トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

子ども学実践演習Ⅱ(子ども教育の展開)

科目名 子ども学実践演習Ⅱ(子ども教育の展開)
ナンバリング MC_A1_03
担当者 髙石 次郎
松井 克行
松本 大輔
飯盛 啓生
金久 愼一
開設学科
専攻・コース
生活支援科学研究科 子ども学専攻
分類 基幹分野 
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
佐賀 1年 後期 2単位 選択必修
授業の概要
及びねらい
本演習では授業実践演習及び教育現場でのフィールドワークを中心に学校における子ども観察と授業観察、授業分析方法、授業開発力、授業力、省察力に関する基礎的知見を解説する。これらを通して子どもの総合的理解を踏まえたこれからの学校教育における高度な実践的指導力を養うことを目標とする。 
授業の
到達目標
1)現在の子どもを取り巻く生活・教育の諸問題について理解する。
2)子ども観察と授業観察、授業分析方法、授業開発力、授業力、省察力に関する基礎的知見を理解する。
3)各領域・教科に関する専門的な実践力について考えることができる。
4)子どもへの理解を深めると同時に、自らの教育・保育観や実践に反省的省察を加え、より良い方向へと改善できる。
5)子どもの教育を担う専門的職業人としてこれからの社会と教育について主体的に考えることができる。
6)地域における子どもの生活上、教育上の課題を把握し、それに対する課題解決のための実践を考えることができる。
7)生活環境や社会環境をも含んだ子どもの総合的理解としての教育的実践力について考えることができる。
学習方法 教育現場でのフィールドワーク。授業実践演習。さらに関連文献に関する発表、討論形式も行う。
テキスト及び
参考書籍
テキスト:適宜指示する。参考図書:秋田喜代美・佐藤学・恒吉僚子編 『教育研究のメソドロジー―学校参加型マインドへのいざない』 東京大学出版会 その他適宜指示する。
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率           5     5         5 5 15 25 15   10   10   5 100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験  
小テスト等  
宿題・授業外レポート 35
授業態度 5
受講者の発表 15
授業の参加度 10
その他         35
総合的演習 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) シラバスの内容を読んでおくこと。
授業 子ども学実践演習の意義と意味
事後学習(復習) 配布された資料や、本時の内容を整理する。
第2週 事前学習(予習) 配布された課題資料を読み自分なりの考えをまとめておくこと。
授業 子どもの生活環境と学校教育をめぐる諸問題
事後学習(復習) 配布された資料や、本時の内容を整理する。
第3週 事前学習(予習) 配布された課題資料を読み自分なりの考えをまとめておくこと。
授業 学校教育における子どもの理解及び支援に関する基礎的理解
事後学習(復習) 配布された資料や、本時の内容を整理する。
第4週 事前学習(予習) 配布された課題資料を読み自分なりの考えをまとめておくこと。
授業 教育学的な視点による授業改善の方法及び省察の重要性についての基礎的理解
事後学習(復習) 配布された資料や、本時の内容を整理する。
第5週 事前学習(予習) 配布された課題資料を読み自分なりの考えをまとめておくこと。
授業 授業開発における教材研究に対する理解
事後学習(復習) 配布された資料や、本時の内容を整理する。
第6週 事前学習(予習) 配布された課題資料を読み自分なりの考えをまとめておくこと。
授業 授業力に対する基礎的理解
事後学習(復習) 配布された資料や、本時の内容を整理する。
第7週 事前学習(予習) 学習指導案の作成
授業 授業実践演習
事後学習(復習) 省察レポートの作成
第8週 事前学習(予習) 授業実践演習の省察し改善点についてまとめておくこと
授業 授業実践演習の分析及び省察
事後学習(復習) 本時の内容を踏まえ分析及び省察レポートを作成する。
第9週 事前学習(予習) 配布された資料課題資料を読み自分なりの考えをまとめておくこと。
授業 各教科に対する専門的実践力について
事後学習(復習) 配布された資料や、本時の内容を整理する。
第10週 事前学習(予習) 配布された資料を読んでフィールドワークにおける授業観察の視点を考えておくこと。
授業 学校フィールドワーク①(国語科・社会科を中心に)
事後学習(復習) フィールドワークの内容をまとめる。
第11週 事前学習(予習) フィールドワークの内容を考察しておくこと。
授業 学校フィールドワーク①についてのまとめ
事後学習(復習) 本時の内容について整理する。
第12週 事前学習(予習) 配布された資料を読んでフィールドワークにおける授業観察の視点を考えておくこと。
授業 学校フィールドワーク②(算数・理科を中心に)
事後学習(復習) フィールドワークの内容をまとめる。
第13週 事前学習(予習) フィールドワークの内容を考察しておくこと。
授業 学校フィールドワーク②についてのまとめ
事後学習(復習) 本時の内容を整理する。
第14週 事前学習(予習) 学習指導案の作成
授業 総合演習としての授業実践演習
事後学習(復習) 省察レポートの作成
第15週 事前学習(予習) 授業実践演習の省察し改善点についてまとめておくこと
授業 まとめ
事後学習(復習) 本時の内容を踏まえレポートを作成する。
備考 授業に出席するだけでは教育における高度な実践的指導力は身につきません。積極的に文献等を調べ予習と復習を行い、授業には受け身ではなく「問い」と「自分なりの考え」をもちながら積極的に参加してください。