トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

園芸療法実習

科目名 園芸療法実習
ナンバリング RC_E1_03
担当者 小浦 誠吾
押川 武志
野田 珠晃
開設学科
専攻・コース
リハビリテーション学科 理学療法学専攻
リハビリテーション学科 作業療法学専攻
分類 専門教育科目 専門基礎科目
関連する
資格・免許
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
神埼 2年 前期 2単位 選択
授業の概要
及びねらい
SDG'sを意識した西九州大学園芸療法ガーデンを活用する実践的なアクティブラーニングが基本となる.園芸技術を,医療・保健・福祉の臨床における実践力となるよう取り組む。具体的には,園芸療法ガーデンなどを活用したロールプレイを中心としたアクティブラーニングとして実施する.そのことにより,臨床における実践で活用することができるリハビリテーションの技法としての園芸療法技術を身に着ける.佐賀大学フィールセンターなど、近隣の園芸ガーデンにける実学も取り入れることで、幅広い園芸療法の実践力を身に着ける.
実務経験に
関連する
授業内容
園芸療法を医療・保健福祉分野で実践する意義や価値を修得できるように、座学、アクティブラーニング、ロールプレイを中心とした実践練習が不可欠である。これまでに修得した環境設定や栽培技術やクラフト作成や料理活動などのスキルを活かした実践的な講義により、講師の精神科病院、発達障害者福祉施設、老年期病院や福祉施設での臨床実践の経験を伝え、その要点を修得する。
授業の
到達目標
臨床実習やリハビリテーションの専門家なった場合に武器として活用できる園芸療法術を身に着けることが授業の到達目標である.人間を対象とする職業にとって人間と植物の関係がいかに大切なものであるかを理解し,社会人としての成長にもつなげていく.
並行して開講する1年次科目である「園芸論」,「園芸療法論」,「ガーデンング」の講義・演習の知識を生かし,病院や福祉施設などで有効活用できる園芸療法技術をアクティブラーニングによより修得することを到達目標とする.
学習方法 実習,感性を生かした自由発想を基本としたレポート,講義,演習,グループ調査,発表
テキスト及び
参考書籍
随時資料を提供する
参考書 園芸リハビリテーション 山根寛
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率 10     10     10     30           30           10     100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験 60
小テスト等  
宿題・授業外レポート  
授業態度  
受講者の発表 10
授業の参加度 30
その他                  
 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
第1週 事前学習(予習) 人間と植物や自然との関係を考慮した園芸療法技術のリハビリテーションとしての活用を考慮する
授業 園芸療法実践の臨床の場として活用できるSDG'sを意識した園芸療法ガーデンのデザイン1
事後学習(復習) 資料とノートにて理解を深める
第2週 事前学習(予習) 人間と植物や自然との関係を考慮した園芸療法技術のリハビリテーションとしての活用を考慮する
授業 園芸療法実践の臨床の場として活用できるSDG'sを意識した園芸療法ガーデンのデザイン2
事後学習(復習) 資料とノートにて理解を深める
第3週 事前学習(予習) 人間と植物や自然との関係を考慮した園芸療法技術のリハビリテーションとしての活用を考慮する
授業 園芸療法実践の臨床の場として活用できるSDG'sを意識した園芸療法ガーデンのデザイン3
事後学習(復習) 資料とノートにて理解を深める
第4週 事前学習(予習) 人間と植物や自然との関係を考慮した園芸療法技術のリハビリテーションとしての活用を考慮する
授業 臨床経験を基にした技術を学び医療・保健・福祉場面における園芸療法の計画を立てる 1
事後学習(復習) 資料とノートにて理解を深める
第5週 事前学習(予習) 人間と植物や自然との関係を考慮した園芸療法技術のリハビリテーションとしての活用を考慮する
授業 臨床経験を基にした技術を学び医療・保健・福祉場面における園芸療法の計画を立てる 2
事後学習(復習) 資料とノートにて理解を深める
第6週 事前学習(予習) 人間と植物や自然との関係を考慮した園芸療法技術のリハビリテーションとしての活用を考慮する
授業 臨床経験を基にした技術を学び医療・保健・福祉場面における園芸療法の計画を立てる 3
事後学習(復習) 資料とノートにて理解を深める
第7週 事前学習(予習) 人間と植物や自然との関係を考慮した園芸療法技術のリハビリテーションとしての活用を考慮する
授業 医療・保健・福祉場面のなかで身体障害分野における園芸療法技術を実践する 1
事後学習(復習) 資料とノートにて理解を深める
第8週 事前学習(予習) 人間と植物や自然との関係を考慮した園芸療法技術のリハビリテーションとしての活用を考慮する
授業 医療・保健・福祉場面のなかで身体障害分野における園芸療法技術を実践する 2
事後学習(復習) 資料とノートにて理解を深める
第9週 事前学習(予習) 人間と植物や自然との関係を考慮した園芸療法技術のリハビリテーションとしての活用を考慮する
授業 医療・保健・福祉場面のなかで精神科・認知症予防分野における園芸療法技術を実践する 1
事後学習(復習) 資料とノートにて理解を深める
第10週 事前学習(予習) 人間と植物や自然との関係を考慮した園芸療法技術のリハビリテーションとしての活用を考慮する
授業 医療・保健・福祉場面のなかで精神科・認知症予防分野における園芸療法技術を実践する 2
事後学習(復習) 資料とノートにて理解を深める
第11週 事前学習(予習) 人間と植物や自然との関係を考慮した園芸療法技術のリハビリテーションとしての活用を考慮する
授業 医療・保健・福祉場面のなかで精神科・認知症予防分野における園芸療法技術を実践する 3
事後学習(復習) 資料とノートにて理解を深める
第12週 事前学習(予習) 人間と植物や自然との関係を考慮した園芸療法技術のリハビリテーションとしての活用を考慮する
授業 医療・保健・福祉場面のなかで精神科・認知症予防分野における園芸療法技術を実践する 4
事後学習(復習) 資料とノートにて理解を深める
第13週 事前学習(予習) 人間と植物や自然との関係を考慮した園芸療法技術のリハビリテーションとしての活用を考慮する
授業 医療・保健・福祉場面のなかで精神科・認知症予防分野における園芸療法技術を実践する 5
事後学習(復習) 資料とノートにて理解を深める
第14週 事前学習(予習) 人間と植物や自然との関係を考慮した園芸療法技術のリハビリテーションとしての活用を考慮する
授業 医療・保健・福祉場面の園芸療法技術の評価を実践する 1
事後学習(復習) 資料とノートにて理解を深める
第15週 事前学習(予習) 人間と植物や自然との関係を考慮した園芸療法技術のリハビリテーションとしての活用を考慮する
授業 医療・保健・福祉場面の園芸療法技術の評価を実践する 2
事後学習(復習)
第16週 事前学習(予習)
授業 まとめ 
事後学習(復習)
※事前・事後学習の時間は、講義科目は各90分、演習・実験・実習科目は各30分を原則とする。
※課題(試験やレポート等)に対するフィードバックを行います。
備考 15回の実習・実践(ロールプレイを含む)および講義・演習・活動と授業態度および授業後に行われる試験の総合評価による.
集中講義の実践が行われる可能性がある。
1年次開講科目「園芸療法論」とコラボでの講義となることがある.