トップページ   »  授業科目(シラバス)  »  開講年度  »  学科・専攻・コース  »  シラバス一覧   »  授業科目(シラバス)

教育課程論

科目名 教育課程論
ナンバリング PC_B2_20
担当者 赤星 まゆみ
開設学科
専攻・コース
健康栄養学科
看護学科
社会福祉学科
スポーツ健康福祉学科
分類 資格科目 専門教育科目
関連する
資格・免許
栄養教諭一種免許状 養護教諭一種免許状
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
神埼 2年 後期 1単位 選択(健康栄養学科・看護学科)
選択必修(社会福祉学科・スポーツ健康福祉学科)
授業の概要
及びねらい
本授業では、学問の専門性をもって主体的に社会に貢献する視点と能力を育むことができるように、現代社会における学校教育をめぐる世界的な動向を踏まえ、学校において生徒はどのような学びを実現するのか、その枠組みを定めるカリキュラムと教育課程の基準に関する基本的な検討を行う。具体的には、学力と学習評価、学校等における教育課程の意義と編成原理、カリキュラム・マネジメント(教育計画と評価)等の基本的知識について扱い、それらを法的基準(学習指導要領等)に即して裏付けることにより、受講者が教師として求められる知識と技術を確実に習得することを促す。
実務経験に
関連する
授業内容
授業の
到達目標
1.近年の学力問題に関心を持ち、それを自分の課題として複眼的に考え、討論できる。
2.学校等の教育課程の仕組みを法的な枠組みにおいて理解することができる。
3.教育課程の意義を説明できる。また、わが国の教育課程の基準について理解し、具体的に説明できる。
4.教育課程の内容の選択基準、編成方法について理解する。
5.学校等におけるカリキュラムマネジメントの意義を理解する。
6.生徒の育ちと学びを支えるカリキュラムのあり方について多様な視点から検討することによって、問題意識を喚起し、解決に向けた自分なりの考えをもつ。
学習方法 講義形式を中心とするが、テキスト・配付資料等による事前学習に基づいた議論点の提示・内容の深化を中心とした反転学習として授業を実施する。可能な限り、多様な形での討議・グループワークを取り入れる。原則として、遠隔授業と学修ポートフォリオによる課題提出の形式で行い、受講者自身による学習経過の継続的な自己評価を取り入れる。
テキスト及び
参考書籍
『人間教育をめざしたカリキュラム創造』ミネルヴァ書房、及び『中学校学習指導要領解説 総則編』または『高等学校学習指導要領解説 総則編』
参考書は、適宜、指示する。必要に応じて資料を配付する
【健康栄養学科】
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率 10 10 10 30 5 5 10 10 10                               100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 40
小テスト等  
宿題・授業外レポート 60
授業態度  
受講者の発表  
授業の参加度  
その他                  
授業に向かう態度は総合的評価として加味する。 
合計 100
【看護学科】
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率 10 10 10 30 5 5 10 10 10                               100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 40
小テスト等  
宿題・授業外レポート 60
授業態度  
受講者の発表  
授業の参加度  
その他                  
授業に向かう態度は総合的評価として加味する。 
合計 100
【社会福祉学科】
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率 10 10 10 30 5 5 10 10 10                               100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 40
小テスト等  
宿題・授業外レポート 60
授業態度  
受講者の発表  
授業の参加度  
その他                  
授業に向かう態度は総合的評価として加味する。 
合計 100
【スポーツ健康福祉学科】
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率 10 10 10 30 5 5 10 10 10                               100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 40
小テスト等  
宿題・授業外レポート 60
授業態度  
受講者の発表  
授業の参加度  
その他                  
授業に向かう態度は総合的評価として加味する。 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) シラバス・テキストの確認、シラバスを基に学習目標を検討する。ノート準備。事前課題を提出する。
授業 ガイダンス(授業の目的、内容、方法,学習計画)―現代の教育課題について考える
事後学習(復習) 配付資料の整理、学習計画の作成、事後課題の提出
第2週 事前学習(予習) PISA調査が求める学力に関する事前課題の提出(テキスト・配付資料等)
授業 1-1. 現代の教育課題(1): PISA調査が求める学力(第7章)
事後学習(復習) 配付資料の整理、授業内容の整理によるノート作成、事後課題の提出
第3週 事前学習(予習) 資質・能力に関する事前課題の提出(テキスト・配付資料等)
授業 1-2. 現代の教育課題(2): 資質・能力を基盤とした教育(第2章)
事後学習(復習) 配付資料の整理、授業内容の整理によるノート作成、事後課題の提出
第4週 事前学習(予習) 現代の子どもに必要なカリキュラムに関する事前課題の提出(テキスト・配付資料等)
授業 1-3. 現代の教育課題(3):現代の子どもに必要なカリキュラム(世界的動向)(第7章)
事後学習(復習) 配付資料の整理、授業内容の整理によるノート作成、事後課題の提出
第5週 事前学習(予習) 評定に関する事前課題の提出(テキスト・配布資料等参考)
授業 2-1. 日本の教育課程(1):「学力かゆとりか」 ― 評定 /ポートフォリオ(第1章)(第5章)
事後学習(復習) 配付資料の整理、授業内容の整理によるノート作成、事後課題の提出
第6週 事前学習(予習) カリキュラムマネジメントに関する事前課題の提出(テキスト・配布資料等参考)
授業 2-2. 日本の教育課程(2):カリキュラムマネジメント(第3章)(第4章)
事後学習(復習) 配付資料の整理、授業内容の整理によるノート作成、事後課題の提出
第7週 事前学習(予習) 学習のまとめに関する事前課題の提出(テキスト・配付資料等)
授業 まとめ /試験
事後学習(復習) 試験に関する振り返りの提出
第8週 事前学習(予習) 試験以外の自己評価集計、学習のまとめと振り返りの提出
授業 ふりかえり(学習上の論点と解説、今後の課題)/自己評価
事後学習(復習) 学習内容の再確認と整理、自己の学習課題の析出をもとに総括自己評価の提出
※事前・事後学習の時間は、講義科目は各90分、演習・実験・実習科目は各30分を原則とする。
※課題(試験やレポート等)に対するフィードバックを行います。
備考 1. 中学校教諭、高等学校教諭、栄養教諭、養護教諭の教員免許状取得に必修である。
2. 事前学習及び学習課題等に関する具体的な指示を記載した詳細な授業計画表を授業開始時に配付する。
3. 授業は事前課題の提出を受けて行う反転学習方式を準用する。事前学習には基本的に教科書を用いる。授業後にも学習を総括・発展させる課題を出す。これらの課題提出はすべて学修ポートフォリオにて行う。メール添付等、指示外の方法による課題提出は認められない。
4. 学習の自律と客観化を目指し、学習活動の自己評価を課す。自己評価はすべての回の課題に対して行うものである。自己評価の方法は授業時に具体的に指導する。学習の到達度と共に、適切な自己評価の実施、自己評価を通してみられる学習意欲・態度、積極的な学習行為は、授業者による全体的な評価の対象である。課題提出と自己評価のいずれも授業者によるフィードバックを受ける。なお、具体的な指導事項は授業の中で全体に向けて説明する。とくに、最終回の授業は試験のフィードバックと振り返りを行い、受講者の学習の定着を図る。