トップページ   »  授業科目(シラバス)  »  開講年度  »  学科・専攻・コース  »  シラバス一覧   »  授業科目(シラバス)

中国語

科目名 中国語
ナンバリング CE_E1_06
担当者 アイネル・バラティ
開設学科
専攻・コース
健康栄養学科
社会福祉学科
スポーツ健康福祉学科
リハビリテーション学科 理学療法学専攻
リハビリテーション学科 作業療法学専攻
子ども学科
心理カウンセリング学科
看護学科
分類 共通教育科目 選択科目
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
神埼 1年 前期 1単位 選択(健康栄養学科・リハビリテーション学科 理学療法学専攻・リハビリテーション学科 作業療法学専攻・子ども学科・心理カウンセリング学科・看護学科)
選択必修(社会福祉学科・スポーツ健康福祉学科)
授業の概要
及びねらい
中国語の基礎的力を身につけ、簡単な中国語の文章を理解し、話せるようになることを目標とする。
社会人としての汎用的能力として中国語を読み、書き、話すことができるようにする。
実務経験に
関連する
授業内容
授業の
到達目標
1)中国語の発音を身につける。
2)中国で用いられている漢字(簡体字)を読み書きできる。
3)中国語の基本的な文法を理解できる。
4)簡単な中国語を話すことができる。

授業中、発音・暗唱・練習問題への回答を要求することがあります。
発音や暗唱する時にはきちんと声を出し、練習問題にも積極的に回答することが望ましいです。
学習方法 講義。テキストおよび視聴覚教材等に基づいて学習を行います
※新型コロナウイルス感染拡大状況により、授業の一部または全部を遠隔授業(ZOOM等)に切り替える場合があります。
テキスト及び
参考書籍
テキスト:方如偉、王智新、鐙谷一 『「新版」中国語10課』(白水社)
参考書:『中日辞典』(小学館)などの辞書類。電子辞書も可。
【健康栄養学科】
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率 10   5   3 2 80                                   100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 60
小テスト等  
宿題・授業外レポート  
授業態度 10
受講者の発表 5
授業の参加度 25
その他                  
 
合計 100
【社会福祉学科】
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率 10   5   3 2 80                                   100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 60
小テスト等  
宿題・授業外レポート  
授業態度 10
受講者の発表 5
授業の参加度 25
その他                  
 
合計 100
【スポーツ健康福祉学科】
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率 10   5   3 2 80                                   100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 60
小テスト等  
宿題・授業外レポート  
授業態度 10
受講者の発表 5
授業の参加度 25
その他                  
 
合計 100
【リハビリテーション学科】
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率 10   5   3 2 80                                   100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 60
小テスト等  
宿題・授業外レポート  
授業態度 10
受講者の発表 5
授業の参加度 25
その他                  
 
合計 100
【子ども学科】
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率 10   5   3 2 80                                   100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 60
小テスト等  
宿題・授業外レポート  
授業態度 10
受講者の発表 5
授業の参加度 25
その他                  
 
合計 100
【心理カウンセリング学科】
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率 10   5   3 2 80                                   100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 60
小テスト等  
宿題・授業外レポート  
授業態度 10
受講者の発表 5
授業の参加度 25
その他                  
 
合計 100
【看護学科】
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率 10   5   3 2 80                                   100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 60
小テスト等  
宿題・授業外レポート  
授業態度 10
受講者の発表 5
授業の参加度 25
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) テキスト「入門」と「発音」を読んでおくこと。
授業 声調、単母音
事後学習(復習) 母音を声に出して何度も発音練習する。ピンインが読めるようにする
第2週 事前学習(予習) テキスト「発音」を読んでおくこと。特に子音を読んでおくこと。
授業 子音
事後学習(復習) 子音を声に出して何度も発音練習する。講義内容をできるまで見直すこと。
第3週 事前学習(予習) テキスト「発音」を読んでおくこと。特に複母音を読んでおくこと。
授業 複母音
事後学習(復習) 複母音」を声に出して何度も発音練習する。講義内容をできるまで見直すこと。
第4週 事前学習(予習) テキスト「発音」を読んでおくこと。特に鼻母音(n,ngを伴う母音)を読んでおくこと。
授業 鼻母音(n,ngを伴う母音)
事後学習(復習) 講義内容をできるまで見直すこと。
第5週 事前学習(予習) すでに学習した授業内容「発音」を確認して、第1課を読んでおくこと。
授業 第1課 人称代名詞、「是」の文、一般疑問文
事後学習(復習) 講義内容をできるまで見直すこと。
第6週 事前学習(予習) テキスト第2課に目を通し、新出語句の意味を確認しておくこと。
授業 第2課 自己紹介、これ・それ・あれの言い方、疑問詞の「何」、「的」の用法
事後学習(復習) 講義内容をできるまで見直すこと。
第7週 事前学習(予習) テキスト第3課に目を通し、新出語句の意味を確認しておくこと。
授業 第3課 形容詞の文、「それとも」、「あまり…ではない」「どうですか」
事後学習(復習) 講義内容をできるまで見直すこと。
第8週 事前学習(予習) テキスト第4課に目を通し、新出語句の意味を確認しておくこと。
授業 第4課 「是」の文、数の数え方、月・日・曜日の言い方
事後学習(復習) 講義内容をできるまで見直すこと。
第9週 事前学習(予習) テキスト第5課に目を通して、新出語句の意味を確認しておくこと。
授業 第5課 動詞の文、進行を表す「在」、時刻の言い方、「的」の省略
事後学習(復習) 講義内容をできるまで見直すこと。
第10週 事前学習(予習) テキスト第6課に目を通し、新出語句の意味を確認しておくこと。
授業 第6課 所有・存在の「有」、存在の「在」、ここ・そこ・あそこ、場所の言い方 
事後学習(復習) 講義内容をできるまで見直すこと
第11週 事前学習(予習) テキスト第7課に目を通し、新出語句の意味を確認しておくこと。
授業 第7課 「…したい」「…してください」「あまり…だ」、反復疑問文、量詞
事後学習(復習) 講義内容をできるまで見直すこと。
第12週 事前学習(予習) テキスト第8課に目を通し、新出語句の意味を確認しておくこと。
授業 第8課 「…できる」、「好きである」、「少し…」
事後学習(復習) 講義内容をできるまで見直すこと。
第13週 事前学習(予習) テキスト第9課に目を通し、新出語句の意味を確認しておくこと。
授業 第9課 「…したことがある」、「好」の用法、 「ちょっと・少し」
事後学習(復習) 講義内容をできるまで見直すこと
第14週 事前学習(予習) テキスト第10課に目を通し、新出語句の意味を確認しておくこと。
授業 第10課  料理を注文する慣用句、「…ために」、「…を祈る」
事後学習(復習) 講義内容をできるまで見直すこと。
第15週 事前学習(予習) これまでの講義内容を見直し、理解できていないところを自分で把握しておくこと。
授業 これまでの講義内容を復習し、理解できていないところを補完する。
事後学習(復習) これまでの講義内容をできるまで見直すこと。
※事前・事後学習の時間は、講義科目は各90分、演習・実験・実習科目は各30分を原則とする。
※課題(試験やレポート等)に対するフィードバックを行います。
備考 授業計画の各回の内容はあくまで予定であり、進度に応じて変更する可能性があります。
授業中の私語や携帯電話・スマートフォンの使用は禁止します。