トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

特別研究

科目名 特別研究
ナンバリング MH_D3_01
担当者 赤星 まゆみ
開設学科
専攻・コース
生活支援科学研究科 子ども学専攻
分類 研究演習 
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
佐賀 1年 通年 8単位 必修
授業の概要
及びねらい
近年の知識基盤社会が招来する様々な教育問題と子どもの育ちに関係する課題を取りあげ、学校(幼稚園・保育所等を含む)教育のあり方、親・地域のかかわり、教育方法とカリキュラム、内外の教育政策、生涯学習論等に関する研究指導を行う。
授業の
到達目標
1.グローバル化や高度情報化等の進む現代社会における教育(基礎教育)・保育や子育て、子育て支援に関する具体的な問題について、地域の独自な状況を踏まえるとともに、国際的な視野をもって省察する。
2.知識基盤社会の到来によりもたらされた学校等の変革への社会的要求・背景を熟考し、その問題解決の在り方を多角的な視点から深く追究する姿勢を持つ。
3.先行研究を十分に精査することを通して、自らの研究に関する問題意識を高め、研究テーマ、研究目的、及び研究方法を適切に定める。
4.研究計画を立てて、確実に研究作業を遂行する。
5.多方面からの研究レビューを得て、自らの課題意識を練磨しつつ、修士論文を作成する。
学習方法 計画・調査実施(文献調査等)・報告・討議を繰り返し、修士論文作成を指導する。
テキスト及び
参考書籍
基本的には、自ら検索を行い、必要な文献を探し出すこと。ただし、そのための助言は行う。
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率       5 5 5 5 5 5       5     10 5 20 20 10         100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験  
小テスト等  
宿題・授業外レポート 40
授業態度  
受講者の発表 40
授業の参加度 20
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習)
授業 1年次に30コマ、2年次に30コマ、合計60コマで教育学にかかわる研究を行う。
事後学習(復習) 国際的な視野をもって、幼児児童期の教育(基礎教育)や子育て、子育て支援に関する研究に取り組む。
第2週 事前学習(予習)
授業 <1年次> 先行研究調査・資料収集・研究枠組策定・調査実施と考察
事後学習(復習)   1.問題関心の整理、先行研究の調査、研究枠組・研究方法の検討と決定、研究計画の作成、
第3週 事前学習(予習)   予備調査の実施と発表を行う。
授業   2.研究枠組の見直し・修正と研究計画の修正を行い、研究を実施し、論文作成に着手する。
事後学習(復習)   3.研究着手にあたって、倫理的配慮について考慮する。
第4週 事前学習(予習)
授業 <2年次> データ分析と考察・レビュー・研究枠組修正・論文作成
事後学習(復習)   1.1年次の成果に基づき研究を発展させる。研究成果の中間発表、および学会発表等の成果公表を行い、
第5週 事前学習(予習)   フィードバックを受ける。
授業   2.それをもとに研究枠組を見直し、修正して、修士論文を完成させる。
事後学習(復習)   3.論文構成、論文表現、研究の到達点と結果の明確化・考察が修士論文に相応すること。
備考 自立した研究者・実践者をめざし、自主的に研究に取り組むこと。また、指導時には、十分に事前準備を行い、活発な討論が可能になるように協力すること。高い研究意欲と責任のある研究姿勢を期待する。また、研究者としての倫理観を身につけることが必要である。