トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

臨床栄養学

科目名 臨床栄養学
ナンバリング FN_D2_05
担当者 武富 和美
開設学科
専攻・コース
食物栄養学科
分類 専門教育科目 必修科目
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
佐賀 2年 前期 2単位 必修
授業の概要
及びねらい
栄養と関係が深い疾患の治療には食事療法が欠かせないものである。本講義では、病態栄養学で学んだ知識を基に疾患別の適切な栄養管理法を習得する。
授業の
到達目標
1.治療における栄養管理の意義について理解する
2.栄養法の種類とその特徴について述べることができる
3.疾患別の栄養管理について説明することができる
4.食物と薬の相互作用について理解する
学習方法 講義(DVD視聴を含む)
テキスト及び
参考書籍
テキスト:新臨床栄養学 本田桂子編著(医歯薬出版)
参考書:エッセンシャル臨床栄養学 佐藤和人・本間健・小松龍史著(医歯薬出版)
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率                           20     80               100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 80
小テスト等  
宿題・授業外レポート  
授業態度 10
受講者の発表  
授業の参加度 10
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) テキストの栄養ケアの基礎の章を読む
授業 オリエンテーション、臨床栄養学とは
事後学習(復習) 臨床栄養がくとは、治療における栄養管理の意義と目的についてノートにまとめ理解する
第2週 事前学習(予習) テキストの栄養法と検査のための調整食のページを読む
授業 栄養法の種類とその特徴、検査のための調整食
事後学習(復習) 栄養法の種類と特徴と検査のための調整食、その適応についてノートにまとめ理解する
第3週 事前学習(予習) テキストの肥満症のページを読む
授業 肥満症の栄養管理
事後学習(復習) 肥満症の栄養管理をノートにまとめ理解する
第4週 事前学習(予習) テキストの糖尿病のページを読む
授業 糖尿病の栄養管理
事後学習(復習) 糖尿病の栄養管理をノートにまとめ理解する
第5週 事前学習(予習) テキストの脂質異常症のページを読む
授業 脂質異常症の栄養管理
事後学習(復習) 脂質異常症の栄養管理をノートにまとめ理解する
第6週 事前学習(予習) テキストの高尿酸血症・痛風のページを読む
授業 高尿酸血症・痛風の栄養管理
事後学習(復習) 高尿酸血症・痛風の栄養管理をノートにまとめ理解する
第7週 事前学習(予習) テキストの高血圧症、虚血性心疾患、うっ血性心不全のページを読む
授業 高血圧症、心疾患の栄養管理
事後学習(復習) 高血圧症、心疾患の栄養管理をノートにまとめ理解する
第8週 事前学習(予習) テキストのアレルギー疾患のページを読む
授業 食物アレルギーの栄養管理
事後学習(復習) 食物アレルギーの栄養管理をノートにまとめ理解する
第9週 事前学習(予習) テキストの腎疾患のページを読む
授業 腎疾患の栄養管理
事後学習(復習) 腎疾患の栄養管理をノートにまとめ理解する
第10週 事前学習(予習) テキストの貧血のページを読む
授業 貧血の栄養管理
事後学習(復習) 貧血の栄養管理をノートにまとめ理解する
第11週 事前学習(予習) テキストの骨疾患のページを読む
授業 骨疾患の栄養管理
事後学習(復習) 骨疾患の栄養管理をノートにまとめ理解する
第12週 事前学習(予習) テキストの肝・胆・膵疾患のページを読む
授業 肝・胆・膵疾患の栄養管理
事後学習(復習) 肝・胆・膵疾患の栄養管理をノートにまとめ理解する
第13週 事前学習(予習) テキストの消化器疾患のページを読む
授業 胃・腸疾患の栄養管理
事後学習(復習) 胃・腸疾患の栄養管理をノートにまとめ理解する
第14週 事前学習(予習) テキストの食物と薬物の相互作用のページを読む
授業 食物と薬物の相互作用
事後学習(復習) 食物と薬物の相互作用をノートにまとめ理解する
第15週 事前学習(予習) これまでの授業の内容を振り返る
授業 まとめ(各到達目標のまとめ)
事後学習(復習) 疾患別の適切な栄養管理法を習得する
備考 ※一週間の中で、次のとおり事前・事後学習の時間(自習時間)を確保すること。
 講義1単位につき2時間、演習1単位につき1時間。
※課題(試験やレポート等)に対するフィードバックを行います。