トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

レクリエーション実習

科目名 レクリエーション実習
ナンバリング LW_I2_01
担当者 鍋島 恵美子
開設学科
専攻・コース
地域生活支援学科 食生活支援コース
地域生活支援学科 福祉生活支援コース
地域生活支援学科 多文化生活支援コース
分類 専門教育科目 選択科目
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
佐賀 1年 通年 2単位 選択必修
授業の概要
及びねらい
レクリエーション・インストラクター資格を取得するためには、日本レクリエーション協会、都道府県レクリエーション協会、市町村レクリエーション協会及び、同協会加盟団体等が主催又は後援する事業に3回以上参加することが必要である。
授業の
到達目標
1)レクリエーション協会の地域での活動を理解する。
2)行事・イベントへの参加を通して、公認指導者の役割を理解する。
3)体験を通してイベントを企画し、実施できる力を身に付ける。
学習方法 講義で学習したことを基本に、レク関係の団体が開催するイベントに参加し体験する。
テキスト及び
参考書籍
テキストはない。
【地域生活支援学科 食生活支援コース】
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率   20       10 20   20     20                       10 100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験  
小テスト等  
宿題・授業外レポート  
授業態度 50
受講者の発表  
授業の参加度 50
その他                  
 
合計 100
【地域生活支援学科 福祉生活支援コース】
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率   20       10 20   20     20                       10 100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験  
小テスト等  
宿題・授業外レポート  
授業態度 50
受講者の発表  
授業の参加度 50
その他                  
 
合計 100
【地域生活支援学科 多文化生活支援コース】
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率   20       10 20   20     20                       10 100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験  
小テスト等  
宿題・授業外レポート  
授業態度 50
受講者の発表  
授業の参加度 50
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) 開催される協会主催の事業がいつ行われるのか、参加費の有無など確認しておく。
授業 (1)日本レク協会、県レク協会(佐賀県)、市町村レク協会の主催事業に参加する。
事後学習(復習) レク活動の結果について振り返る。
第2週 事前学習(予習) 開催される協会に加盟する団体主催の事業がいつ行われるのか、参加費の有無など確認しておく。
授業 (2)日本レク協会、佐賀県レク協会に加盟する団体の主催事業に参加する。
事後学習(復習) レク活動の結果について振り返る。
第3週 事前学習(予習) 県レク協会が共催、後援、受託等で関係している事業の日時や参加費の有無など確認しておく。
授業 (3)行政や民間主催の事業で、佐賀県レク協会が共催、後援、受託等で関係している事業に参加する。
事後学習(復習) レク活動の結果について振り返る。
備考 ①現地で担当者に「事業参加」を申出て「履修カード」を提出し3時間以上実習を行う。終了時「履修カード」を受け取ること。②天候或いは主催者の都合により、終了時刻が早まる場合や、雨天でも実施することがあるので注意する。③「事業参加」にふさわしい服装で参加すること。④事前事後の指導を含め90時間に相当する活動を上記のとおり実施する。