トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

発達障害者教育総論

科目名 発達障害者教育総論
ナンバリング PC_B2_14
担当者 利光 恵
開設学科
専攻・コース
心理カウンセリング学科
分類 専門教育科目 専門基幹科目及び専門展開科目
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
佐賀 3年 前期 2単位 選択必修
授業の概要
及びねらい
特別支援教育の対象となる、LD、ADHD、自閉症スペクトラムといった子どもたちの実態とその特性について概説し、どのような教育的支援を行うべきかについて、近年の特別支援教育で実際に行われている指導方法を例に説明を行う。
授業の
到達目標
・発達障害それぞれの行動特徴を理解することができる。
・LD、ADHD、自閉症スペクトラムそれぞれの定義と判断基準を説明できる。
・LD、ADHD、自閉症スペクトラムの児童・生徒への教育的対応と指導方法について説明できる。
・通常学級内での発達障害児に対する教育的指導上の課題について、自らの意見を述べることができる。
・発達障害における二次障害発生の原因について説明できる。
・事例を通して、発達障害児とその関与者の困り感を感じ取ることができる。
・発達障害児に対し特別支援教育が果たす役割について理解できる。
学習方法 講義と地域体験学習を行う。DVD視聴による討議、小レポート作成、実践での実態把握学習を取り入れる。
テキスト及び
参考書籍
適宜資料を提示する。
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率                         20   10 20     15   15 10   10 100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験  
小テスト等  
宿題・授業外レポート 60
授業態度 20
受講者の発表  
授業の参加度 20
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) 発達障害という用語についてインターネットや書物を用いて調べておくこと
授業 発達障害とは何か
事後学習(復習) 授業の内容をもとに発達障害という概念について整理を行うこと
第2週 事前学習(予習) 学習障害(LD)という用語についてインターネットや書物を用いて調べておくこと
授業 LDの定義・判断基準
事後学習(復習) 授業の内容をもとにLDの定義・判断基準について整理を行うこと
第3週 事前学習(予習) LDを発見する特徴的行動についてインターネットや書物を用いて調べておくこと
授業 LDの実態把握のための観点
事後学習(復習) 授業の内容をもとにLDの実態把握のポイントについて整理を行うこと
第4週 事前学習(予習) LDへの教育的支援について1つインターネットや書物を用いて調べておくこと
授業 LDの児童・生徒への教育的対応と指導
事後学習(復習) 授業の内容をもとにLD児への教育的対応と指導について整理を行うこと
第5週 事前学習(予習) 注意欠陥多動障害(ADHD)という用語についてインターネットや書物を用いて調べておくこと
授業 ADHDの定義・判断基準
事後学習(復習) 授業の内容をもとにADHDの定義・判断基準について整理を行うこと
第6週 事前学習(予習) ADHDを発見する特徴的行動についてインターネットや書物を用いて調べておくこと
授業 ADHDの実態把握のための観点
事後学習(復習) 授業の内容をもとにADHDの実態把握のポイントについて整理を行うこと
第7週 事前学習(予習) ADHDへの教育的支援について1つインターネットや書物を用いて調べておくこと
授業 ADHDの児童・生徒への教育的対応と指導
事後学習(復習) 授業の内容をもとにADHD児への教育的対応と指導について整理を行うこと
第8週 事前学習(予習) 自閉症スペクトラム(ASD)という用語についてインターネットや書物を用いて調べておくこと
授業 ASDの定義・判断基準
事後学習(復習) 授業の内容をもとにASDの定義・判断基準について整理を行うこと
第9週 事前学習(予習) ASDを発見する特徴的行動についてインターネットや書物を用いて調べておくこと
授業 ASDの実態把握のための観点
事後学習(復習) 授業の内容をもとにASDの実態把握のポイントについて整理を行うこと
第10週 事前学習(予習) ASDへの教育的支援について1つインターネットや書物を用いて調べておくこと
授業 ASDの児童・生徒への教育的対応と指導
事後学習(復習) 授業の内容をもとにASD児への教育的対応と指導について整理を行うこと
第11週 事前学習(予習) 事前資料を読み通常学級におけるLD児に対する教育的指導・支援の特徴について熟読しておくこと
授業 通常学校における教育的指導・支援の実際(LDについて)
事後学習(復習) 授業の内容をもとにLD児に対する通常学級における取り組みについて整理を行うこと
第12週 事前学習(予習) 事前資料を読み通常学級におけるADHD児に対する教育的指導・支援の特徴について熟読しておくこと
授業 通常学校における教育的指導・支援の実際(ADHDについて)
事後学習(復習) 授業の内容をもとにADHD児に対する通常学級における取り組みについて整理を行うこと
第13週 事前学習(予習) 事前資料を読み療育における発達障害児に対する指導・支援の特徴について熟読しておくこと
授業 療育における指導・支援の実際(実践での実態把握)
事後学習(復習) 実践での体験内容をもとに発達障害児の実態把握について整理を行うこと
第14週 事前学習(予習) 発達障害児の保護者の心理的特性についてインターネットや書物を用いて調べておくこと
授業 発達障害児を有する保護者支援の実際
事後学習(復習) 実勢での体験内容をもとに発達障害児の保護者との関わりの留意点について整理を行うこと
第15週 事前学習(予習) これまでの授業の内容を見直し定義・専門語句について整理しておくこと
授業 まとめ
事後学習(復習) 授業の理解度を自己評価し理解が不十分な箇所を教科書やノートを用いて再学習すること
備考 ・この授業は「特別支援学校教員免許」必修科目です。
・地域の療育施設との連携を図りながら授業を展開していくため、授業計画に示したスケジュールはあくまでも予定であり、多少変更が生じることがあります。