トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

保育実習指導Ⅲ

科目名 保育実習指導Ⅲ
ナンバリング EC_E3_03
担当者 川邊 浩史
津上 佳奈美
開設学科
専攻・コース
幼児保育学科
分類 専門教育科目 選択科目
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
佐賀 2年 通年 1単位 選択必修
授業の概要
及びねらい
児童福祉施設等(保育所を除く)の実習の意義・目的、内容を理解し、課題を明確化する。また実習の計画、実践、観察、記録、評価の方法や内容について具体的に理解し、実習事後指導を通して新たな課題や学習目標を明確化する。
授業の
到達目標
1)児童福祉施設(保育所を除く)実習の目的と意義を述べることができる。
2)児童福祉施設の機能、生活の様子、一日の流れを説明することができる。
3)児童福祉施設の心得について述べることができる。
4)実習日誌の意義を述べることができる。
5)実習日誌の記録方法について説明できる(記入できる)。
6)実習先へのお礼状を書くことができる。
7)自らの実習体験を反省し、また、友人の体験を傾聴して、改めて自身の保育観を述べることができる。
学習方法 1)講義受講 2)実習体験を発表し合うことにより、自己省察を深める。
テキスト及び
参考書籍
関連する資料を配布する。
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率           10           10 20 10 10 10   10   10       10 100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験  
小テスト等  
宿題・授業外レポート 40
授業態度 20
受講者の発表 20
授業の参加度 20
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習)
授業 オリエンテーション、講義の内容と計画、施設実習の目的と意義について
事後学習(復習) シラバスに目を通す。
第2週 事前学習(予習) シラバスで保育実習Ⅰと保育実習Ⅲの到達目標について確認する。
授業 保育実習Ⅰ(施設)と保育実習Ⅲ(施設)の違いについて
事後学習(復習) 授業内容を整理する。
第3週 事前学習(予習) 自身の実習先について確認する。
授業 実習先訪問について① 訪問時の諸手続き
事後学習(復習) 手続きの期日やスケジュールを確認する。
第4週 事前学習(予習) スケジュールの確認をする。
授業 実習先訪問について② 書類の配布と説明
事後学習(復習) 各々の実習先に関係する書類について整理する。
第5週 事前学習(予習) 実際の実習先について調べる。
授業 実習先のオリエンテーションについて 連絡方法、確認事項 等
事後学習(復習) オリエンテーションの日程や準備物等について確認する。
第6週 事前学習(予習) 配布資料を読んで内容を確認する。
授業 施設別解説① 乳児院、児童養護施設
事後学習(復習) 授業内容を整理する。
第7週 事前学習(予習) 配布資料を読んで内容を確認する。
授業 施設別解説② 知的障害児の施設、肢体不自由児および重症心身障害児の施設
事後学習(復習) 授業内容を整理する。
第8週 事前学習(予習) 配布資料を読んで内容を確認する。
授業 施設別解説③ その他の施設
事後学習(復習) 授業内容を整理する。
第9週 事前学習(予習) 実際の実習先のこれまでの実習内容について確認する。
授業 実習日誌の意義の確認と記録方法
事後学習(復習) 授業内容を整理する。
第10週 事前学習(予習) 配布資料を読んで内容を確認する。
授業 自立支援計画について
事後学習(復習) 授業内容を整理する。
第11週 事前学習(予習) 実際の実習先の情報を整理する。
授業 実習直前の心得、オリエンテーションの内容報告
事後学習(復習) 共有できた情報を整理する。
第12週 事前学習(予習) 実習で使用した資料などを整理する。
授業 事後指導① 実習体験の報告
事後学習(復習) 共有した情報を整理する。
第13週 事前学習(予習) 整理した情報から重要と思われる点についてまとめておく。
授業 事後指導② レポート作成とディスカッション
事後学習(復習) ディスカッションした内容をもとにレポートを作成する。
第14週 事前学習(予習) 保育実習Ⅰの時のお礼状を見返しておく。
授業 事後指導③ 実習先へのお礼状の作成など
事後学習(復習) お礼状を作成して郵送しておく。
第15週 事前学習(予習) 実習前の自己課題を確認する。
授業 実習の総括と課題の明確化
事後学習(復習) 自己課題の達成度についてまとめる。
第16週 事前学習(予習) 実習指導Ⅲ全体を振り返るためにこれまでの資料等を確認する。
授業 実習の総括と課題の共有化
事後学習(復習) まとめのレポートを提出する。
備考 正当な理由なく保育実習指導を欠席した場合、保育所実習、施設実習に参加できません。