トップページ   »  授業科目(シラバス)  »  開講年度  »  学科・専攻・コース  »  シラバス一覧   »  授業科目(シラバス)

リハビリテーション学

科目名 リハビリテーション学
ナンバリング
担当者 大田尾 浩
開設学科
専攻・コース
看護学科
分類 専門教育科目 専門基礎科目
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
小城 3年 前期 2単位 選択
授業の概要
及びねらい
生活機能障害をもつ人に対し日常生活に添った援助方法について学ぶ。リハビリテーションにおける一連の回復過程を理解し、多様な生活機能障害への実践的な援助を長期的な視点による考えられることを目標とする。
実務経験に
関連する
授業内容
急性期・回復期・生活期におけるリハビリテーションの実務経験を持つ者が科目を担当する。リハビリテーションの臨床の実際場面を交えながら講義を行う。
授業の
到達目標
1.リハビリテーションとは何か説明できる。
2.生活機能障害を持つ人とその家族を理解できる。
3.回復過程とリハビリテーション看護の目的を説明できる。
4.各疾患と機能障害へのリハビリテーション看護の方法を理解できる。
5.リハビリテーション看護における倫理的諸問題を理解できる。
6.地域リハビリテーションの理念と課題を説明できる。
学習方法 テキストや配布資料等を用いて講義を行う。グループワークで知識の確認と様々な意見や考え方について学ぶ。
※新型コロナウイルス感染拡大状況により、授業の一部または全部を遠隔授業(ZOOM等)に切り替える場合があります。
テキスト及び
参考書籍
酒井郁子・金城利雄:リハビリテーション看護学、南江堂
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率 10 10 10 10 10 10     10   10   10     10                 100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験  
小テスト等 100
宿題・授業外レポート  
授業態度  
受講者の発表  
授業の参加度  
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) テキストP1~30を読んでおくこと。
授業 リハビリテーションとは
事後学習(復習) 講義中に課題を提示する。
第2週 事前学習(予習) テキストP31~48を読んでおくこと。
授業 リハビリテーション医療に必要なチームアプローチ
事後学習(復習) 講義中に課題を提示する。
第3週 事前学習(予習) テキストP49~66を読んでおくこと。
授業 生活機能障害のある人とその家族の理解
事後学習(復習) 講義中に課題を提示する。
第4週 事前学習(予習) テキストP67~84を読んでおくこと。
授業 リハビリテーション看護の展開に必要な概念と理論
事後学習(復習) 講義中に課題を提示する。
第5週 事前学習(予習) テキストP115~154を読んでおくこと。
授業 リハビリテーション看護の目的と方法
事後学習(復習) 講義中に課題を提示する。
第6週 事前学習(予習) テキストP155~180を読んでおくこと。
授業 回復過程とリハビリテーション看護
事後学習(復習) 講義中に課題を提示する。
第7週 事前学習(予習) テキストP155~180を読んでおくこと。
授業 回復過程とリハビリテーション看護2
事後学習(復習) 講義中に課題を提示する。
第8週 事前学習(予習) テキストP181~309を読んでおくこと。
授業 生活機能障害とリハビリテーション看護(脳卒中)
事後学習(復習) 講義中に課題を提示する。
第9週 事前学習(予習) テキストP186~205を読んでおくこと。
授業 生活機能障害とリハビリテーション看護(脊髄損傷)
事後学習(復習) 講義中に課題を提示する。
第10週 事前学習(予習) テキストP181~309を読んでおくこと。
授業 生活機能障害とリハビリテーション看護(大腿骨近位部骨折)
事後学習(復習) 講義中に課題を提示する。
第11週 事前学習(予習) テキストP181~309を読んでおくこと。
授業 生活機能障害とリハビリテーション看護(摂食嚥下障害,排泄機能障害))
事後学習(復習) 講義中に課題を提示する。
第12週 事前学習(予習) テキストP181~309を読んでおくこと。
授業 生活機能障害とリハビリテーション看護(心身障害)
事後学習(復習) 講義中に課題を提示する。
第13週 事前学習(予習) テキストP313-318を読んでおくこと。
授業 リハビリテーション看護における倫理的諸問題
事後学習(復習) 講義中に課題を提示する。
第14週 事前学習(予習) テキストP319~362を読んでおくこと。
授業 リハビリテーション看護のシステム化と発展を目指して
事後学習(復習) 講義中に課題を提示する。
第15週 事前学習(予習) テキストを読んでおくこと。
授業 まとめと総括
事後学習(復習) 講義中に課題を提示する。
※事前・事後学習の時間は、講義科目は各90分、演習・実験・実習科目は各30分を原則とする。
※課題(試験やレポート等)に対するフィードバックを行います。
備考 小テストは次の週の講義で返却し,ディスカッションを加えて理解を深める。
授業計画は進度に応じて変更がでる場合があります。