本授業のねらいとする。
授業の
到達目標
発達障害者支援教育者として倫理性を持ち、主体的実践者の役割を担う資質を備えることができる。
発達障害者及び保護者に寄り添い、共感的態度を保持し絶えず支援を行うことができる。
発達障害の心理・行動における困難特性と支援法に関する知識を基礎にして保育・教育の役割が理解できる。
発達障害者の発達過程を理解し、早期から就学期、就業以降期に至る長期的視点での支援方法が理解できる。
発達障害に関する知識・支援方法を習得することにより保育・教育場面での特別支援教育的実践ができる。
発達障害の理解を基礎にして特別支援教育・保育の場面で他者との良好なネットワークを築くことができる。
発達障害者支援教育(保育)の場で自ら課題を発見し解決し、生涯学び続ける態度・姿勢を持つことができる。
学習方法 講義を中心とする。
テキスト及び
参考書籍
特にテキストは指定しない。適宜に講義資料を配布する。
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率 5     5     5     5     5 10 5 5 15 5 5 10 5 5 5 5 100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 70
小テスト等  
宿題・授業外レポート 10
授業態度 10
受講者の発表  
授業の参加度 10
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) 発達障害とは何かを調べる
授業 発達障害の定義
事後学習(復習) 発達障害の定義を理解し、含まれる障害種類を確認する
第2週 事前学習(予習) 学習障害とは何かを調べる
授業 学習障害(LD)の理解
事後学習(復習) 学習障害の定義と困難特性を理解する
第3週 事前学習(予習) ADHDとは何かを調べる
授業 注意欠陥・多動性性障害(ADHD)の理解
事後学習(復習) ADHDの定義と困難特性を理解する
第4週 事前学習(予習) ASDとは何かを調べる
授業 自閉症スペクトラム(ASD)の理解①
事後学習(復習) ASDの定義と含まれる障害種類を確認する。DSM内容の再吟味をする
第5週 事前学習(予習) ASDに含まれる障害種類別に症状を調べる
授業 自閉症スペクトラム(ASD)の理解②
事後学習(復習) ASDに含まれる障害特性を確認する
第6週 事前学習(予習) 言語と脳神経中枢との関連を調べる
授業 発達障害の言語と脳機能
事後学習(復習) 発達障害における言語と脳機能の関連を理解する
第7週 事前学習(予習) 記憶構造を調べる
授業 発達障害と記憶機能
事後学習(復習) 発達障害と記憶機能の関連性を理解する
第8週 事前学習(予習) 読み・書き・計算の困難とはどのような症状かを調べる
授業 発達障害の書字・読字・計算における困難
事後学習(復習) 発達障害の書字・読字・計算における困難の特徴と対応を確認する
第9週 事前学習(予習) 特別支援教育システムとは何かを調べる
授業 発達障害と特別支援教育システム手順
事後学習(復習) 発達障害に対する特別支援教育の全般的手順を認識する
第10週 事前学習(予習) 知能検査の種類について調べる
授業 発達障害の知的水準測定検査法の理解
事後学習(復習) 発達障害の知的測定に最適な検査法の特徴を理解する
第11週 事前学習(予習) 知能検査結果の解釈の仕方を予習する
授業 発達障害の知的水準検査結果の分析と支援的対応
事後学習(復習) 発達障害の知能検査データを解釈し対応原則を理解する
第12週 事前学習(予習) 刺激の認知スタイルとは何かを調べる
授業 発達障害の認知スタイル把握と支援的対応
事後学習(復習) 発達障害の認知スタイルを分析し支援原則を理解する
第13週 事前学習(予習) 視知覚能力診断の検査法を調べる
授業 発達障害の視知覚能力把握と支援的的対応
事後学習(復習) 発達障害の視視覚能力検査の分析と支援的対応原則を理解する
第14週 事前学習(予習) 言語学習能力の検査法を調べる
授業 発達障害の言語学習能力把握と支援的対応
事後学習(復習) 発達障害の言語学習能力診断法の理解と支援的対応原則を理解する
第15週 事前学習(予習) PASS理論とは何かを調べる
授業 発達障害に対するPASS理論応用による支援
事後学習(復習) PASS理論を応用した発達障害の支援方法を理解する
備考 ※一週間の中で、次のとおり事前・事後学習の時間(自習時間)を確保すること。
 講義1単位につき2時間、演習1単位につき1時間。
※課題(試験やレポート等)に対するフィードバックを行います。