トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

音楽表現指導法

科目名 音楽表現指導法
ナンバリング CS_D2_24
担当者 櫻井 琴音
開設学科
専攻・コース
子ども学科
分類 専門教育科目 専門展開科目
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
佐賀 2年 前期 2単位 選択必修
授業の概要
及びねらい
視聴覚教材等を用いて保育所や幼稚園における様々な音楽表現活動例を紹介する。幼児期の子どもの発達に応じた音楽表現活動の内容及び指導法について学習するとともに、グループ活動や様々な音楽活動への取り組みを通して、音楽表現活動の実践力を育成する。
授業の
到達目標
1)子どもの生活の中における音楽活動の位置づけを理解する。
2)歌唱、動き、器楽、鑑賞の活動に取り組むことを通して、幼児期の音楽活動の在り方を理解する。
3)音楽活動を実践する際に必要となる曲のレパートリーや楽器の奏法等の知識を身に付ける。
4)様々な角度から教材を探ることができる。
5)音楽表現活動における保育者の役割を理解する。

学習方法 講義、演習、実技
テキスト及び
参考書籍
村上、櫻井、上谷編著『子どもの発達と音楽表現』学文社
小林美実編『こどものうた200』チャイルド本社
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率       10                         10 30 30 10     10   100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 50
小テスト等 30
宿題・授業外レポート 20
授業態度  
受講者の発表  
授業の参加度  
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) テキストの第1章を読んでおくこと。
授業 乳幼児の心身の発達、子どもの生活と音楽表現
事後学習(復習) 授業の要点をまとめる。
第2週 事前学習(予習) テキストの第13章を読んでおくこと。
授業 幼児の音楽教育に影響を与えた教育者が提唱した教育法
事後学習(復習) 授業の要点をまとめる。
第3週 事前学習(予習) テキスト第2章を読んでおくこと。
授業 音楽の基礎的な要素と音楽表現
事後学習(復習) 授業の要点をまとめる。
第4週 事前学習(予習) テキスト第3章を読んでおくこと。
授業 3歳未満児の発達と音楽表現
事後学習(復習) 授業の要点をまとめる。
第5週 事前学習(予習) 前週の学習内容の復習をしておくこと。
授業 3歳以上児の発達と音楽表現
事後学習(復習) 授業の要点をまとめる。
第6週 事前学習(予習) テキストの第5章を読んでおくこと。
授業 歌う活動について考えてみよう。
事後学習(復習) 授業の要点をまとめる。
第7週 事前学習(予習) テキストの第6章を読んでおくこと。
授業 歌う活動の援助について考えてみよう。
事後学習(復習) 授業の要点をまとめる。
第8週 事前学習(予習) テキストの第9章を読んでおくこと。
授業 動く活動について考えてみよう。
事後学習(復習) 授業の要点をまとめる。
第9週 事前学習(予習) テキストの第10章を読んでおくこと。
授業 動く活動にあった援助について考えてみよう。
事後学習(復習) 授業の要点をまとめる。
第10週 事前学習(予習) テキストの5・6・9・10章を読んでおくこと。
授業 実技を含めたテストと解説
事後学習(復習) 授業の要点をまとめる。
第11週 事前学習(予習) テキストの7章を読んでおくこと。
授業 奏でる活動の意義とねらい、楽器の奏法、活動上の留意点
事後学習(復習) 授業の要点をまとめる。
第12週 事前学習(予習) テキストの8章を読んでおくこと。
授業 教材の選択法、リズム譜の書き方
事後学習(復習) 授業の要点をまとめる。
第13週 事前学習(予習) テキストの11章を読んでおくこと。
授業 音楽表現活動におけるつくる活動の内容と活動上の留意点
事後学習(復習) 授業の要点をまとめる。
第14週 事前学習(予習) テキストの12章を読んでおくこと
授業 つくる活動における援助
事後学習(復習) 授業の要点をまとめる。
第15週 事前学習(予習) 実技試験の課題を練習しておくこと。
授業 実技試験
事後学習(復習) 実技試験を振り返り、各自の課題を整理する。
第16週 事前学習(予習) 筆記試験 これまでの学習内容の要点を復習しておくこと。
授業 筆記試験及びまとめ
事後学習(復習)
備考 授業の進度に応じて、学習内容を変更することがあります。