トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

生涯発達心理学Ⅰ(乳幼児期~青年期)

科目名 生涯発達心理学Ⅰ(乳幼児期~青年期)
ナンバリング PC_B1_08
担当者 西村 喜文
開設学科
専攻・コース
心理カウンセリング学科
分類 専門教育科目 専門基幹科目及び専門展開科目
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
佐賀 1年 前期 2単位 選択必修
授業の概要
及びねらい
本講座においては、人間の心の発達にかかわる基礎的理論を学習すると共に、乳幼児期、児童期、思春期、青年期までの発達的特徴を理解する。その中で、人間の生涯全体を発達の視点で見通すための基礎的知識と考え方の手がかりについて教授したい。
授業の
到達目標
1)人間の生涯全体を発達の視点から考えることが出来る。
2)乳幼児の発達とその課題について理解する。
3)児童期の発達とその課題について理解する。
4)思春期の発達とその課題について理解する。
5)青年期の発達とその課題について理解する。
6)ライフサイクルの視点から人間理解を深め自己を振り返る。
学習方法 DVD教材を用いて発達の基礎的理論、とらえ方などを視覚的に理解しながら講義を行い小テストで振り返る。
テキスト及び
参考書籍
「よくわかる発達心理学」無藤 隆・岡本祐子・大坪治彦編 ミネルヴァ書房
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率                         10 10 5 10 10 5 5 10 10 10 10 5 100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 70
小テスト等 10
宿題・授業外レポート 5
授業態度 5
受講者の発表  
授業の参加度 10
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習)
授業 ガイダンス(授業内容について説明)
事後学習(復習) 発達心理学の概要について把握するため教科書に目を通しておく。
第2週 事前学習(予習) 人の生涯を通した発達について理解する。
授業 発達心理学の理論
事後学習(復習) 資料を再読する。
第3週 事前学習(予習) 新生児期の発達について調べておく。
授業 胎児期・新生児期
事後学習(復習) 小テストを通して振り返る。
第4週 事前学習(予習) 乳児期の発達特徴について調べておく。
授業 乳児期の発達とその課題
事後学習(復習) 小テストを通して振り返る。
第5週 事前学習(予習) 幼児期前期の発達について調べておく。
授業 幼児期前期の発達と課題
事後学習(復習) 小テストを通して振り返る。
第6週 事前学習(予習) 幼児期後期の発達について調べておく。
授業 幼児期後期の発達と課題
事後学習(復習) 小テストを通して振り返る。
第7週 事前学習(予習) 児童期前期の発達について調べておく。
授業 児童期前期の発達と課題
事後学習(復習) 小テストを通して振り返る。
第8週 事前学習(予習) 児童期後期の発達について調べておく
授業 児童期後期の発達と課題
事後学習(復習) 小テストを通して振り返る。
第9週 事前学習(予習) 思春期前期の発達について調べておく。
授業 思春期前期の発達
事後学習(復習) 小テストを通して振り返る。
第10週 事前学習(予習) 思春期前期の発達課題について調べておく。
授業 思春期前期の課題(グループワーク)
事後学習(復習) 小テストを通して振り返る。
第11週 事前学習(予習) 思春期後期の発達について調べておく。
授業 思春期後期の発達
事後学習(復習) 小テストを通して振り返る。
第12週 事前学習(予習) 思春期後期の発達について調べておく。
授業 思春期後期の課題(グループワーク)
事後学習(復習) 小テストを通して振り返る。
第13週 事前学習(予習) 青年期の発達について調べておく。
授業 青年期の発達
事後学習(復習) 小テストを通して振り返る。
第14週 事前学習(予習) 青年期の発達について調べておく。
授業 青年期の課題(グループワーク)
事後学習(復習) 小テストを通して振り返る。
第15週 事前学習(予習) 乳幼児から青年期までの発達についてまとめてくる
授業 人の生涯にわたる発達とは(グループワーク)。
事後学習(復習) 小テストを通して振り返る。
第16週 事前学習(予習)
授業 まとめ(試験を含む)
事後学習(復習)
備考 【授業外学修について】
授業で使用した資料から各回の終わりに小テストを行い、それをもとに全講義の最後に試験を実施する。毎回の授業のノート、資料等の整理を各自行っておくこと。