トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

教育・保育者論

科目名 教育・保育者論
ナンバリング EC_A2_03
担当者 春原 淑雄
開設学科
専攻・コース
幼児保育学科
分類 専門教育科目 必修科目
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
佐賀 2年 後期 2単位 必修
授業の概要
及びねらい
この授業では、教育・保育者の職務や役割、制度的位置づけなどの基礎的な知識について解説をしながら、今日求められる教育・保育者の専門性や資質について考えていきます。そして、教育・保育者として職務に就いた際の自己成長の持つ意味と社会的責任についての理解と自覚を養います。
授業の
到達目標
1)保育者の役割と倫理について理解する。
2)保育士と幼稚園教諭の制度的な違いを説明できる。
3)保育者の専門性について述べることができる。
4)保育者の協働について理解する。
5)保育者の専門職的成長について述べることができる。
6)これまでの講義・実習を振り返り、保育者としての課題を述べることができる。
学習方法 講義(テキストと適宜配布する資料にもとづいて行います)、演習(ペアおよびグループワーク)。
テキスト及び
参考書籍
秋田喜代美・西山薫・菱田隆昭(編)『今に生きる保育者論(第3版)』みらい
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率 5 5       10     20 5   10 20 10   10               5 100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験  
小テスト等 20
宿題・授業外レポート 50
授業態度 10
受講者の発表 10
授業の参加度 10
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) シラバスを読んで授業の概要について大まかに理解する。
授業 ガイダンス(授業の目的・計画・評価方法の説明、教育・保育者論で何を学ぶのか)
事後学習(復習) テキストを用意する。
第2週 事前学習(予習) テキスト第1章を事前に読んでおく
授業 保育者の仕事と役割(幼稚園教諭・保育所保育士・児童福祉施設保育士)
事後学習(復習) テキスト第1章「学びの確認」に取り組む
第3週 事前学習(予習) テキスト第2章を事前に読んでおく
授業 保育者になるための学び(教育・保育に対する態度の転換、幼稚園教諭免許と保育士資格)
事後学習(復習) テキスト第2章「学びの確認」に取り組む
第4週 事前学習(予習) テキスト第3章を事前に読んでおく
授業 保育者の専門性①(保育者に求められる資質)
事後学習(復習) テキスト第3章「学びの確認」に取り組む
第5週 事前学習(予習) テキスト第4章を事前に読んでおく
授業 保育者の専門性②(職場での協働、職場文化と同僚性、保育者の生涯発達)
事後学習(復習) テキスト第4章「学びの確認」に取り組む
第6週 事前学習(予習) テキスト第5章を事前に読んでおく
授業 子どもの育ちの危機と子育て支援(子どもの育ちの課題、子育て支援政策と保育者の役割)
事後学習(復習) テキスト第5章「学習の確認」に取り組む
第7週 事前学習(予習) テキスト第6章を事前に読んでおく
授業 現代社会の変化と保育者の仕事や課題(異文化理解教育、男女共同参画、特別支援教育)
事後学習(復習) テキスト第6章「学びの確認」に取り組む
第8週 事前学習(予習) テキスト第7章を事前に読んでおく
授業 保育者の職務と生活(職務の法的根拠、倫理、権利と研修)
事後学習(復習) テキスト第7章「学習の確認」に取り組む
第9週 事前学習(予習) テキスト第8章を事前に読んでおく
授業 日本の保育者の歴史①(明治~昭和[戦前])
事後学習(復習) 講義内容のポイントを確認する
第10週 事前学習(予習) テキスト第10章第1節を事前に読む
授業 日本の保育者の歴史①(昭和[戦後]~現代)
事後学習(復習) テキスト第8章「学習の確認」に取り組む
第11週 事前学習(予習) テキスト第10章第2節を事前に読む
授業 保育者の実態(統計資料から見る保育者の働き方)
事後学習(復習) 講義内容のポイントを確認する
第12週 事前学習(予習) 実習先の保育者の働く姿を思い出し、その様子を整理する
授業 教育・保育者の成長①(新人教師誕生)
事後学習(復習) 配布資料を整理する
第13週 事前学習(予習) 配布資料に目を通しておく
授業 教育・保育者の成長②(保育者のキャリア発達)
事後学習(復習) 配布資料を整理する
第14週 事前学習(予習) 配布資料に目を通しておく
授業 教育・保育者の成長③(保育者の危機とメンタルヘルス)
事後学習(復習) 配布資料にもとづき、第12~14週の講義内容のポイントを確認する
第15週 事前学習(予習) これまでのノートや配布した資料をまとめる
授業 まとめ
事後学習(復習) 授業の総まとめをし、課題作成に向けた準備を進める
備考 ※一週間の中で、次のとおり事前・事後学習の時間(自習時間)を確保すること。
 講義1単位につき2時間、演習1単位につき1時間。
※課題(試験やレポート等)に対するフィードバックを行います。