トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

障害者・障害児心理学

科目名 障害者・障害児心理学
ナンバリング PC_B2_07
担当者 利光 恵
開設学科
専攻・コース
心理カウンセリング学科
分類 専門教育科目 専門基幹科目及び専門展開科目
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
佐賀 3年 前期 2単位 必修
授業の概要
及びねらい
はじめにICFの考え方を踏まえ、障害の概念を解説する。そして主な障害についてその特性と発達的特徴を概観し、架空事例を用いて心理的支援の展開について説明を行う。後半では、障害児の家族への心理的支援や、専門家間の連携の在り方について講義を行う。
実務経験に
関連する
授業内容
授業者は、30年以上各障害児・者の臨床実践を実施してきた。
実践で得た臨床的知見を、授業の中で教示していく。
授業の
到達目標
・「障害」をICFの考え方を基礎に、心身機能・身体構造、活動、参加の3つのレベルと、それらに影響を与える環境因子・個人因子も含め、総合的に捉え理解することができる。
・各障害特性や発達状況、環境に応じて心理学的支援をどのように提供するのか、架空事例を通して理解することができる。
学習方法 講義形式(討議・ビデオ視聴を含む)で行う。レポートを適宜課す。
テキスト及び
参考書籍
障害者心理学(太田信夫/柿澤敏文)北大路書房を使用します。
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率                         10 15 5 5 15 15 5 10 5 10 5   100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 70
小テスト等 20
宿題・授業外レポート  
授業態度  
受講者の発表 10
授業の参加度  
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) シラバスを読み、授業展開について理解しておくこと。
授業 障害者心理学の意義と目的
事後学習(復習) 障害者心理学とはどういった学びなのか、授業内容を振り返りまとめておくこと。
第2週 事前学習(予習) ICFの中で「障害」がどう捉えられているかインターネットや書籍を用いて調べておくこと。
授業 「障害」とは何か?:ICFの考え方から学ぶ
事後学習(復習) ICF以前とICFの「障害」の捉え方の違いについて整理すること。
第3週 事前学習(予習) 教科書の「第2章 視覚障害の心理とその支援」について熟読しておくこと。
授業 視覚障害の心理とその支援について
事後学習(復習) 教科書を振り返り、本日の範囲内をまとめておくこと。
第4週 事前学習(予習) 教科書の「聴覚障害の心理とその支援」について熟読しておくこと。
授業 聴覚障害の心理とその支援について
事後学習(復習) 教科書を振り返り、本日の範囲内をまとめておくこと。
第5週 事前学習(予習) 教科書の「音声・言語障害の心理とその特性」について熟読しておくこと。
授業 音声・言語障害の心理とその特性について
事後学習(復習) 教科書を振り返り、本日の範囲内をまとめておくこと。
第6週 事前学習(予習) 教科書の「知的障害の心理とその支援」について熟読しておくこと。
授業 知的障害の心理とその支援について
事後学習(復習) 教科書を振り返り、本日の範囲内をまとめておくこと。
第7週 事前学習(予習) 教科書の「自閉スペクトラム症の心理とその特性」について熟読しておくこと。
授業 自閉スペクトラム症の心理とその特性について
事後学習(復習) 教科書を振り返り、本日の範囲内をまとめておくこと。
第8週 事前学習(予習) 教科書の「学習障害の心理とその特性」について熟読しておくこと。
授業 学習障害の心理とその特性について
事後学習(復習) 教科書を振り返り、本日の範囲内をまとめておくこと。
第9週 事前学習(予習) 教科書の「注意欠如・多動症の心理とその特性」について熟読しておくこと。
授業 注意欠如・多動症の心理とその特性について
事後学習(復習) 教科書を振り返り、本日の範囲内をまとめておくこと。
第10週 事前学習(予習) 教科書の「情緒障害の心理とその支援」について熟読しておくこと。
授業 情緒障害の心理とその支援について
事後学習(復習) 教科書を振り返り、本日の範囲内をまとめておくこと。
第11週 事前学習(予習) 教科書の「肢体不自由の心理とその支援」について熟読しておくこと。
授業 肢体不自由の心理とその支援について
事後学習(復習) 教科書を振り返り、本日の範囲内をまとめておくこと。
第12週 事前学習(予習) 教科書の「健康障害の心理とその支援」について熟読しておくこと。
授業 健康障害の心理とその支援について
事後学習(復習) 教科書を振り返り、本日の範囲内をまとめておくこと。
第13週 事前学習(予習) 教科書の「重度・重複障害の心理とその支援」について熟読しておくこと。
授業 重度・重複障害の心理とその支援について
事後学習(復習) 教科書を振り返り、本日の範囲内をまとめておくこと。
第14週 事前学習(予習) 障害児・者の親、家族支援についてインターネットや書籍を用いて調べておくこと。
授業 障害児の親・家族の支援について
事後学習(復習) 授業を振り返り、本日の範囲内をまとめておくこと。
第15週 事前学習(予習) これまでの授業範囲の振り返りを行うこと。
授業 全授業のまとめ
事後学習(復習)
※事前・事後学習の時間は、講義科目は各90分、演習・実験・実習科目は各30分を原則とする。
※課題(試験やレポート等)に対するフィードバックを行います。
備考 ・受講中の携帯電話の操作、私語、その他他の受講生の受講を妨げる行為を行った場合、受講を制限することがあります。。
※一週間の中で、次のとおり事前・事後学習の時間(自習時間)を確保すること。
 講義1単位につき2時間、演習1単位につき1時間。
※課題(試験やレポート等)に対するフィードバックを行います。