トップページ   »  授業科目(シラバス)検索  »   検索結果   »  授業科目(シラバス)

介護実習Ⅳ

科目名 介護実習Ⅳ
ナンバリング SW_E2_13
担当者 安德 弥生
江口 賀子
加藤 稔子
開設学科
専攻・コース
社会福祉学科 介護福祉コース
分類 専門教育科目 学科専門科目
関連する
資格・免許
介護福祉士国家試験受験資格 介護福祉士国家試験受験資格
開講キャンパス 開講年次 開設期 単位数 必修・選択
神埼 3年 後期 2単位 選択必修
授業の概要
及びねらい
実習Ⅴに向けての準備として、介護過程の展開を通して対象者を理解し、本人主体の生活と自立を支援するための介護過程を実践的に学ぶ(対象利用者の決定および情報収集)。厨房体験や看護業務見学など多職種協働をとおして、介護福祉士の役割を理解する
実務経験に
関連する
授業内容
医療現場・介護施設等において実務経験のある教員等が、実習中指導において、実習目標の設定、到達目標達成に向けた、自己の課題や解決方法など必要な指導を行う。
授業の
到達目標
1 介護過程の展開(情報収集)を実践し、適切な記録ができる
2 多職種協働の実際を学び、介護職の役割を理解する
3 施設運営の概要を理解する
4 守秘義務・人権擁護・個人の尊厳の尊重など介護福祉士としての倫理を獲得する
5 自己の介護福祉士観を確立する
学習方法 施設実践実習(職員の指導の下)、教員による巡回指導、介護過程計画に基づく体験学習。
※新型コロナウイルス感染拡大状況により、授業の一部または全部を遠隔授業(ZOOM等)に切り替える場合があります。
テキスト及び
参考書籍
介護総合演習・介護過程演習等で使用したテキスト、配布資料、辞書など
到達目標
汎用的能力要素 専門的能力要素
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
態度・
志向性
知識・
理解
技能・
表現
行動・
経験・
創造的思考力
合計
1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3) 1) 2) 3)
比率 10                       10 10 10 10 10 10 10 10 10       100
評価基準・方法 評価
割合
%
定期試験  
小テスト等  
宿題・授業外レポート  
授業態度  
受講者の発表  
授業の参加度  
その他         100
介護福祉実習評価(実習施設職員評価)」等を基に、目標達成状況を総合的に判断します 
合計 100
(表中の記号 ○評価する観点 ◎評価の際に重視する観点 %評価割合)  
授業計画(学習内容・キーワードのスケジュール)
※事前・事後学習の時間は、講義科目は各90分、演習・実験・実習科目は各30分を原則とする。
※課題(試験やレポート等)に対するフィードバックを行います。
備考 春季休業期間(2~3月)に入所施設(介護老人福祉施設・介護老人保健施設)で10日間の実習を行う。具体的な実習展開は、「介護福祉実習指導要領」により展開する。これまでに取得した専門科目の復習を行っておく事。不明な点について調べ学習などを通して解決する。心身の健康、実習中の事故防止、交通安全に細心の注意をする。※実習Ⅳを履修しようとする者は、実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲを修了した者でなければならない。