トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

特別支援教育実習

科目名 特別支援教育実習
ナンバリング PC_B4_09
担当者 松田 次生
古川 勝也
開設学科
専攻・コース
心理カウンセリング学科
分類 資格科目 
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
神埼 4年 通年 2単位 選択
授業の概要
及びねらい
本授業は、各自が依頼した特別支援学校における学外実習である。それぞれの学校において2週間の教育実習を行う。
授業の
到達目標
1)実習校の概要を把握することができる。
2)実習校の児童・生徒の実態と学校の教育方針を理解することができる。
3)担当クラスの児童・生徒一人ひとりの障害特性を把握することができる。
4)担当クラスの児童・生徒とコミュニケーションをとることができるようになる。
5)児童・生徒の実態をふまえた上で、授業の学習指導案を作成することができる。
6)学習指導案に基づいて、授業に必要な教材を準備することができる。
7)研究授業(査定授業)を含めて、与えられた時間の授業をすることができる。
8)毎日の実習記録を書き、指導教員のアドバイスを理解することができる。
9)授業の振り返りをして、課題を見つけることができる。
学習方法 隣地教育(現場実習)
テキスト及び
参考書籍
なし
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率                                 30   30 30 10       100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験  
小テスト等  
宿題・授業外レポート  
授業態度  
受講者の発表  
授業の参加度  
その他                 100
実習校の評価 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) 「特別支援教育実習Ⅰ」で学んだことを踏まえて。実習校の実態を把握しておくこと
授業 観察実習、参加実習
事後学習(復習) 実習校の児童生徒の状況をよく把握し、指導の先生のアドバイスを確認する
第2週 事前学習(予習) 査定授業の準備をする
授業 参加実習、研究授業(査定授業)
事後学習(復習) 実習日誌の記載をとおして、実習の振り返りを行う
備考 ※一週間の中で、次のとおり事前・事後学習の時間(自習時間)を確保すること。
 講義1単位につき2時間、演習1単位につき1時間。
※課題(試験やレポート等)に対するフィードバックを行います。