トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

特別研究

科目名 特別研究
ナンバリング MH_D3_01
担当者 池田 久剛
開設学科
専攻・コース
生活支援科学研究科 臨床心理学専攻
分類 研究演習 
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
佐賀 1年 通年 8単位 必修
授業の概要
及びねらい
臨床心理学に関する客観性のある研究論文を作成できるよう、学生の興味・関心に基づいたディスカッションを中心に行う。
授業の
到達目標
自身の研究に必要な先行研究を集め、読み込み、理解する。
それらをふまえて、仮説を立て、それに基づいた、仮説を検証するために必要な研究の計画を立てる。
計画に基づき実験・調査等を行いデータを収集する。
得られたデータを分析し、考察を述べる。
以上のプロセスをふまえて修士論文を作成する。
学習方法 討議中心。
テキスト及び
参考書籍
適宜指示することもあるが、基本的には自身の研究テーマに沿った文献は自ら探し出すこと。
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率 5 5   5 5 5 15 10 5 5 10   5 5   5     15           100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験  
小テスト等  
宿題・授業外レポート  
授業態度 40
受講者の発表 30
授業の参加度 30
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習)
授業 1年次に30コマ、2年次に30コマ、合計60コマで臨床心理学に関する研究を行う。
事後学習(復習)
第2週 事前学習(予習)
授業 <1年次>・先行研究レビュー
事後学習(復習)
第3週 事前学習(予習)
授業 ・研究デザインの設計(予備調査施行)
事後学習(復習)
第4週 事前学習(予習)
授業 ・可能な限り、データ収集
事後学習(復習)
第5週 事前学習(予習)
授業 <2年次>・データ分析
事後学習(復習)
第6週 事前学習(予習)
授業 ・考察
事後学習(復習)
備考 ※一週間の中で、次のとおり事前・事後学習の時間(自習時間)を確保すること。
 講義1単位につき2時間、演習1単位につき1時間。
※課題(試験やレポート等)に対するフィードバックを行います。