トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

発達と老化の理解Ⅰ

科目名 発達と老化の理解Ⅰ
ナンバリング LW_K2_01
担当者 高尾 兼利
開設学科
専攻・コース
地域生活支援学科 食生活支援コース
地域生活支援学科 福祉生活支援コース
地域生活支援学科 多文化生活支援コース
分類 専門教育科目 選択科目
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
佐賀 1年 前期 2単位 選択必修
授業の概要
及びねらい
介護の専門家は老年期の人の心に寄り添うことが求められる。これを可能にするために、次をねらいとする。人の心の基本的特徴と心の生涯にわたる発達について概説する。生涯発達の視点から老年期の心理特性について解説する。さらに、老化に伴う心理的困難と支援について解説する。死についての考え方を紹介する。
授業の
到達目標
1.人の心の全体像を理解し、主な内容について説明できる。
2.老化と外界の理解の変化を結び付けて考えることができる
3.人格の発達に関する主要な理論を理解する
4.人の心の生涯にわたる発達を理解し、老年期の心理について共感的に理解する。
5.老化に伴う心理的困難を共感的に理解し、その支援を実践する意欲を持つ。
6.死について考える姿勢を持つ
学習方法 講義を中心にグループ学習を取り入れる。
テキスト及び
参考書籍
神谷美恵子 こころの旅 日本評論社 林泰史・永田久雄 編集 発達と老化の理解 メヂカルフレンド
【地域生活支援学科 食生活支援コース】
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率 5       5     5       5 5         45   10     20   100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 50
小テスト等 20
宿題・授業外レポート 15
授業態度 5
受講者の発表 5
授業の参加度 5
その他                  
 
合計 100
【地域生活支援学科 福祉生活支援コース】
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率 5       5     5       5 5         45   10     20   100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 50
小テスト等 20
宿題・授業外レポート 15
授業態度 5
受講者の発表 5
授業の参加度 5
その他                  
 
合計 100
【地域生活支援学科 多文化生活支援コース】
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率 5       5     5       5 5         45   10     20   100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 50
小テスト等 20
宿題・授業外レポート 15
授業態度 5
受講者の発表 5
授業の参加度 5
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) 自らの誕生から現在までの変化を振り返る
授業 発達を理解する(時間とともに変わるもの・生き物の2つの中核)
事後学習(復習) 授業で学習した内容の鍵となる概念を振り返る
第2週 事前学習(予習) 欲求や感情を表す言葉を思い浮かべておく
授業 心の全体像を理解し、欲求と感情のつながりを理解する
事後学習(復習) 授業で学習した内容の鍵となる概念を振り返る
第3週 事前学習(予習) 小学1年生の時に理解した地球の動きと現在の理解を比べてみる
授業 外界を知る働きを理解する
事後学習(復習) 授業で学習した内容の鍵となる概念を振り返る
第4週 事前学習(予習) 「選択」について思いをめぐらす
授業 自我の働きについて理解し、これを自らに当てはめ、実感する
事後学習(復習) 授業で学習した内容の鍵となる概念を振り返る
第5週 事前学習(予習) 「物忘れ」について考えてみる
授業 理解した心の全体像から老化に伴う心身の変化を共感的に理解する(小テスト)
事後学習(復習) 授業で学習した内容の鍵となる概念を振り返る
第6週 事前学習(予習) 「自立」について思いをめぐらす
授業 心身の発達の方向性について理解する
事後学習(復習) 授業で学習した内容の鍵となる概念を振り返る
第7週 事前学習(予習) 「言葉にできない」心の動きについて考えてみる
授業 発達に関する精神分析理論の概要を理解する
事後学習(復習) 授業で学習した内容の鍵となる概念を振り返る
第8週 事前学習(予習) 自らの現在から老年期までを想像してみる
授業 エリクソンの心理社会的発達理論の概要を理解する
事後学習(復習) 授業で学習した内容の鍵となる概念を振り返る
第9週 事前学習(予習) 理想的な老年期を空想する
授業 青年期以降の心理的発達と老年期の状態の関連を理解する(小テスト)
事後学習(復習) 授業で学習した内容の鍵となる概念を振り返る
第10週 事前学習(予習) 特になし
授業 老年期の心理的特徴を感じる(『ながらえば』の視聴と考察)
事後学習(復習) 授業で学習した内容の鍵となる概念を振り返る
第11週 事前学習(予習) 理解することと行動することのつながりを考えてみる
授業 老化に伴う認知機能の加齢性変化について理解する
事後学習(復習) 授業で学習した内容の鍵となる概念を振り返る
第12週 事前学習(予習) 男性と女性のかかわりを自分なりに考えてみる
授業 老年期のセクシュアリティとケアについて共感的に理解する
事後学習(復習) 授業で学習した内容の鍵となる概念を振り返る
第13週 事前学習(予習) 自らの心身の不調を思い出す
授業 老年期の心の不調と病について理解する
事後学習(復習) 授業で学習した内容の鍵となる概念を振り返る
第14週 事前学習(予習) 認知症の介護を通りあげた手記を一読する
授業 認知症の理解と対応について理解し、適切な対応を実践する意欲を持つ
事後学習(復習) 授業で学習した内容の鍵となる概念を振り返る
第15週 事前学習(予習) 死ぬことの大変さに思いを致す
授業 死と死にゆくことについて考える(小テスト)
事後学習(復習) 授業で学習した内容の鍵となる概念を振り返る
備考 16週目に定期試験を実施する。