トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

精神保健福祉援助実習指導Ⅰ

科目名 精神保健福祉援助実習指導Ⅰ
ナンバリング
担当者 占部 尊士
開設学科
専攻・コース
社会福祉学科
分類 専門教育科目 学科専門科目
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
神埼 3年 後期 2単位 選択必修
授業の概要
及びねらい
精神科病院や、社会復帰施設などの精神保健福祉の現場で実習を行うことを前提として、施設見学やグループワーク、視聴覚教材による事前学習を展開する。実習に臨む時に持つべき最低限の知識や、実習生に求められる姿勢、心構えなどについて学習させる。
実務経験に
関連する
授業内容
医療機関にて精神科ソーシャルワーカーとして実務に携わった教員が実践的な学びを提供する。
授業の
到達目標
①専門職を目指す学生として実習にいく動機を高める。
②自己理解や他者理解のために、必要な自己表現ができる。
③精神科病院などでの精神保健福祉士の役割が理解できる。
④精神保健福祉士の地域援助について理解できる。
⑤主体的に考え行動できるようになる。
⑥他者との協働ができるようになる。
⑦社会に期待されている学生像が想像できるようになる。
学習方法 講義・施設見学・4年生の実習報告会出席など
※新型コロナウイルス感染拡大状況により、授業の一部または全部を遠隔授業(ZOOM等)に切り替える場合があります。
テキスト及び
参考書籍
最新 精神保健福祉士養成講座8 ソーシャルワーク実習指導・ソーシャルワーク実習[精神専門] 中央法規出版
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率                         30   20     10   10     30   100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験  
小テスト等  
宿題・授業外レポート 50
授業態度 30
受講者の発表 20
授業の参加度  
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) 実習に向けての自身の考えをまとめておく
授業 実習のオリエンテーション
事後学習(復習) オリエンテーション内容の確認
第2週 事前学習(予習) 社会福祉援助実習の資料持参
授業 実習に係る義務と権利について
事後学習(復習) 講義内容を振り返り、理解を深める
第3週 事前学習(予習) 社会福祉援助実習の資料持参
授業 実習生としての基本姿勢とは
事後学習(復習) 講義内容を振り返り、理解を深める
第4週 事前学習(予習) 報告会で質問すべき内容などを事前に考えておくこと
授業 実習報告会出席
事後学習(復習) 講義内容を振り返り、理解を深める
第5週 事前学習(予習) 報告会で質問すべき内容などを事前に考えておくこと
授業 実習報告会出席
事後学習(復習) 講義内容を振り返り、理解を深める
第6週 事前学習(予習) 報告会で質問すべき内容などを事前に考えておくこと
授業 実習報告会出席
事後学習(復習) 講義内容を振り返り、理解を深める
第7週 事前学習(予習) 報告会で質問すべき内容などを事前に考えておくこと
授業 実習報告会出席
事後学習(復習) 講義内容を振り返り、理解を深める
第8週 事前学習(予習) 課題レポート提出準備
授業 実習にかかる事例検討1
事後学習(復習) 事例について理解を深める
第9週 事前学習(予習) 課題レポート提出準備
授業 実習にかかる事例検討2
事後学習(復習) 課題レポート提出準備
第10週 事前学習(予習) 課題レポート提出準備
授業 実習にかかる事例検討3
事後学習(復習) 課題レポート提出準備
第11週 事前学習(予習) 課題レポート提出準備、社会福祉実習の自己評価
授業 実習先選考についてガイダンス
事後学習(復習) 実習先について情報を収集し、希望先を決める
第12週 事前学習(予習) 課題レポート提出準備
授業 実習先の決定
事後学習(復習) 実習機関の情報収集
第13週 事前学習(予習) 課題レポート提出準備
授業 実習の目的、自己紹介文作成1
事後学習(復習) 課題レポート
第14週 事前学習(予習) 課題レポート提出準備
授業 実習の目的、自己紹介文作成2
事後学習(復習) 課題レポート
第15週 事前学習(予習) 課題レポート提出準備
授業 春休み中に取り組むべき課題について
事後学習(復習) これまでの振り返り
※事前・事後学習の時間は、講義科目は各90分、演習・実験・実習科目は各30分を原則とする。
※課題(試験やレポート等)に対するフィードバックを行います。
備考 授業計画の各週の内容は、授業で取り上げる主な事項を示しています。授業計画はあくまで予定であり、進度に応じて変更が出る場合があります。
配布資料などにおいて特別な配慮が必要な場合は、事前に申し出てください。精神保健福祉に関する専門的な用語の理解が必須となりますので、日本語能力などにおいては事前にご相談ください。
授業回数の3分の2以上出席していない場合は、受講したことになりません。成績評価を受けられず最終評価試験の受験資格も認められません。再試験の受験なども認められません。遅刻3回は、欠席1回と見なします。授業開始30分までを遅刻と認め、30分を超えた場合は欠席とします。60分以上の授業参加で出席と見なします。
※一週間の中で、次のとおり事前・事後学習の時間(自習時間)を確保すること。
 講義1単位につき2時間、演習1単位につき1時間。
※課題(試験やレポート等)に対するフィードバックを講義中にて行います。
※新型コロナウイルス感染拡大状況により、授業の一部または全部を遠隔授業(ZOOM等)に切り替える場合があります。
※社会福祉援助実習指導Ⅲと並行受講すること
※4年次の精神保健福祉援助実習Ⅱ・Ⅲ及び精神保健福祉援助実習を履修する学生は必修となります。