トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

介護総合講座

科目名 介護総合講座
ナンバリング LW_I3_05
担当者 鍋島 恵美子
馬場 由美子
吉村 浩美
立川 かおり
小川 智子
開設学科
専攻・コース
地域生活支援学科 食生活支援コース
地域生活支援学科 福祉生活支援コース
地域生活支援学科 多文化生活支援コース
分類 専門教育科目 選択科目
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
佐賀 1年 通年 2単位 選択必修
授業の概要
及びねらい
専門的知識を確実に持った介護福祉士になるために必要な知識を全般的かつ確実に定着させる。
各授業の進行状況に応じて理解度の確認を行い、理解不足の内容に関して講義及び自主的な学びにより理解を深めさせる。
授業の
到達目標
1)1年前期の教科の内容についての理解度の評価を行い、知識の定着と理解を深める。
2)1年後期の教科の内容についての理解度の評価を行い、知識の定着と理解を深める。
3)介護福祉士としての知識全般の定着と理解を深める。
学習方法 講義と模擬試験及び解説
テキスト及び
参考書籍
テキスト クエスチョン・バンク介護福祉士国家試験問題解説(2017)医療情報科学研究所
【地域生活支援学科 食生活支援コース】
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率     10       5             10 10 20 20 20         5   100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 45
小テスト等 40
宿題・授業外レポート 5
授業態度 5
受講者の発表  
授業の参加度 5
その他                  
 
合計 100
【地域生活支援学科 福祉生活支援コース】
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率     10       5             10 10 20 20 20         5   100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 45
小テスト等 40
宿題・授業外レポート 5
授業態度 5
受講者の発表  
授業の参加度 5
その他                  
 
合計 100
【地域生活支援学科 多文化生活支援コース】
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率     10       5             10 10 20 20 20         5   100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 45
小テスト等 40
宿題・授業外レポート 5
授業態度 5
受講者の発表  
授業の参加度 5
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) 各教科書とテキストを基に習っている教科を振り返っておく。不明な点は調べておく。
授業 1年前期履修教科の総復習(人間関係とコミュニケーション)と模擬試験・評価・解説
事後学習(復習) 間違った内容を調べ、まとめておく
第2週 事前学習(予習) テキストを基に習っている教科を振り返っておく。不明な点は調べておく。
授業 1年後期履修教科の総復習(コミュニケーション技術)と模擬試験・評価・解説
事後学習(復習) 間違った内容を調べ、まとめておく
第3週 事前学習(予習) テキストを基に習っている教科を振り返っておく。不明な点は調べておく。
授業 1年後期履修教科の総復習(人間の尊厳)と模擬試験・評価・解説
事後学習(復習) 間違った内容を調べ、まとめておく
第4週 事前学習(予習) テキストを基に習っている教科を振り返っておく。不明な点は調べておく。
授業 1年後期履修教科の総復習(発達と老化の理解)と模擬試験・評価・解説
事後学習(復習) 間違った内容を調べ、まとめておく
備考 テキストを使用し、授業と並行しながら学びを進めてください。間違った問題はノートに書き写し、不確実な知識はきちんと調べ記入し、確実な知識にしていってください。