トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

人間関係とコミュニケーション

科目名 人間関係とコミュニケーション
ナンバリング LW_I1_02
担当者 鍋島 恵美子
開設学科
専攻・コース
地域生活支援学科 食生活支援コース
地域生活支援学科 福祉生活支援コース
地域生活支援学科 多文化生活支援コース
分類 専門教育科目 選択科目
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
佐賀 1年 前期 2単位 選択必修
授業の概要
及びねらい
対人援助サービスを提供するには、利用者との信頼関係を築くことが重要であり、そのためには、専門職としての基本的な態度が求められる。この科目では、演習をとおして、援助者としての基本的態度(傾聴、受容、共感的理解など)を形成するためのコミュニケーション技術やあり方を習得する。
授業の
到達目標
1)自分自身を知る。
2)自分を表現することができる。
3)相手の立場に立って考えることができる。
4)利用者と信頼関係を樹立するためのコミュニケーション技法を習得する。
5)対人援助関係を創り出す能力を高める。
6)マッピングや記録の方法を理解する。
7)コミュニケーションを図るための機器などについて理解する。
学習方法 講義・演習(グループワーク・ロールプレイ) 、資料、ビデオ視聴など
テキスト及び
参考書籍
人間の理解 中央法規出版
【地域生活支援学科 食生活支援コース】
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率 10         10 10   10 10     10         10 20         10 100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 50
小テスト等  
宿題・授業外レポート  
授業態度 20
受講者の発表 10
授業の参加度 20
その他                  
 
合計 100
【地域生活支援学科 福祉生活支援コース】
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率 10         10 10   10 10     10         10 20         10 100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 50
小テスト等  
宿題・授業外レポート  
授業態度 20
受講者の発表 10
授業の参加度 20
その他                  
 
合計 100
【地域生活支援学科 多文化生活支援コース】
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率 10         10 10   10 10     10         10 20         10 100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 50
小テスト等  
宿題・授業外レポート  
授業態度 20
受講者の発表 10
授業の参加度 20
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) 自己紹介の内容、介護福祉士を目指した動機を考えておく。
授業 人間関係の心理(講義)自己自身を知る(自己紹介、社会福祉への動機を話す。)(演習)
事後学習(復習) グループワークを通して自分自身を振り返る。
第2週 事前学習(予習) テキストP104~P121を見ておくこと。
授業 人間関係の形成  ライフ・ヒストリーを用いて自己理解・他者理解を深める。(演習)
事後学習(復習) ファミリーマップの書き方を覚える。ライフ・ヒストリーをパワーポイントで仕上げる。
第3週 事前学習(予習) ライフ・ヒストリーの発表ができるよう練習する。
授業 ライフ・ヒストリーの発表
事後学習(復習) 自己理解・他者理解を深めることができたか再考する。
第4週 事前学習(予習) 価値観とは?について学んでおく。
授業 人間の理解  価値観について(演習)
事後学習(復習) 人間の価値観の相違、個別性について再考する。
第5週 事前学習(予習) 相手の立場を理解するためにはどうしたらいいかを考える。
授業 人間の理解  相手の立場に立つことができる。(演習)
事後学習(復習) 相手に理解できる言葉を使う、相手の思いを受け止めることができるか再考する。
第6週 事前学習(予習) 介護福祉士が対象とする人々について調べる。
授業 介護福祉士をめぐる人間関係(講義) 支援者としての人間関係について考える(演習)
事後学習(復習) 介護福祉士としてのコミュニケーションのあり方について再考する。
第7週 事前学習(予習) 敬語の種類、使い方について調べておく。
授業 対人関係におけるコミュニケーションとは(講義) 敬語について(講義・演習)
事後学習(復習) 敬語の課題について再考する。
第8週 事前学習(予習) テキストP122~P126まで読んでおく。
授業 コミュニケーションとは (講義)種類および一方向と双方向コミュニケーション(演習)
事後学習(復習) コミュニケーションを図るときの留意事項をまとめる。
第9週 事前学習(予習) テキストP126 ~P135まで読んでおく。
授業 コミュニケーションの目的と方法(講義・演習) 
事後学習(復習) 納得と自己決定について再考する。
第10週 事前学習(予習) テキストP136~143まで読んでおく。
授業 コミュニケーションを促す環境(講義・演習) 
事後学習(復習) 福祉施設・職種・職員間・家族におけるコミュニケーションについて要点をまとめる。
第11週 事前学習(予習) 非言語的コミュニケーションについて調べておく。P178
授業 コミュニケーションの技法(講義) 非言語的コミュニケーション 作品づくり(演習)
事後学習(復習) 非言語で作成した作品をまとめる。
第12週 事前学習(予習) 作品の発表の役割を決める。
授業 コミュニケーションの技法(講義) 非言語的コミュニケーション 作品発表(演習)
事後学習(復習) 非言語的コミュニケーションの作品づくりで学んだことを振り返る。
第13週 事前学習(予習) 障害形態別によるコミュニケーションの取り方について学ぶ。
授業 コミュニケーションの技法(講義) 機器等を用いたコミュニケーション(演習)
事後学習(復習) 障害別のコミュニケーションの図る方法について再考する。
第14週 事前学習(予習) テキストP162~P191を読んでおくこと。
授業 コミュニケーションの技法(講義) 介護現場におけるコミュニケーション(演習)
事後学習(復習) 介護現場のコミュニケーションのあり方について再考する。
第15週 事前学習(予習) 人間関係の形成について考察する。
授業 全体のまとめ
事後学習(復習) 介護福祉士としてコミュニケーションの技術の習得について振り返る。
備考 シラバスの内容変更や順不同になる場合があります。