トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

保育実習指導Ⅱ

科目名 保育実習指導Ⅱ
ナンバリング EC_E3_02
担当者 中島 加奈
金丸 智美
開設学科
専攻・コース
幼児保育学科
分類 専門教育科目 選択科目
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
佐賀 2年 通年 1単位 選択必修
授業の概要
及びねらい
「保育実習Ⅰ(保育所・施設)」での学びを基盤に、「保育実習Ⅱ」に必要な専門知識・保育技術および態度を身につけることをねらいとする。実習の充実を図るため、実習の目的や内容を明確にし、課題意識を持って実習に取り組む態度を養う。実習後は振り返りを行い、自己課題を明らかにする。
授業の
到達目標
1)保育実習Ⅱの目的と意義について理解する
2)保育実習Ⅰでの体験をもとに保育実習Ⅱの目標を設定することができる
3)幼児の月齢や個人差に応じた援助・配慮について理解する
4)幼児の発達段階や興味関心に基づいて保育を立案・実践することができる
5)予想される幼児の活動に配慮し、十分な事前準備や教材研究を行うことができる
6)子どもの最善の利益を理解し、実践することができる
7)家庭とのコミュニケーションの実際とその方法を理解する
8)実習を振り返り、自己課題を明らかにすることができる
9)自身の保育観を持ち、今後の目標を設定することができる
学習方法 レジュメ・プリントを用い、講義と実習前後のオリエンテーションを行う
テキスト及び
参考書籍
テキスト:『学び続ける保育者を目指す実習の本-保育所・施設・幼稚園』萌文書林
     『保育所実習日誌』
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率           10 10   10     10 10 10 10 10     10         10 100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験  
小テスト等  
宿題・授業外レポート 30
授業態度 30
受講者の発表 10
授業の参加度 30
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習)
授業 オリエンテーション
事後学習(復習) 実習園の概要確認
第2週 事前学習(予習)
授業 保育実習Ⅱの意義・目的
事後学習(復習) 実習手続の確認
第3週 事前学習(予習)
授業 保育実習Ⅱの課題設定
事後学習(復習) 自己課題シート作成
第4週 事前学習(予習)
授業 実習園訪問時のマナーと心構え
事後学習(復習)
第5週 事前学習(予習)
授業 家庭との連携・地域との連携
事後学習(復習)
第6週 事前学習(予習)
授業 多様な保育ニーズの実際
事後学習(復習)
第7週 事前学習(予習)
授業 保育の計画と実際①(部分保育・全日保育)
事後学習(復習)
第8週 事前学習(予習) 幼児の月齢と発達課題の確認
授業 保育の計画と実際②(教材研究)
事後学習(復習)
第9週 事前学習(予習)
授業 保育の計画と実際③(部分指導案作成)
事後学習(復習) 部分指導案の完成
第10週 事前学習(予習) デイリープログラムの確認
授業 保育の計画と実際④(全日指導案作成)
事後学習(復習) 全日指導案の完成
第11週 事前学習(予習)
授業 保育の計画と実際⑤(指導案の検討)
事後学習(復習) 指導案作成(授業での学びをもとに)、教材作成
第12週 事前学習(予習) 実習園への提出書類の確認
授業 保育実習の心構え
事後学習(復習) 使用教材、準備物の確認
第13週 事前学習(予習)
授業 事後指導①(実習日誌の振り返り)
事後学習(復習) 振り返りシートの作成
第14週 事前学習(予習)
授業 事後指導②(グループディスカッション)
事後学習(復習)
第15週 事前学習(予習)
授業 事後指導③(自己課題の明確化、今後の目標設定)
事後学習(復習) 自己課題シートの作成
備考 保育実習指導Ⅰを受講済の者に限る。
保育実習Ⅱを希望する者を対象とする。本科目を未受講の場合、保育実習Ⅱの参加は認めない。